LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

「tw-」のカタカナ表記、正しくして欲しい

2010.05.27
今朝、朝日新聞のウェブを開けて真っ先に飛び込んできたヘッドラインは。

マーク・トウェイン自伝、一世紀の封印解かれ今秋刊行


 記事の内容ももちろん興味深いのだけど、気になったのはカタカナ表記。トウェインの英語表記は「Twain」。朝日新聞だけを責めているわけでは決してない。でも、Twainがトウェインで、どうしてtwitterがツイッターになるのか?

 Twilightを「ツワイライト」と表記しているか?Twiningsを「ツワイニングズ」という人はいるのか?

 「tw-」の発音は、日本語にはもともとない音であろうから、発音も表記も難しいと思う。個人的にも、英語がコミュニケイションの筆頭手段の国で10年以上暮らしていても、Wが入っている単語の発音が難しく、とりわけWが最初に出てくる単語の発音にはいまだに自信をもてないことが多い。
 だからこそ、もともとの発音にできるだけ近い表記にして欲しい。教育に携わる皆さんが、日本人に英語を話せるようになって欲しいなら、非日本語を原語の音に近い形で表記できるという、世界でも稀な特色を持つカタカナをもっとうまく活用して欲しいもの。
 一人ぼやき漫談をしていると映るかもしれないけど、カタカナ表記の発音がその言葉の発祥の外国で通じない、という現実はしっておいたほうが良いと思う。

improveyourenglish.jpg
(ジョークですから)

 日本ばかりを責めては公平ではないので、当然、イギリスも。

 これだけ携帯電話が生活の中の必需品として存在しているからには、電話番号のエリア・コードのことをとやかく言うのは時代遅れなのかもしれない。でも言いたい。ロンドンのエリア・コードは「020」。

n2384144899_676.jpg

 認知心理学(Cognitive Psychology)を勉強したことがある方には説明不要のことだけど、人間は数字の羅列を覚えるとき、思い出すのが簡単になるように、「塊」として認知、それを何回も何回も繰り返すことで覚えていく。言い換えると、その「塊」の基準が壊されると、思い出せない、もしくは同じ数字が同じ順番で並んでいるにもかかわらず、自分が覚えている数字とは「同じ」とはすぐに認識できない。つまり、

020 7123 4567

0207 123 4567

0207 1234 567


 最近になって、ロンドンのイヴェント情報雑誌の「タイム・アウト」はレストランや劇場の所在情報欄の電話番号表記から「020」を削除している。これは、「ロンドンのエリア・コードは020だから載せる必要はない」との意思表示だろう。各大手新聞も、意識的に(020)と括弧ないに入れてはいるが、もはや焼け石に水。

 どうしてそんな些細なことを何度も、とここを読んでくださってる方も思われるかもしれないし、現に、ロンドナーと話していてもまったく理解する気がない。
 日常生活の中で強く感じるのは、イギリス人ほど電話番号の表記を無責任に、且つ身勝手に変更しまくっている国民はいないのではないかということ。たとえば、イギリス人がいつも馬鹿にするアメリカやフランスはどうか?アメリカ人は、

001 123 456 7890
 
という、「3」「3」「4」の組み合わせを崩すことはしていないように思える。フランス人だって、

0033 1 23 45 67 89

という順列を、携帯電話が普及しても変えてはいない。もしかしたら僕が知らないだけで、すでにアメリカやフランスでも同様のことが起きているのかもしれない。でも、少なくともロンドナーに言いたいのは、「生活の基盤をなす数字の配列のルールを勝手に変えるんじゃない!」。

london_post_code2.gif
(画像を探していて見つけたロンドンの郵便番号の位置。知ってはいたけど、無秩序すぎる。)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

郵便番号 - Stmargarets

が地図上で無秩序に見えるのは、番号は位置ではなく、そのコード内でアルファベット順になってるからだと思います。
2010.05.27 Thu 22:33 URL [ Edit ]

- 守屋

Stmargarets さん

>そのコード内でアルファベット順になってる
 でも、これはこれで僕には意味を成しません。ご迷惑でなければ、もう少しかいつまんでの説明をお願いしたく。
2010.05.28 Fri 05:59 URL [ Edit ]

- stmargarets

私もこの番号の並びが理解できなくてイギリス人の同僚に聞いたことがあるのです。
その答えが上に書いたものでした。

つまりたとえば、Wで始まるポストコードエリアがさらにいくつかの区域に分けられ、その区域に対して番号が与えられているのですが、その与えられ方が、その区域名のアルファベット順みたいなのです。(ただし、この地図を観る限り、1は(もしかしたら2も?)どのエリアでも必ず一番セントラルロンドンに近いところになっていますね)。

って、私もなんだか気になってググッてみたら、リストのあるサイトを見つけました。
http://www.milesfaster.co.uk/london-postcodes-list.htm
これをみるとアルファベット順という意味が分かるかと思います。

っていうので、守屋さんのご質問にたいする答えになっていますかね?
2010.05.28 Fri 17:19 URL [ Edit ]

- Fumie

ちなみにイタリアは、電話番号の桁数もぐちゃぐちゃです。・・・て、まあそうだろうと思って最初から聞いてません、と突っ込まれそうですが。

39(国番号)のあと、市外局番が、ローマ06, ミラノ02, ヴェネツィア041, もう少し小さい町だと4桁・・・になっていくのは日本とほぼ一緒ですが、問題は、そのあと。区切り方も決まってないどころか、桁数が同じ市内ですらてんでばらばらです。
アリタリアの電話番号は、062222で(これは覚えやすくて好ましい)、つまり06のあと4桁しかないけど、同じローマ市内でも、ふつうはもっと長いです。古い番号ほど短いみたいです。
2010.05.28 Fri 20:37 URL [ Edit ]

- 守屋

stmargarets さん

 リンク、ありがとうございます。やっと腑に落ちました。といっても、たとえば「W」地区の2と3は順序が違うだろ、との突っ込みを入れたくなりますが、この詰めの甘さはイギリスだから仕方ないのでしょう。
2010.05.28 Fri 22:52 URL [ Edit ]

- 守屋

Fumie さん

>ちなみにイタリアは
 やっぱり。

>古い番号ほど短いみたいです
 将来を見越してシステムを構築する、ということが欠落しているようですね。ロンドンの市外局番ごときでカッカしているようでは、イタリアでは暮らせないです。
2010.05.28 Fri 22:56 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.