LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ロンドン交通事情

2011.01.08
VATが上がった上に、毎年恒例の定期代の盛大な値上げが実行され、ロンドンに、そしてロンドンで通勤する多くの人には年初からあまりいい気分ではないと思います。それでもいい機会なので、ロンドンの交通事情について僕個人の感想を。

 昨年12月の大寒波のときには、寒くて寒くてさすがに乗りませんでしたが、昨年7月に導入された、ロンドンの貸し自転車制度(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1242.html)、すでにメンバーシップ料金のもとを取って、さらにおつりが来るであろうと感じるくらい頻繁に利用しています。僕の場合、なんと言ってもLankahttp://www.lanka-uk.com/jp-home.html)に行くのがこれでとても楽になり、重宝しています。
 12月上旬から、延期につぐ延期だったカジュアル・ユーザーによる利用も始まったそうです。どのようにして料金を払い、利用できるのかはまったく知りませんし試そうとは思いません(試す必要がないですから)、日本から来られて利用される方に会えて一言するならば、イギリスでは自転車による歩道走行は認められていません。

 この自転車制度、あっという間にロンドナァの生活に浸透、かつ今ではなくなったら本当に困る、それほど強力なステイタスをすでに獲得したようです。昨秋のある日、ロンドンの夕刊紙、イヴニング・スタンダードに面白い記事が掲載されていました。曰く、駐輪場が徒歩圏内にある賃貸フラットの人気が上がり、貸し手市場になっているとか。あまりの成功ぶりに、最近メディアでの呼び名は、「ボリスの自転車」となっています。

 その「ボリスの自転車」について、昨日、イヴニング・スタンダードが興味深い報告を載せています。

Boris bike users are... like Boris Johnson
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23910653-boris-bike-users-are-like-boris-johnson.do

 この貸し自転車制度に登録しているマジョリティは、25歳から44歳の白人男性で、年収は£50,000-以上。言わずもがなですが、僕はこのマジョリティの条件にまったく合致しません。ただ単に、使いたかったのと、誰かがいつも僕のために自転車を整備していてくれるので、自分で整備する必要も、盗難の心配をしなくてすむ。これに尽きます。
 このマジョリティの条件を読んで思ったことが一つあります。現在、精神医療の観点から考えてSocial Capitalはどのように捉えられるべきなのか、という話題によく遭遇します。まだ自分の言葉になっていないので、Social Capitalはこうであるとはいえません。が、貸し自転車制度に登録している人のマジョリティの人物像から言えるであろうことのひとつは、裕福な人ほど選択肢を多く持ち、かつ行使できるということ。

 自転車制度は上手くいっているようですが、いくつかの変化、もしくは利用者が自己防衛しなければならない状況もあります。

 まず、おそらくマイノリティですが、僕はケン・リヴィングストン前ロンドン市長が導入したベンディ・バスが大好きでした。過去形なのは、このベンディ・バスを目の敵にしているボリス君のもと次第にでも確実に廃棄処分になっている現実。市長が変わるだけで、なんという無駄。

ロンドン市内で移動する際、オイスター・カードはとても有益です。が、多くの観光客が使うであろう、pay as you goで利用する際、心しておかなければならないことがあります。それは、とりわけ下車駅で改札が開いたままだとしても、絶対にオイスターを読み取り機にかざして清算しておくこと。ラッキィと思ってかざさないのは、ロンドン交通局のミスではありません。かざさなかった利用者のミスになります。つまり、知らないうちに超過料金が加算されることになります。

Anger at Oyster cards 'rip-off' as millions hit for not 'touching out'
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23912022-anger-at-oyster-cards-rip-off-as-millions-hit-for-not-touching-out.do

 ロンドンの常識。それは、間違いを犯すのは常に「利用者・顧客」であって企業ではない。企業のわなに引っかからないようにするには、自己防衛しかない、ということです。
 今後、ロンドン・オリンピック関連でロンドン東部を訪れる方が増えるであろうと思います。これまで利用する機会のなかったオーヴァーグラウンドなどの交通機関を使うことも増えるでしょう。ドックランド・ライト・レイルウェイは一般の改札口がないことのほうが多いです。

DLR.png

特に初めての駅を利用するときは、改札がなくても必ずオイスターをかざす機械がありますから、お忘れなきように。また、オーヴァーグラウンド(地上鉄、http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1192.html)とアンダーグラウンド(地下鉄)が接続している駅もごくたまに予想もつかない場所に機械があるので、これも駅員や通勤している皆さんに尋ねて探し出しておかないと、後で超過料金をふんだくられることもありえます。

 オイスターがらみでもうひとつ。最近、国は限定されているようですが、ロンドンを訪れる前に「ヴィジタァ・カード」が購入できます。

http://visitorshop.tfl.gov.uk/

 ヴィジタァ・カードは僕の理解している範囲では、pay as you goのみ。仮にロンドンに丸々5日滞在するとしたら、僕はあてにならないロイヤル・メイルにやきもきするより、ロンドンについてからオイスターを購入して一週間利用にしたほうが若干お得だと思います。

 最後に観光情報を二つ。まず、ロンドンで今、最も話題の建築物。

http://www.shardlondonbridge.com/

 プリムローズ・ヒルズの頂上の景色の中にすでに溶け込んでいます。

 そして、セント・パンクラス駅のホテルが今春、開業だそうです。

http://www.marriott.co.uk/hotels/travel/lonpr-st-pancras

 イングランドの鉄道の歴史を彩るホテルなのに、外資です。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- かんとく

守屋さん、こんにちは。
自転車乗っている人が増えましたね。地下鉄のストライキが頻発しているせいもあるんでしょうか?私はついつい走ったり、歩く癖がついてしまっているので、登録もしていませんが、カジュアルユーザへの解禁は知りませんでした。暖かくなったら試してみたいと思います。この道路幅の狭いロンドンで、車道を走る自転車って、結構危ないんではないかと思ったりしているんですが、守屋さん、ご経験されて如何ですか?
2011.01.09 Sun 19:30 URL [ Edit ]

- 守屋

かんとく さん

 こんばんわ。素晴らしい晴天でしたね。

 自転車を利用する人が増え始めたきっかけは、2005年の同時テロだと思います。が、仰るように、地下鉄のストライキは、自転車利用者の増加に拍車をかけていることは間違いないと思います。

 マリルボーン・ロード等のメイジャーな道路は怖くて走れません。裏道やバスの通らない道を選んで走っています。でも、そのような裏道に限って道路のコンディションが悪いことが多いので、ロンドンで自転車を利用するのは、スリル満点です。
2011.01.09 Sun 20:45 URL [ Edit ]

オイスターカード - YOSHIO

守屋様、YOSHIOでございます。
以前ブログにコメントいただき、誠に有難うございます。

日本語だと下のサイトで購入できるようです。
私も日本語でオンラインにて申し込んでビジターカードを購入し、3年(といいますか、年1回で計3回)ほど使っています。
おっしゃるとおり、PAY AS YOU GOでしか使えなかったように思われます。

http://www.visitbritainshop.com/japan/travel-transport/product/visitor-oyster-card.html?utm_source=visitbritain&utm_medium=referrer&utm_campaign=VB5widget&utm_content=visitor-oyster-card

次にロンドンに伺える機会がいつになるかは不明ですが、ロンドン、イギリスの光と影を見せてくださる守屋様の発信を引き続き楽しみにしております。

本日は(ロンドンほどではないかと思われますが)関東も今年一番の冷え込みです。

追伸:ロンドンではこの1年で、旅行時によく使っていた一部バス路線の番号や経路などが変わったみたいで、今回の年末年始の旅行ではちょっととまどいました。ホームページでまめに検索することの重要性を痛感しました。
2011.01.10 Mon 16:10 URL [ Edit ]

- 守屋

YOSHIO さん

 こんにちは。ロンドンは12月の寒さがうそのように暖かです。替わりに、雨の日が増えて鬱陶しいですが。

 オイスターにチャージした金額は、使わない期間があったとしても、原則残るようですから一度購入しておくと便利でしょうね。

 最近、「影」が多くて「光」をもっと書ければいいのですが。でも、「影」は「影」なりにその存在意味があるし、と自分を納得させています。

 路線変更、結構あります。YOSHIOさんが以前、もしかしたら使われたかもしれない「15」番。以前はパディントン始発でしたけど、いつの間にかオックスフォード・サーカス始発になってしまいました。その代わりだと思われますが、「159」番がパディントンまで延伸になっています。
2011.01.10 Mon 20:54 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.