LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

ロンドン半日徒歩ルート:ボンド・ストリートからウォリック・アヴェニューまで

2010.05.23
昨年の夏、僕自身が興味を惹かれるところしか案内しないというロンドン観光案内をしました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1072.html

 このときは、前半に僕がすっ飛ばしてしまったので、後半に予定していたリージェンツ・パークからプリムローズ・ヒル。余力があれば、リージェンツ運河沿いを歩いてリトル・ヴェニスまで、というのは実行に移せませんでした。

 昨日、5月22日、ロンドンの天気は、「ロンドンでこんな素晴らしい天気があるはずがない」、と誰もが思ったに違いないほどの、雲ひとつない青空がどこまでも広がる素っ晴らしい天気。ロンドンに来て間もない方をちょっと案内するつもりが、その望外の好天を逃す手はないということで、ロンドン南北縦断のいちルートを完結させようと。突然勝手に決めたにもかかわらず、お会いした方には快くご了解いただき、且つ写真も提供していただきました。今回は、すでにフリッカーにアップした写真のリンクを貼り付けます。面倒かもしれませんが、クリックしてください。

 先ずは、ボンド・ストリートから北上し、マリルボーン・ハイ・ストリートにあるThe Natural Kitchenhttp://www.thenaturalkitchen.com/)でランチ。いつもは気分のいい接客を誇るここのレストランですが、どうも何かがうまく進んでいなかったようで、かなり待たされました。料理はおいしかったですが。
 ちなみに、ロンドン、およびイギリスで外食をする際、会計の内訳にサーヴィス料が課金されていたら、よほど素晴らしい接客でなければ、チップを払う必要はないです。逆に、あまりにひどい接客にもかかわらずサーヴィスを自動的に課金してきたら、それをはずすように交渉することは可能です。もちろん、それなりの交渉力は要求されます。

 レストランを出て、毎週土曜日に開かれているマーケットを抜け、リージェンツ・パークへ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4632888026/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4632901080/

 バラが咲くのは6月ですが、ここ数日の好天の所為もあるのでしょう、今年のバラは絶対に美しい、そう確信しました。その後、広大なサッカー、またはクリケット練習エリアを横目に、プリムローズ・ヒルへ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4632412473/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4633027456/

 写真で観ると、勾配があるようには見えないかもしれないですが、頂上までの数十メートルは、心臓破りです。が、その価値はあります。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4632444995/

 どうです、この景色。僕のものではありませんが。

 けっこうたっぷりの量のランチでしたが、よく歩き、太陽光をたっぷり浴びたので、丘を降りてすぐにあるLankahttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1176.html)。生クリームをたっぷり使ったロール・ケイキがとてもおいしかったです。お店の方針があるようですが、願わくば、ラプサン・スーチョンをメニューに加えて欲しいです。

 冷たい紅茶、おいしいケイキの後は、再び歩いて。ガイドブックにどのように紹介されているのかはまったく知りませんが、リトル・ヴェニスからカムデンへ(またはその逆)のリージェンツ運河沿いは、天気がよければとてもいい散歩コースです。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4633056644/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4632485085/

 Lisson Groveで一般道に戻り、歩いてアビー・ロードまで。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4633117370/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4632541815/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/4632566609/

 「アビー・ロードへはどう行けばいいんですか?」、という質問は受け付けません。

 その後、46番バスでベイカールー線のウォリック・アヴェニューまで移動し、この徒歩旅行は終了。ランチとティーを含めて、僕の足で約5時間半でした。ご参考になれば幸いです。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157624120867952/

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.