LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Big Societyはコミュニティを殺す:図書館閉鎖から考える

2011.02.17

(2月6日のオブザァヴァ紙から)

辛気臭い話題かもしれませんが、いずれ日本でも同様なことがおきるかなと思って。

 僕の目には、すでに破綻しているとしか映らないキャメロン首相が率いる連立政府。口を開けば予算カットと労働党政権の責任追及に徹しているようでは、何一つ未来につながらないと思いますが、予算カット、とりわけ公共サーヴィス切捨ての勢いは現在のところ留まる様子はありません。NHSの実質予算削減、イングランドの森林売却等々の新聞報道を読んでいると、多くのイギリス国民は、社会を現在まで築き上げていた基盤を守るために、毎日どこかで立ち上がり、声を挙げているように感じます。
 昨年末から多くのデモンストレイションが国中で湧き上がっていますが、最近、特に注目を集めているのが、公共図書館の閉鎖への猛反発。日本でも、地方図書館の閉鎖計画に反対して、地元住民が図書館の本をすべて借り切る行動に出たというニュースが報道されたようです。以下にリンクするニュースによると、本が貸し出されている間は、図書館を閉鎖することはできないという規則があるようです。
 全く不思議でないですが、この図書館閉鎖に反対して多くの著名人、そして作家たちが反対運動を盛り上げています。

Writers stage a 'shhh-in' against coalition plans to close 450 libraries
http://www.guardian.co.uk/books/2011/feb/05/library-closures-coalition-cuts-writers-protest

"Libraries are the NHS for the mind; one of the very few places where we are all equal... where we can all read and learn and get involved in our community,"

 そしてもちろん、この反対運動に、戦う作家、フィリップ・プルマンがいないはずがありましょうか、いやないです。僕個人としては、推理小説作家のコリン・デクスタァが参加しているというニュースが嬉しかったです。

Philip Pullman's call to defend libraries resounds around web
http://www.guardian.co.uk/books/2011/jan/27/philip-pullman-defend-libraries-web

 この記事で引用されているプルマンのスピーチ。

Leave the libraries alone. You don’t understand their value.
http://falseeconomy.org.uk/blog/save-oxfordshire-libraries-speech-philip-pullman

 図書館閉鎖への怒りの声は当然として、プルマンが今のイギリス社会を覆うキャピタリズムへの痛烈な批判の部分が素晴らしいです。

What I personally hate about this bidding culture is that it sets one community, one group, one school, against another. If one wins, the other loses. I’ve always hated it. It started coming in when I left the teaching profession 25 years ago, and I could see the way things were going then. In a way it’s an abdication of responsibility. We elect people to decide things, and they don’t really want to decide, so they set up this bidding nonsense and then they aren’t really responsible for the outcome. “Well, if the community really wanted it, they would have put in a better bid … Nothing I can do about it … My hands are tied …”

And it always results in victory for one side and defeat for the other. It’s set up to do that. It’s imported the worst excesses of market fundamentalism into the one arena that used to be safe from them, the one part of our public and social life that used to be free of the commercial pressure to win or to lose, to survive or to die, which is the very essence of the religion of the market. Like all fundamentalists who get their clammy hands on the levers of political power, the market fanatics are going to kill off every humane, life-enhancing, generous, imaginative and decent corner of our public life. I think that little by little we’re waking up to the truth about the market fanatics and their creed. We’re coming to see that old Karl Marx had his finger on the heart of the matter when he pointed out that the market in the end will destroy everything we know, everything we thought was safe and solid. It is the most powerful solvent known to history. “Everything solid melts into air,” he said. “All that is holy is profaned.”
Market fundamentalism, this madness that’s infected the human race, is like a greedy ghost that haunts the boardrooms and council chambers and committee rooms from which the world is run these days.

The public library, again. Yes, I’m writing a book, Mr Mitchell, and yes, I hope it’ll make some money. But I’m not praising the public library service for money. I love the public library service for what it did for me as a child and as a student and as an adult. I love it because its presence in a town or a city reminds us that there are things above profit, things that profit knows nothing about, things that have the power to baffle the greedy ghost of market fundamentalism, things that stand for civic decency and public respect for imagination and knowledge and the value of simple delight.


 僕は、両親と祖父母が僕が読みたいと希望した本の多くを購入してくれました。感謝し切れません。また働き始めてからは収入の多くを本に費やせる環境にいられたので、日本で暮らしていたころは図書館を利用したことはそれほどありませんでした。
 図書館を利用するようになったのは、ロンドンに来てからです。欲しい本をすべて手元において置ける住環境ではないですから。現在は、バービカン・センターにある図書館を利用することが多いですが、素晴らしいです。英訳とはいえ日本の漫画はあるし、インターネットも使い放題。音楽関連のDVDやCD以外の貸し出しは基本的に無料という太っ腹。利用者は、僕のようにほかに選択肢がある人ばかりではないはずです。
 地域の図書館だけが、社会との窓口という人もいるでしょう。コミュニティの図書館で読む本で、世界のこと、社会のこと、そして自分自身のことをゆっくりと学んでいく子供たちだっているに違いありません。先に引用したコメントの通り、地域の図書館は、the NHS for the mind; one of the very few places where we are all equal... where we can all read and learn and get involved in our community

 昨年11月、キャメロン首相は国民の幸福度を統計によって測る計画を発表しました。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1290.html


 でも考えます。森林を売り払って国民の余暇を奪い、図書館の扉を閉ざして社会との絆を断ち切ることによって最も必要としている人々のソーシャル・キャピタルhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1321.html)の質を低下させる。その結果、そのような人々のすでに停滞しているソーシャル・モビリティhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1323.html)が完全に停止・破綻する。にもかかわらず、キャメロン首相は壊れた蓄音機のように繰り返すばかり。予算削減と銀行幹部の天文学的巨額ボーナスを守ることによって実現するであろうBig Societyが人々の暮らしを向上させる。キャメロン首相が考える幸福は、誰のための幸福なのか?

 僕はコミュニティがある程度の自立を維持するのはいいことだと、行政の仕組みを全く知らない素人なりに想像します。Big Societyの考え方には反対ではありません。でも、今のイギリスの社会状況でキャメロン首相が提唱する方向にあるのは、暴力的ではないけど、厭世観に首まで浸かって身動きの取れない無政府社会ではないかなと。

The 'big society' is collapsing under its inherent absurdity
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/feb/06/david-cameron-big-society-coalition

David Cameron: Have no doubt, the big society is on its way
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/feb/12/david-cameron-big-society-good

 現政権だけでなく、労働党政権のときから感じているのは、今のイギリスを偶に「国」としてみることができない、それよりも「(株)大英帝国」という印象が強まるばかりということ。バランスシートの見てくれを修正するために、不採算事業(森林、病院、図書館)を切り捨て、採算が取れるところだけ優遇する(メガ・バンク、外国人投資家)。資本主義国家なんてどこも同じなのかもしれませんが、ローラー・コースターに乗っている気分を味わえることは確実です。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.