LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

TeZukA@サドラーズ・ウェルズ、まだチケット沢山余っています

2011.08.08
tezuka_500.jpg
(シディ・ラルビ・シェルカウィ、どうやら高田馬場らしい)

先週土曜日、8月6日付のThe Timesに、9月6日にサドラーズ・ウェルズ劇場で世界初演となる「TeZukA」の振付家、、シディ・ラルビ・シェルカウィの長文インタヴューが掲載されていた(タイムズの記事有料ですが、何とかしてこぴぺするかもしれません、違法ですけどね)。

http://www.sadlerswells.com/show/Sidi-Larbi-Cherkaoui-TeZukA

For Autumn 2011 Sadler’s Wells presents Out of Asia, a season of works originating from China, Vietnam, Bangladesh, Japan and Taiwan. The season includes one World Premiere and two UK Premieres, as well as one Sadler’s Wells Production and two Co-Productions.

Alongside work performed at the theatre, pre and post-show talks are led by Sadler’s Wells Artistic Director and Chief Executive Alistair Spalding; Professor Christopher Bannerman; Sidi Larbi Cherkaoui; Akram Khan; Tezuka expert Helen McCarthy and co-founder of Beijing Dance Theater Wang Yuanyuan.

Alistair Spalding says “At this time of rapid economic development in Asia it seems to me that aside from seeking commercial and business links, we should also explore collaborations on a cultural level. And so, in this season we have invited a number of artists and companies from the region to perform as well as presenting the results of artistic collaboration between East and West, particularly with the TeZukA project.”

The first work in the Out of Asia season is the World Premiere of Sadler’s Wells’ latest production, TeZuka, which takes place from Tuesday 6 – Saturday 10 September. TeZukA is a dance theatre work inspired by the ‘God of Manga’, visionary Japanese animator Osamu Tezuka. Working with a cast of nine dancers, two musicians, an actor and a calligrapher, all drawn from Europe and Asia, Sidi Larbi Cherkaoui explores Tezuka’s fascinating world. TeZukA features a specially commissioned score from award-winning composer and Sadler’s Wells Associate Artist Nitin Sawhney with lighting and visual design by Willy Cessa, plus projections of Tezuka’s original illustrations alongside work by video artist Taki Ueda.

(サドラーズのプレスリリースから)

 日本語はこちらのリンクを。

http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2011/06/22_03.php

http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2011/07/26_04.php

 タイムズのインタヴューから感じたのは、おそらく純粋なダンス公演というよりは、「ダンス・シアター」にくくられる舞台になるようだ。日本公演では俳優の森山未來(はっきり言って、誰?です。そろそろ髪をあんな色に染めるのは見飽きた)さんが出演することが大きく報道されているようだけど、Daniel Proiettoは凄いはず。ラッセル・マリファントの作品を踊って振り付けに負けない存在感は特筆すべきだと思う。

 シェルかウィの作品を観たことないはずと思っていたら、小品を観ていた。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1144.html

 でも、全く記憶に残っていない。インタヴューが掲載され、世界初演までひと月ということでチケットはかなり売れているのかと思ったら、どの日も平土間ですら半分以上も残っている。

 誰も見たことのない世界初演、且つ馴染みのない振付家の作品を推薦するのは説得力ないけど、インタヴューを読んだ限りではとても興味深いものになりそうな気がする。ちなみに、シェルカウィは3月11日に東京にいてリハーサルをしていたとのこと。イギリス人スタッフを帰国させた後も、彼は残って日本で何が起きているのかを見届けたそう。
 僕自身、古典バレエを観始めた頃、「モダン・バレエやコンテンポラリィなんて絶対観ない」と頑なに拒絶していた時期があるのでいまさら人に勧めるのは噴飯ものの寝返りと映るかもしれない。でも、日本が世界に誇れる現代文化を題材に、思いもよらない何か新しいものが創り出されるのを観るのは、不安もあるけど、わくわく感が湧き上がってくる。ということで、迷っている皆さん、迷っているのならぜひ試してみてください。僕個人の勝手な思い込みだが、サドラーズ発のダンスが日本ですぐに上演されることには、隔世の感を覚える。と同時に、今年ははずれがちょっと多かったけど、それでもがんばっているサドラーズが日本でもその存在が知られていくのはとても嬉しい。アクラム・カーンの「デシュ」もすぐに日本で上演されるような気がする。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.