LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ロンドン・オリンピックの、信じられないマスコット登場:イギリス・デザインの終焉

2010.05.19
シリアスな話題を書こうと思っていたのに、思考が完全に弛緩状態。

 今日、2012年に開催されるとまだ信じられているロンドン・オリンピックのマスコットが発表された。Wenlock(橙。オリンピック本体)とMandeville(青。パラリンピック)。

 酷いんじゃないだろうか?

The-London-2012-Olympic-m-011.jpg

London 2012: Olympic mascots Wenlock and Mandeville unveiled
http://www.telegraph.co.uk/sport/othersports/olympics/london2012/7741352/London-2012-Olympic-mascots-Wenlock-and-Mandeville-unveiled.html

http://www.guardian.co.uk/uk/2010/may/19/london-olympics-2012-mascot

http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2010/may/19/olympics-london-2012-mascots?picture=362828696


http://www.dailymail.co.uk/sport/othersports/article-1279748/Londons-Olympic-2012-mascots-revealed-Wenlock-Mandeville-unveiled-faces-Games.html?ito=feeds-newsxml

 イギリスって、ミニスカート、コンコルド等の歴史に燦然と輝く服飾・工業デザインを多く生み出してきた国のはず。ヴィヴィアン・ウェストウッド、ジョン・ガリアーノ、故スティーヴ・マックウィーン、マーガレット・ハウェルという綺羅星のデザイナーを生み出してきた国、だよね?

 酷すぎないか、これ?

article-0-09A80B29000005DC-700_634x649.jpg

 世界が一瞬、ギリシア発の世界金融危機を、タイの騒乱を、地球温暖化対策の実りのない議論を忘れてしまうほどの衝撃はあるだろう。でもその衝撃のあとは、イギリス、世界の笑いものになるんじゃないか?

 心の底から、力いっぱい望む、たった一つのこと。それは、「2012年のオリンピック、どうかパリ開催になってください」。ただ、それだけ。それ以上は何も望まないから、このマスコットを含めてどうかロンドン・オリンピック、なかったことにして欲しい。

[追記]
BBCから。

http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/olympic_games/london_2012/8690467.stm


 開き直り。それとも、本気?!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- Fumie

ていうかコレ、なんですか???

いやー笑わせていただきました。もう少しでいれたてのアツアツのほうじ茶のカップを落とすとこでした。
かっこばっかの国イタリアも困ったもんですが、繰り返しますが、これはいったい何なんでしょうか?
2010.05.19 Wed 21:34 URL [ Edit ]

- 守屋

Fumie さん

 知りません、というか知りたくないです。

 それだけではなんなので、やっとテレグラフの記事を読んでみましたが、「子供たちのため」だそうです。それって、子供の審美眼の鋭さを見くびっていますね。
 これが、これからロンドンのいたるところで視界に飛び込んでくるかと思うと、ぞっとします。
2010.05.19 Wed 21:49 URL [ Edit ]

- koe

わあ、すごい本当にびっくりした。
深呼吸なんて大げさなって思っていましたが…
すごい!
バンクーバーのキャラクターなんか本当にかわいらしかったですけど、これは・・・・・・・・・・・・・・。
2010.05.20 Thu 00:40 URL [ Edit ]

- hiroko

「これってそもそも何ですか?」
「足の裏にしか見えない」
「ウルトラ怪獣の下っぱ?」
…感想をまわりの同僚のみなさんにも聞いてみました。
変すぎてどこから突っ込んでいいかわかりません。
2010.05.20 Thu 01:55 URL [ Edit ]

イギリス的なデザイン、期待していたのに・・・・・ - イレーヌ・ジョリオ

ここのページ、開いてびっくり!!!!

イギリス人がこういう発想するなんて信じられません。なんだこれはっ、って感じです。

今、日本では、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」(漫画家・水木しげるさんの自伝的ドラマ)をやっていますが、思わず、「ゲゲゲの鬼太郎」を連想してしまいましたよ・・・・・・・・・・・・。
2010.05.20 Thu 04:34 URL [ Edit ]

- かんとく

守屋さん
激しく同意です!それにしても、凄過ぎる・・・
2010.05.20 Thu 05:22 URL [ Edit ]

- 守屋

koe さん

 これをゆるキャラとはいわないでしょうね。「忘れさせない。力づくで記憶に刷り込む」という点では、絶品でしょう。
2010.05.20 Thu 05:39 URL [ Edit ]

- 守屋

hiroko さん

 円谷プロに相談すべきだったのではないでしょうか。リンクした記事の中で、ポケモンを引き合いにしていますが、それは日本のキャラクター・デザインに対して失礼だろうと思います。
2010.05.20 Thu 05:42 URL [ Edit ]

- 守屋

イレーヌ・ジョリオ さん

 このデザインで稼げると目論んでいるようですけど、デザイン料の元すら取れないかもしれないと思います。「ゲゲゲの鬼太郎」という点では、日本人は馴染めるかも。
2010.05.20 Thu 05:46 URL [ Edit ]

- 守屋

かんとく さん

 すごいですよね。もう、忘れられません。
2010.05.20 Thu 05:47 URL [ Edit ]

爆笑しました。 - くるみるく

え、これって勿論笑わせる目的ですよね…?(笑)
さすがウィットに長けたイギリス人、やることが違います。
ただグッズは売れないでしょうね…あまりにも可愛くないもん…

記事が違いますが、連隊の娘を生で観賞なんて羨ましい限りです!
(Dessayの大ファンなんです)
彼女、もう引退も近そうなので、日本にくるトリノなんかもしかしたら全部行っちゃうかもしれません。
2010.05.20 Thu 15:31 URL [ Edit ]

- 守屋

くるみるく さん

 コメントありがとうございます。可愛くないですけど、なんだか網膜にすでにイメイジが張り付いてしまって消せないです。

 舞台は一期一会ですから、楽しまれますように。
2010.05.20 Thu 17:13 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.