LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

The Night Bookmobile:夜の移動図書館

2010.12.09


クリスマス目前で、いつも激混雑のドーント・ブックスに立ち寄るたびに手にとってします絵本、というか絵で読む小説。著者の解説によると、これを書くきっかけになったのは H.G.Wells のある短編とのことだけど、内容は別物らしい。
 ある、書評サイトでは、以下のように評されている。

I could not help but think of Borges’ famous quote, “I have always imagined that Paradise will be a kind of library.”

http://www.finebooksmagazine.com/issue/201012/night_bookmobile-1.phtml


 絵が可愛いなんてことはないし、ぜひ手元におきたいとまでは思わないけど、混雑している本屋でこれを開いていると、本の中に引き込まれるような感覚を持つ。

 個人的に、絵本は買うのも貰うのも好き。友人たちへのプレゼントはこれ(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1260.html)。この「夜の移動図書館」は結末が結末だから、クリスマスにはちょっと不向きかもしれないけど、ブッキシュな人には面白いと思う。

関連記事
スポンサーサイト
Books    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.