LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Listen, Americans! イギリスは楽しい国

2011.09.18
p135965-Wales-Rhossili_Bay_Wales.jpg
(行ってみたいところの一つ。南ウェイルズにある、Rhossilli Bay Beach

今日のオブザーヴァ紙で、面白い記事を見つけた。

Reasons to be cheerful: 20 things that are Great about Britain
http://www.guardian.co.uk/society/2011/sep/18/20-reasons-to-be-cheerful

A bleak image of urban decay appeared on the cover of US magazine Newsweek this month. "Grimsville UK" read the headline. Most of the young people interviewed in London in the aftermath of the riots said they had no jobs and few opportunities to change their world. "The way I grew up is rage, innit?" said one teenager. "It's always gonna be like that. It's always gonna be negative."

The danger is that we will morph into a permanently miserable frame of mind. Failure can become a self-fulfilling prophecy. So, while trying to avoid nationalism, arrogance and jingoism, and acknowledging the seriousness of some of the challenges we face, here in no order of importance are 20 reasons why Britain in 2011 isn't such a bad place. Perhaps it might even prompt suggestions of your own. Together, we could lift the gloom a little.


 アメリカのニューズ・ウィーク誌がイギリスのことを「Grimsville」と称したことへの反論。ちなみに、いろいろ辞書で調べたけど、Grimsvilleの意味がわからなかったのど大家に訊いたところ、「つまらない街ってくらいの意味だよ」とのこと。

 挙げられている理由のいくつかは、紙面を大きく割いて書くほどのものかと思う。関係ないけど、「21」の売り上げで数々の記録を塗り替えているアデルは、髪の毛のエクテンションはやめたほうがいいと思うな。40代半ばに見えてしまう。

 目くじら立てるほどではないだろうけど、やっぱりアメリカ人に言われっぱなしでは、あれこれあるものの、元気に暮らしていけるイギリスの肩を持つのは当然。20もすぐには思い浮かばないけど、思いつくことを箇条書きで。

 7月にパリに行って、ルーヴルを見学して痛感したのは、イギリスの博物館・美術館の無料制度は世界に誇れる素晴らしいシステム。

 年々チケット料金が上がるのは困るけど、サドラーズ・ウェルズとロイヤル・オペラ・ハウスは世界屈指の文化を発信し続けている。

 フレンドリィという意味ではないけど、人々が互いに信頼し合える雰囲気は、特に地方にはまだあると思う。パリで見かけたフラン人の態度からは、他者を疑ってかかっているように感じたから。

 ラプサン・スーチョンを誰はばかることなく飲める。

 男が一人でバレエを観にいっても何も言われない。

 エリザベス女王。

 何度会っても、お互いが心地よい距離をきっちり守るところ。

 晴れたときの空の高さ。

 美しい自然。

 Bettys(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-959.html)。


 こんなことしか浮かばないけど、基本、10年以上住んで、まだ元気でいられるというのはイギリスという国が楽しいからだと思う。

 意趣返しなのかな、オブザーヴァの第2面の記事。

Worlds apart – the neighbourhoods that sum up a divided America
http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/18/bronx-manhattan-us-wealth-divide

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.