LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

友情は色眼鏡で見られる:国防省辞任から

2011.10.16
過去数週間、イギリスのメディアを大いに賑わせていたリアム・フォックス国防大臣をめぐるスキャンダル。日本でも辞任については報道されました。

英国防相が辞任 ロビイストとの関係めぐり
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101401001166.html

【ロンドン共同】英国のリアム・フォックス国防相が14日、防衛コンサルタント事務所を経営していたロビイストの友人を外国要人との会談に同席させたことなどの責任を取って辞任した。
 クリーンな政治を掲げているキャメロン首相にとって、同じ保守党のフォックス氏がスキャンダルで辞任するのは痛手。英メディアによると、首相は運輸相のフィリップ・ハモンド氏を後任の国防相に任命した。
 フォックス氏は首相に宛てた書簡の中で「個人的利益と政府活動の境界線を誤ってあいまいにしてしまった」と辞任の理由を述べた。



 渦中の友人は、フォックス氏より17歳年下で、フォックス氏が結婚するまでフラットメイトで、フォックス氏の結婚式ではベストマンを勤め、フォックス氏の結婚後も公私にわたりいろいろな場所に一緒に参加していたそうです。

 今回のことでもっとも真剣に考えられるべきなのは、メディアが伝えるべきことはフォックス氏の政治家、そして大臣としての資質。が、ここまで読んで考えておられる方もいるでしょう、タブロイドが書きたてたのは、「フォックス氏はgayじゃないのか?!」、ということ。
 当初、全国紙はこの全く根拠のない、そして問題の本質には全く関係のないこのゴシップを封殺しようとしていたようです。が、キャメロンのリーダーとしての指導力が問われるべきだと思いますが、フォックス氏の処遇についての無益な閣内調査が延々と続いたこともあって、根も葉もないゴシップが意味のないことを強調・反論する記事が出ました。


Why politicians can't seem to learn from past mistakes
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/oct/12/politicians-dont-learn-from-mistakes

Anyway, public activity is what drew attention to the close relationship that exists between defence secretary, Liam Fox, and his friend Adam Werritty. Of course, people are going to speculate about why Fox was so dependent in his public life on Werritty that he risked his job for it. Of course, they are going to wonder if something in their private lives explains this.

There is open speculation that the inappropriate public closeness that exists between Fox and Werritty is an indication of "a sex scandal". But there is no indication of any terribly "scandalous" sex. Fox is married, and his wife has a reasonable expectation of sexual fidelity – and it's important to stress that no one has presented any evidence of infidelity. But if the couple arranged things differently, then that would be their business. The sex of a third party is immaterial – or should be – and plenty of politicians have survived public knowledge that they have had relationships with people who are not their spouses.

It is dreadful, the way the word "gay" is being treated in this story like some unmentionable slur, libelous, insulting, damaging. On Wednesday, the Scottish press started running with a story suggesting that Fox, as a student, did not like gay people to "flaunt" their sexuality in his face. The implication is that he is a self-hating gay. It's hilarious. There you are, accused of poor judgment, breach of the ministerial code and Lord knows what next. But woe betide anyone who dares to suggest … a loving relationship between two consenting adults. Not that such a revelation would get Fox out of the mess he is in.

It's perfectly possible, and plausible, that Fox relied on Werritty for purely emotional support, for love, not sex, for friendship, not money. Whatever. The point is that whatever the bond, it led to weird and suspicious arrangements, such as Werritty being present at meetings he had no obvious legitimate business to be present at, as if every day was Take Your Best Man To Work Day. Why did Werritty want to attend these meetings, around the world? Why did he claim to be part of Fox's team? Why did Fox allow and encourage all this? These are the important questions.

I would be happy never again to hear of some politician or other's private sexual arrangements, unless those arrangements were breaking the law, or were otherwise genuinely in the public interest. But politicians themselves are highly disobliging in this respect. It is politicians themselves who cannot draw a line between public and private, then stick to it. That's precisely what the expenses scandal was about, the inability and unwillingness to say "this is private" and "this is work", or even, "I'm not sure there, so obviously I'll give the benefit of the doubt to the tax-paying population, not me and mine." There was no sex involved in that scandal. Or very little.

The really worrying thing about these supposed people of wisdom, with their responsible jobs, ostensibly in the service of others, is that they never, ever seem to learn. It puts people off entering politics, the idea of public life, public scrutiny, public accountability.


 デボラさんが何度も強調しているように、今回の騒動で真剣に問われるべき、国民が知らなければならないのはリアム・フォックス氏の政治家としての資質であって、彼のセクシャリティや私生活ではないはず。しかしながら、この混乱を招いたのは政治家自身。


The male bond is the real victim of the Fox affair
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23998161-the-male-bond-is-the-real-victim-of-the-fox-affair.do

Why can't a man have a close friendship with another man 16 years his junior? Why should it be so "unlikely"? Why can't a married man have a male friend to stay overnight at home while his wife is stranded by a volcanic ash cloud? Stop sniggering at the back.

Dr Fox has only himself to blame. His judgment has clearly been found wanting. He should have disclosed the whole truth at the outset about the number of official foreign visits the pair made together; he should not have allowed young Werritty to accompany him on MoD business as an "adviser". End of.

Sadly the real victim of this whole affair is male friendship. What should have been a noble bond between two men has now been sullied beyond redemption by ambition (Fox apparently wanted Werritty to bypass the namby pamby Civil Service) and murky business dealings. And it gives Platonic relationships a bad name.

Heroic friendships - otherwise known as Platonic - were the highest ideal of the classical world and were relationships of emotional and intellectual connection without sexual intimacy. Achilles and Patroclus were the archetypal couple who fought together during the Trojan war. When Hector killed Patroclus, Achilles was beside himself for days.


 こんなゴシップ、世界中、どこも同じでしょう。同性の友人といつも一緒だとうわさを立てられる。他方、異性の友人、それも片方が結婚していようものなら、「不倫じゃないの?!」と。個人の生き方を頼みもしないのにあなたの色眼鏡で勝手に結論付けるのはそろそろやめませんか、と。
 僕は同性の友人も異性の友人もいます。異性の友人の何人かは、結婚していますが、そんな友人と一緒に劇場に行って批評を言い合うのは楽しいこと。友人と二人でお茶するのはおかしいことなんでしょうか。うわさを立てる人を喜ばせるために、一人でいるわけでも、同性の友人と、異性の友人とつるんでいるわけではなく、あくまで個人の選択。そしてその選択がもたらす楽しみを共有できる友人がいることの素晴らしさ。そんな個人の生き方の選択を一方的に拒否する社会構造や集団意識は、日本もイギリスも同じだと思います。ちなみに、現在のイギリスでライフ・スタイルについていろいろ噂が絶えない著名人は、ケヴィン・スペイシィ

 ちょっと脱線します。最近、カウンセリングにおける性差別(身体てきなこと)、ジェンダー、セックスの分野について勉強を進めようと思っているので、社会がセクシャリティをどう捉えているかということに興味を惹かれます。で、ちょうどガーディアンで面白い記事が続けて掲載されたのでご紹介。

The only way is marriage?
http://www.guardian.co.uk/world/2011/oct/15/gay-marriage-conservative-tories

 個人的には、何度かシヴィル・パートナーシップの場に招待されたことがあります。普通の結婚式と全く同じだし、同性のシヴィル・パートナー同士が「結婚」と同じ権利を持てることはいいことだと思います。
 ただ、個人的には「結婚」という言葉、そしてそれが歴史的に築いてきた役割を考えると、僕は同性の「結婚」という言葉の使われ方への違和感を拭い去ることはできません。

Designer vagina surgery: snip, stitch, kerching!
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2011/oct/14/designer-vagina-surgery?

 女性器の各部位の呼称の羅列にはひるみませんが、こんな世界があることに少なからず吃驚しました。人類の「性」の追求の意欲って凄いです。ちょっと笑ってしまったのは、著者がこの記事のリサーチを始めるやいなや、この記事の主題である形成手術のスパム・メイルを受け取り始めたということ。ということは、男性諸氏が「男性器増大」のスパム・メイルを受け取るように、女性の皆さんも同様なスパム・メイルを受け取っているということなのかな、と。

 ロンドンでも、カウンセリングの場における心と性、ジェンダーの関係にかかわるワークショップはあまり多くありません。が、幸運なことに研修仲間の一人が「サイコ・セクシャリティ」の道を進んでいて、幾つか教えてもらえました。僕個人が咀嚼できるかどうかは全く判りませんが、楽しみでもあります。

http://www.iamlisteningtoyou.com/jp_counselling.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

- Yoshi

こんんちは。男性同士が親しいとすぐゲイじゃないかと疑われる、タブロイド・ジャーナリストの嗅覚がそういう方向に向きやすいのは、イギリスの嫌なところですね。でも、逆に言うと、そういうことが、差別意識も含め、直ぐ表面に出て来て、それに対して非難するジャーナリストもいるのは、ある意味、健全だと思います。イギリスの国会議員には、ゲイであると公言して政治活動し、議員に選ばれている人もかなりいますね。労働党のブラッドショー元文化相はそうでした。日本の国会議員にもゲイの人は沢山いるでしょうが、彼らがゲイであると公言して活動するなんて、日本社会の現状を考えると、何年先、いや何十年先でもなかなか想像できません。

ゲイの人達が、本人がカミングアウトできないことも含め、水面下に押し込められ、真綿で押しつぶすような差別が温存されているのが日本ですから。Yoshi
2011.10.17 Mon 23:32 URL [ Edit ]

- 守屋

Yoshi さん

 こんばんわ。人を見下すとき、世間一般の流れの中でマイノリティと思われる点をあげつらうのは、洋の東西を問わないのかもしれないです。何か不祥事が起きると、「あの人はゲイだから」とか「だから女性は」とか。こんなときに、「だから男性は」という非難がされないのは、イクォリティを実現させるのは生半可なことではないと感じます。
 日本の政治家が、自らのセクシャリティを公言する日が来るとは、今の段階では全く考えられないですね。
2011.10.19 Wed 18:38 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.