LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

アンジェラ、世界は君の前にひれ伏す

2011.09.25
または、「この世界にディーヴァは、私だけ!」。

 2011年シーズンそうそう、評判がいいロイヤル・オペラ。先週から始まったグノーの「ファウスト」の評価もかなり高い。

http://dognorah.exblog.jp/16864821/

http://miklos.asablo.jp/blog/2011/09/18/6108002

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/298402ad9353c17d8c09a8cc606442e3

 観にいかれた皆さんだけでなく、多くの観客の関心は「ゲオルギューがキャンセルするかしないか」ということといっても過言ではない。2003年に、こんなことを書いた。

オペラ歌手たるものは
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-189.html

 今日、9月25日のサンディ・テレグラフ紙にゲオルギューのインタヴューが掲載されていた。話題の一つは、ゲオルギューとロベルト・アラーにゃがよりを戻した(何度目?)だけど、インタヴュー記事から浮かんでくるゲオルギューの姿は、「オペラ界に君臨するソプラノ歌手って、空前絶後のわがままを貫くんだろうな」という人々の期待に充分応えるだけでなく、財布に入りきらないお釣りをもらってしまったと感じるほど。

Opera singer Angela Gheorghiu says of her marital difficulties with Roberto Alagna: 'It was stupid of us to be apart'
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/opera/8786844/Opera-singer-Angela-Gheorghiu-says-of-her-marital-difficulties-with-Roberto-Alagna-It-was-stupid-of-us-to-be-apart.html

Angela Gheorghiu is 25 hours late, which is pretty good for the world’s most famous diva. The glamorous soprano is lauded for her silky tones but notorious for cancelling gigs, disappointing audiences, and causing musical directors from La Scala to the Met to tear out their hair over her caprices.

 まだ、たまにインタヴューの仕事をしているし、この夏は、インタヴューしてみたいなと願っていたアーティストにインタヴューできた。それだけでなく、それらのインタヴューが時間通りに始まったことを考えると、絶対に起こり得ないだろうけど、万が一にもゲオルジューにインタヴューできる機会が巡ってきても、僕だったら時間通りに行かないということに耐えられない。

“We are in a very happy place right now,” says the prima donna, a broad smile on her full lips, when, after one cancellation and an hour’s delay, the following day we finally meet in her dressing room at Covent Garden’s Royal Opera House. “We really decided it was stupid to be apart.”

So stupid, in fact, that, having announced they would never sing together again, next year the couple will make their first post-split appearance, in La Bohème at Covent Garden – the very opera that brought them together exactly 20 years before.


 これが本当なら、2012/13のロイヤル・オペラで、プッチーニの「ラ・ボエーム」が上演されるだけでなく、それにゲオルギューとアラーニャが主役で出演すると。これが実現すると、来シーズンのしょっぱなの「リング・サイクル」よりはるかに激烈なチケット争奪戦になることは確実。

We meet just after the dress rehearsal and Gheorghiu is “very tired. We had a little accident on stage during the rehearsal,” she adds enigmatically in her silky voice. What? I ask, but she waves me away with a manicured hand. “Is past, it no longer matters.”

 公開リハーサルでカーテンコールがなかった理由は、闇の中。

But, in comparison with others, the House has been relatively untouched by Gheorghiu scandals. Is it her favourite theatre? “Yes!” she whoops. “In the beginning I was more diplomatic not to make the others jealous. But now I can’t lie. It’s not just my career, it’s a personal thing. I fell in love with Roberto here and they have made so many roles for me. Just last week it is my birthday and all the company is there, Vittorio [Grigolo, her Faust] sings Happy Birthday to me and I say 'Ah! Here we are, all having fun!’”

 トラブル・メイカーと縁を切れないロイヤルのほうが、切ってしまったほかのオペラ・ハウスを羨ましく思うのではないだろうか。Anyway, Happy Birthday, Angela!!!

Meanwhile, she was testing the patience of both audiences and directors. Dates were cancelled all over the place. The couple were booted off a Franco Zeffirelli production of La Traviata after they complained about the sets, and Jonathan Miller nicknamed them “Bonnie and Clyde” after artistic differences in Paris. Sweetly, Gheorghiu exacts her revenge. “These English directors who speak no French or Italian! Imagine, I knew one who turned up at rehearsals with the booklet from my CD. Think if a Romanian director tried to put on Shakespeare with no English. Hah! It is impossible!

 言っていることは間違っていないけど。アメリカでのENOのプロダクションを降板したのは、ジョナサン・ミラーへの仕返し、ですか?

She exhales like a magnificent Persian horse. “We all agree opera is going in a modern way, but not to make fun of a genius. Opera is a fantasy by itself. I won’t give a name – but it’s not Mr X’s fantasy. For example, somebody in Vienna asked me to sing Roméo et Juliette in blue jeans, which is OK, but then to dance like I am in a discotheque. I mean, come on! Other singers do it, but they have no courage to say no. But an opera singer must think all the time that the voice and the score are the most important thing.”

 オペラはファンタジィ、という点は激しく同意する。

Can Gheorghiu really be persuaded to lead a quieter life? Her dark eyes sparkle. “I will fly to see him. To me a plane is a taxi. OK, so now I’m hungry.”
And suddenly, I’m in the corridor, left, like everyone this whirlwind encounters, dazed but elated.


 そうか、21世紀のプリマ・ドンナにとって「飛行機はタクシィ」なのか。「お腹が空いたわ」でインタヴューを終わらせられるって、凄いとしか言いようがない。

 容貌が衰えた頃に「薔薇の騎士」の元帥夫人を演じられるのではないかと思ったこともあるけど、このインタヴューを読んだ今、それはありえないと確信した。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-304.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-47.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-49.html

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(4)   ↑Top

Comment

- かんとく

守屋さん
こんばんは。ゲオルギュー、凄いですね。ある意味、呆れを通り越して、ここまで自分を通す強さに感心します。
でも、これから年齢を重ねても、この調子でいけるんでしょうか?
2011.09.28 Wed 22:01 URL [ Edit ]

- 守屋

かんとく さん

 おはようございます。

>これから年齢を重ねても、この調子でいけるんでしょうか?
 体調を崩すことがなければ、50歳、もしくは55歳までこのままいけるような気がします。ただ、出演できる演目の種類は、限られてくるのではないかと。演目という点では、僕は個人的にゲオルジューで観てみたいという演目が思い浮かびません。カラスやサザランドのような、さまざまな演目をよみがえらせるタイプの歌手ではないようですから。
2011.09.29 Thu 05:00 URL [ Edit ]

ゲオルギュ - こんぶ

昨日行ってきました。考えたら10年ぶりのゲオルギューでした。まったく美貌が衰えてないのにびっくり!いくつ?このひと?凄い。
2011.09.29 Thu 05:45 URL [ Edit ]

- 守屋

こんぶ さん

 昨晩の上演は、映画館でライヴ上映されたようですね。

 記事によると、46歳だそうです。一般人にはうかがい知れない努力をしているんでしょうね。それが「ファンタジィ」を売る職に居る人の仕事ですから。
2011.09.29 Thu 05:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.