LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Martin Pebble by Jean-Jacques Sempé

2010.12.26


 日本でも広く名が知られている、ジャン=ジャック・サンペが1969年に発表した「マーティン・ペブル」。2006年に英語版が出版され手からまもなく偶然ドーント・ブックスで見つけ、書店内で読みふけり即買した。

アマゾンUKの解説

MARTIN PEBBLE is a timeless, touching and humorous book that brings to life the adventures of a little boy who blushes a lot, and who is happiest in the summer, when everyone else has a red face too. He sets out to find a reason for his strange affliction, and finds a friend instead - Roddy Rackett, who keeps on sneezing, even when he doesn't have a cold.

One day, his new best friend moves away and Martin Pebble is very sad. He goes on to make other friends, but doesn't have the same bond with any of them as he did with Roddy Rackett - the kind of friendship where you play games and make jokes and never feel bored. Years pass and Martin grows up, and moves to the big city. One day they meet again, on a crowded bus, and there's a lot of catching up to do. Soon they realize that some things never change: Martin still blushes, Roddy still sneezes, and the two of them are still the best of friends.

A French classic since 1969, MARTIN PEBBLE is now available in English for the first time, in a translation by the award-winning translator Anthea Bell. Illustrated with Jean-Jacques Sempe's colorful drawings, it the perfect gift for any child who has ever felt that they were a little bit different and found a best friend that makes them, even for a little while, feel better. MARTIN PEBBLE will make the perfect holiday gift and is sure to become an instant classic.


 僕がサンペを知ったのは、21世紀に入ってからなのでつい最近。また、彼の作品すべてが好きなわけではない。でも、これは笑えて、涙して、人と出会うこと、そして友人を持つことの意味を一緒に考えてくれる。
 子供向けになっているけど、大人が読んでこそまた味わいが違うと思う。クリスマスに限らず、贈って、そして贈られて嬉しくなる本。

関連記事
スポンサーサイト
Books    Comment(2)   ↑Top

Comment

- Yoshi

こんにちは。

本も楽しそうなんですが、Daunt Books、素敵な本屋さんですねえ。昔あの近所の日系ホテルにしばらく泊まったことがあって、何回も行きました。その時、ある詩人の詩集を買ったのですが、レジの店員さんがとても物知りらしく、この詩人の伝記もとても良いですよ、と教えてくれました。イギリスでさえ本屋が少しずつ減っている現在、いつまでも続いて欲しい店です。今のアパートからはかなり遠いのが残念です。本題に関係のないコメントですいません。 Yoshi
2010.12.26 Sun 20:48 URL [ Edit ]

- 守屋

Yoshi さん

 おはようございます。

 Daunt Booksは、独立系の書店の特集があると、必ず取り上げられますよね。残念ながら、僕が本職で必要とする書籍は扱っていないことのほうが多いのですが、旅行ガイドや児童書のストックは、大きな書店に引けをとっていないと思います。
2010.12.27 Mon 07:49 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.