LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Cafe de バッキンガム宮殿

2009.09.29
先週は、期待、かつかなり丁寧に準備していた仕事(テクニカルな通訳)がキャンセルになり、5日間ぽっかりと空いてしまった。
 天気が思いのほか素晴らしかったので、気分を切り替えて、溜まっていたブログのねたを消化したりしたけど、やはり予定がないままの5日間というのは結構長い。で、ある「季節限定カフェ」がまだ営業していることを思い出した。それは、バッキンガム宮殿の中庭のカフェ。
*情報、写真はすべてhttp://www.royalcollection.org.uk/からの借用。


Take tea on the terrace at Buckingham Palace

Enjoy a moment of relaxation and refreshment during a visit to the State Rooms at the Palace’s brand-new café. Specially created for the eight-week Summer Opening, the café welcomes visitors at the end of their tour of the State Rooms as they walk from the Bow Room into the Palace garden. Perfectly positioned on the West Terrace, it offers views over Palace’s famous lawn and lake.

The Garden Café is open throughout the Palace’s visiting hours, 09:45-18:00 (last admission 15:45). It serves a selection of refreshments, including tea, coffee, juice and a choice of sandwiches. Particularly tempting is the array of cakes and pastries made exclusively for visitors to Buckingham Palace.

The State Rooms at Buckingham Palace, including the special exhibition Queen & Commonwealth: The Royal Tour, are open until 30 September.


 今年の特別展示、「エリザベス女王のドレス」コレクションもよかったし、いつも感じるけど足の裏に感じる絨毯の心地よさには、裸足になりたい、寝転がりたい、転寝したい衝動に駆られる。見学コース内で唯一足を止めたのは、1954年の女王夫妻のオーストラリア訪問のときの映像。今ではちょっと信じられないけど、半世紀前にはまだ「ローマの休日」を思い起こさせる熱狂がオーストラリアにはあった。
 ここ4年くらいは行っていなかったけど、見学コース内に大きな変化があるわけでもなく、わずか15分で中庭へ。それが目的だから。 



 設営されたカフェは、頭上が白い幕に覆われたいたってシンプルなもの。それでも、思い込みがあるから何かが違う。紙コップやトレイに使われていた濃い目のスカイ・ブルーはとてもいい選択だと思う。



 正直なところ、飲み物とケイキにはあまり期待していなかったし、それは正解。紅茶はブランド名が記載されていないティー・バッグ(味は良し)。スコーンに塗られていたクリームはほぼ無味、エクレアのコーヒー・クリームは歯が溶けてしまうよだった。ヴァニラ・クリームをこれでもかとはさんだミルフィーユは合格。
 でもこのカフェのチャームは、「場所」。目の前に広がる、手入れの行き届いた芝生、その奥に広がる「女王の森」の木々が風に揺れている。この「場所」があって、そして来ることができてうれしかった。

 エリザベス女王は政府にバッキンガム宮殿を含む王室関連の施設の維持費の増加を依頼しているらしい。税金を悪用する政治家に比べたら、とても真っ当なことだと思うし、自分が払う税金は、たとえ「限定」でしか訪れることができなくてもバッキンガム宮殿の維持費に使われてほしい。形はどうあれ、僕の生活に還元されたのだから。

 入場料、飲食費、合わせて£30-超。今年は明日、9月30日まで。来年も、営業されることを切望する。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

守屋さんへの質問(1) - イレーヌ・ジョリオ

一挙に二つ質問します。観劇も観光の一部と思われますので、又、守屋さんはこういう面に詳しいと思われますので・・・・・・・・。

つい最近、映画「パイレーツ」で有名なイギリス女優、キーラ・ナイトレイがこの12月に舞台デビューする事を知りました。又、「ハリー・ポッター」で有名になったダニエル・ラドクリフ君ももう既に舞台出演をしています。
イギリスの俳優・女優にとって、舞台に出演する、という事はどういう意味を持つのでしょうか?
映画・TVドラマを見ていても、イギリスの俳優・女優の演技って、同じ英語圏といっても随分アメリカ出身の俳優・女優とは、演技の雰囲気が違います。舞台で鍛えられたイギリスの俳優・女優は何か重厚な感じがするのです。
イギリスでは舞台出演して初めて、一人前の俳優・女優なんでしょうか?
2009.10.11 Sun 01:15 URL [ Edit ]

- 守屋

イレーヌ・ジョリオさん

 こちらのほうは、あまり役に立てないです。と言うのも、殆ど舞台を観ませんので。何故なら、台詞を追うのが面倒なんです。オペラでは歌詞を追う事はしません。

 これだけではなんですので、新聞等で読む情報からの想像を。昔の、いわゆる「ハリウッド黄金期」と較べると、映画だけでは存在をアピールできない、もしくは片方だけでは「役者」として満足できない、ということがあるのかなと。
 大御所といわれるジュディ・デンチやマギー・スミスも映画、舞台共に名を馳せているようですし。数日前、抗ガン治療の副作用で舞台に立つ自信がなくなったとマギー・スミスの発言が出ていました。が、ハリー・ポッターはやり遂げたいそうです。
 最近目に付いたの演劇ニュースだと、「リトル・ブリテン」のマット・ルーカスが初舞台を踏んだようです(身内の不幸で今は降板していますが)。ダニエル・クレイグがニュー・ヨークで舞台に立ち、好評だとか。
 それと、ロング・ランのミュージカルだと、主役に「ええーっ?」という感じのキャストがあるのもファンには楽しみなのではないかと想像します。昨年だったかな、モンティ・パイソンのミュージカルの主役に、シェイクスピア演劇で超有名な方が抜擢されたり、現在も上演中の「オリヴァー」の主役を、ローワン・アトキンスの後を引き継いだ人が、イラン系のコメディアンというのも話題になっているようです。
2009.10.11 Sun 14:19 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.