LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

サイに角がなかったなら

2011.08.21
Rhinos-feed-at-Mauricedal-007.jpg
(ガーディアンの記事から)

Rhinos threatened with extinction to meet demand for bogus cancer cure
http://www.guardian.co.uk/environment/2011/aug/20/rhinos-threatened-extinction-cancer-cure

8月21日付のオブザーヴァ紙を開いて目が釘付けになったのは上記の写真。5秒間くらい、写真の動物がなんだかわからなかった。

 記事に書かれているように、これらのサイは「農場」で育てられていて、角は密猟の犠牲で殺されないようにすでに手術で切り落とされている。
 サイがサイたる所以は、その角があるからだろう。その角のために殺されるサイ。

 記事を読んでいる途中から気になり始めたのは、グリーンピースのようなエコロジカル・ガーディアンを標榜する団体はこの課題に取り組んでいるのだろうか、ということ。記事の後半にWWFが出てくるだけ。

 僕は捕鯨に関しては自ら議論に参加する意思はないし、また、日本の捕鯨がいつか廃れていくとしたらそれはそれで仕方ないだろうと思っている。だから、外野は口出しするな、という思いが常にある。

 グリーンピースやシー・シェパードがサイが直面する人間による虐殺をどう考えているのだろうか。単なる推測だから批判があれば訂正するけど、記事の中の「Game」という言葉が引っかかる。農場で飼育されているサイは、育てられてはいるけど、他方、富裕層の「余暇」である狩猟ゲイムに使われているのではないだろうか。そしてその狩猟ゲイムに興じる富裕層がエコロジカル・ガーディアンたちの資金源だあるために声を挙げない。

 まったっく状況は違うことは承知しているけど、この記事を読んでいるときに、「日本昔話」で見たある話を思い出した。「キジも鳴かずば撃たれまいに」。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

狩猟ゲームに興じてる層が、エコ・テロリストらの資金源、かもしれないんですか。
なるほど。
ああ、金!ですね。

ちょっと違うけども、この間見た、中国の虎の農場のドキュメンタリーを連想しました。
2011.08.22 Mon 08:41 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 確証はないですけど、そう思えてしまうんです。エコ・テロリストの皆さんも、資金がなければ活動できないでしょうから。
2011.08.22 Mon 20:37 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

シーシェパードのスポンサーとして
有名なのは、LUSH(手作り?石けんやバス用品の)で

それを知るまでは結構そこの石けん買うの
楽しかったのに、一気に足が遠のきました…

象牙も中国で価格が高騰してて
(違法にも関わらず、しっかり流通してる)
象の密猟がますます増えるかもしれません。
2011.08.23 Tue 10:05 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 そんな会社があるなんて知りませんでした。どんな目的で支援しているんでしょうね。

 日本のメディアも、捕鯨(に限らずですが)問題で日本や他の国をたたくエコ・テロリスト集団を支援質する企業を追求するなんてことして欲しいです。
2011.08.27 Sat 16:58 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

LUSHは、割とどこの街角にもあります。
(ロンドンなら各駅の近くにありそう)
石けん屋版スターバックス、みたいな…

歩いていると、強烈な石けんの匂いがしてくるから
匂いの方向で店を見つけられますよ。
http://www.lush.co.uk/

確かに、そういう支援企業に対抗する何か、をやって欲しいですね。
私は個人的にLUSHにはもう行かないという、ささやかな抵抗しか出来てないので。
(以前はよくプレゼント用に買ったりしていた)

アウトドア用品/ウェアなどで有名なパタゴニア、
コカコーラ社なんかも
シーシェパードの支援企業みたいです。
いずれも私は縁が無く、何かを買うことはどっちみち無いので、不買も何も…なんですけどね。

シーシェパード支援企業の中ではLUSHは唯一英国企業なので、残念だなーという感じ。
製品はコンセプトが楽しくて、好きだっただけに。
2011.08.30 Tue 11:07 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 挙げてくださった3社は僕にも全く縁がないです。いろいろな機会でこれまでも書いてきましたが、すべてを知ることは難しいです。
 これまで使ったことのない企業・会社の製品を使うときにはバックグラウンドを調べてみるのは良いかもしれないですね。
2011.08.31 Wed 05:33 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.