LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

日本のケイキは日本が誇る和食

2010.02.05
前夜、ネットでチェック・インをしたとき、ヘルシンキ・東京間は手続きができたけど、ロンドンとヘルシンキ間のチェック・インが結果に反映されなかった。やり方を変更して出てきた情報では、ロンドン・ヘルシンキ間のステイタスがビジネスになっていて、かつ「ヒースローではBAのカウンターに行け」とのこと。
 ビジネスだったらそれはそれでラッキーと思いつつ、ヒースローへ。いってみると、なんだか知らないけど、BAとのコード・シェアになっていた。結局先方の間違いということ。ま、たった3時間のフライトだし、欧州内のBAのフライトであれば、ビジネスとエコノミーの差は、まずい食事かとてもまずい食事のどちらか、という些細なこと。
 はらはらしたのは、そのBA離陸が20分も遅れた。予定ではヘルシンキでの乗り継ぎは1時間も無かった。友人・知人いわく、ヘルシンキ空港は大きくないからとのことだけど、さすがに予定出発時刻から20分遅れになろうとしたときには、だめかなと。
 結局、偏西風が強かったようで予定の10分遅れで着陸したのはいいけど、乗り継ぎ便のゲイトが一番奥のものだったので、かなり走った。

 ヘルシンキ空港で感心したのは、降雪の処理。窓から見ると、滑走路脇の降雪は数メートルもあったようだ。にもかかわらず、飛行機が滑って転んで大惨事、なんてことからは程遠くとてもスムースなオペレイション。もちろん、環境の違いによる経験の違いということもあるけど、たった数センチの雪でうろたえるヒースロー、およびイギリス各地の空港は見習うべきだろう。

 フィンエアは、かなり良かった。正直、機内のデザインは無機質に感じられたし、キャビンクルーのサーヴィスも最小限。ある意味、BAと似たようなもので、必要以上にかまわれないという感じが個人的にはとてもよかった。BAとの大きな違いは、日本人クルーだけでなく、フィンランド人クルーを含むすべてのキャビンクルーがとてもフレンドリーということ。キャビンクルーと話して、リンゴンベリーがフィンランドでとてもポピュラーな果物であることを知った。

 東京の印象は、まるで『外国』。言葉は判るけど、些細なことでも戸惑う。この過剰なお詫び、サーヴィスに慣れてしまうと、イギリスに戻れなくなりそうな気がしてしまう。
 東京都内に入ると、景色の変わりように驚くことが増える。とりわけ秋葉原駅の変わりようといったら。東京にいたころは『帰省』という言葉から湧き上がる感情を理解することは無かったけど、帰省に伴う懐かしさと喪失感とはこんなものか。

 銀座ウロウロしていて、銀座三越で堂島ロールを購入。その後有楽町に移動してラ・メゾン・ドゥ・ショコラ(http://www.lamaisonduchocolat.co.jp/)でホットチョコレイトを試した。ねっとりした甘さに、国によって嗜好が違うことを感じる。美味しかったけど、もうちょっと量がほしかった。ヴァレンタインの狂騒を控えて、イート・インはお休み中で、テイク・アウェイのみ。三省堂書店で、HANAKOの「東京スイーツ」を購入。

 帰宅。帰国初日のお楽しみは、地元肉屋の餃子。うまかった。見計らったように、空港から送ったスーツケイスが宅配便で届く。イギリスではこんなこと、ありえない。どうしてこんなに素晴らしいことができる日本、日本人が今、元気がないように見えるのは、とても不思議だ。

 堂島ロールは、確かに美味しかった。でも、クリームの味、食感は微妙に自分の満足感からは、ずれている。お試しということで、2度と買うことはないかな。食後、HANAKOを熟読。プリンのステイタス向上、種類の豊富なことがとても新鮮。うまいショートケイキは、どこで食べられるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

おかえりなさい! - bunny

戻っていらしたのですね。
いつまでの滞在なのでしょうか?
同じ銀座ですが、プランタンに入っているビゴの店のショートケーキが私は大好きでございます。場所の割にはリーズナブルでかつシンプルですがクリームの濃度の塩梅が最高です。

ここ数日温かくなったり、寒くなったりと
体調管理が難しいですね。ご自愛くださいませ。
2010.02.10 Wed 11:55 URL [ Edit ]

- 守屋

bunnyさん

 食生活を存分に楽しんでいます。

 昨日、神楽坂にあるレ・コワンヴェール(Le Coin Vert)に行ってきました。大当たりでした。これで理想のショートケイキ探訪を止めてもいいなと思ったのですが、お勧めのビゴ、覚えておきます。
2010.02.11 Thu 00:12 URL [ Edit ]

- Fumie

さっそく日本の味を楽しまれているようですね。
そういえば、ショートケーキは食べたことありませんが、洋生菓子の中では、私は地元・ラ・マーレ・ド・チャヤのスワン・シューがおすすめです。生クリームがなんともおいしいのと、いちごのタルトなどもおいしいので、たぶんショートケーキもいけるのでは。
2010.02.12 Fri 22:26 URL [ Edit ]

- 守屋

Fumieさん

 今日も胃が底なしになってしまったようです。

 甘いもの探求への努力は惜しみませんが、今回は東京都内だけで精一杯です。それにしても、東京のスウィーツは、選択肢がありすぎて隔世の感があります。
2010.02.13 Sat 09:16 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.