LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ナショナル・ギャラリィ:An American Experiment

2011.05.30
BigDory.jpg
George Bellows, the Big Dory、画像はすべてネットから集めた)

3月3日からナショナル・ギャラリィで始まっていた「An American Experiment」という展示を、終了日前日の5月29日にやっと観にいくことができた。展示の中心だったジョージ・ベロウズと彼が属していたAshcan Paintersについてはこの展示の前までは全く知らなかったので、説明についてはナショナルの解説をそのまま転載。

With 12 paintings never before seen in the UK, this exhibition introduces visitors to the American artist George Bellows and his artist friends, the Ashcan Painters: William Glackens, George Luks, John Sloan and their teacher Robert Henri.

The Ashcan School was formed at the beginning of the 20th century. American painters, principally in New York City and Philadelphia, began to develop a uniquely American view on the beauty, violence and velocity of the modern world.

George Bellows

'An American Experiment' contains seven paintings by the most prominent member of the group, George Bellows. He is largely known as a painter of urban scenes. The exhibition includes ‘Excavation at Night’, one of a series of images Bellows made of the building work at the site of Pennsylvania Station.

However, Bellows and his contemporaries also enjoyed painting landscapes away from the metropolis. ‘The Palisades’, 1909 shows his engagement with the natural world as its main subject. It also reveals Bellows as a master of snow, alongside his work in ‘Blue Snow, The Battery’.

Later works such as the ‘Big Dory’, 1913 see him absorbing avant-garde influences from Europe and anticipating the Art Deco style.

About the Ashcan Painters

The Ashcan painters were part of a widespread interest in the quality of life in modern cities during the early 20th century. Along with British artists like Walter Sickert, they represent a strong analysis of their contemporary urban experience while owing much to Old Masters such as Velázquez and Manet.


 この展示を観たいと思った最大の理由は、宣伝に使われたベロウズの「The Big Dory」に惹きつけられたから。誰が描いた絵だかも知らずに、でも20世紀初頭のアメリカ人画家による具象にもかかわらず何とはなしにキュビズム的な香りを感じた。ここら辺は知識不足でなんとも言えないけど、実際に見た「Big Dory」は静かに沁みこんできた。
 もう一つ、この絵に惹きつけられた理由がある。何度か書いているけど、イギリスのパンク・シーンで最も好きな表現者、ロバート・ワイアットが歌った「Shipbuilding」。

Shipbuilding.jpg

 歌も、声も、そしてこのジャケットが大好きで「Big Dory」を新聞紙上で見てからずっとこの歌を口ずさんでいる。そしたら、今回は展示されていなかったけど、ベロウズは下の絵を描いている。


Builders of ships

 ベロウズの絵を見ていると、「わずか100年前のアメリカって、こんなだったのか」と思わずにはいられなかった。20世紀後半から最近にかけてのアメリカという国には全く興味ないけど、20世紀初頭のアメリカ文化はとても芳醇だったのではないかと感じた。

blue-snow-battery-by-george-bellows.jpg
 これもベロウズの作品。画像では実物が描いていた雪の影の色合いがもたらす衝撃が伝わらないけど、晴れた日の雪の影をあれほど鮮烈に描いた絵ってそんなにないと思う。

henri_joe.jpg
 これは、ベロウズの師匠にあたる人が、ヨーロッパから戻った直後に創作したらしい。少年の表情、シャツを浮き上がらせている描き方に、なんとなくセザンヌの影響を感じるのだけど。

 今日、30日までの展示なのでいまさらだけど、お勧めです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- かんとく

守屋さん
こんなのやってたんですね。気がつきませんでした。面白そうなので残念です。あと、1週間早ければ・・・

2011.05.30 Mon 22:13 URL [ Edit ]

- 守屋

かんとく さん

 僕も、もっと早く行って何度も通いたいと思った展示でした。どうやら、この展示のスポンサーとなった企業がこれからも興味深い展示をサポートするとかかれていたので、要チェックです。
2011.05.31 Tue 20:45 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.