LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

夏時間、冬時間:2題

2011.10.30
今日、10月30日の午前2時に時計が1時間戻されて冬時間に。日本とイギリスの間の時差は9時間。ここに住んでいる以上、年に2回のこの行事を避けることはできないけど、何度経験しても面倒くさい。時計の調整が面倒なのではなく、1)僕自身の体内時計の調整似数日かかる、2)時間の調整を忘れたことを恥ずかしげもなく言い訳にする輩があとを絶たないこと。

 昨日、共同通信社のニュースで面白い記事を読んだ。

ロシア、今月から冬時間廃止 モスクワ日の出10時も
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102801000635.html

【モスクワ共同】ロシアは今年から冬時間を廃止、夏時間を通年適用する。毎年10月最終日曜(今年は30日)の夏冬時間切り替えは行わない。ソ連時代、既に標準時を1時間進めており、今回の「永遠の夏」(地元紙)への移行で、九つの標準時を持つ同国では、太陽の南中より数時間早く正午になることもある。

 この措置で年末のモスクワの日の出は午前10時ごろ、日没は午後5時ごろとなり、朝の起床がつらくなるとの説もある。モスクワと日本の時差5時間は変わらない。

 新イズベスチヤ紙が伝えた世論調査では、夏冬の時間変更をしないことには63%が賛成した。

2011/10/28 17:47 【共同通信】


 さすが、プチンの国と思う一方で、時間を変更しないで生活様式に多様性を持たせることができるであろうこの変化を羨ましく感じる。そんな想いはイギリス国内にもあるらしく、昨日のガーディアンに以下の記事が。

Clocks forward trial being considered
http://www.guardian.co.uk/politics/2011/oct/28/uk-clocks-hour-forward-trial

UK would adopt central European time, GMT plus one hour in winter and two in summer, if devolved governments agree.

Clocks could go forward by an hour permanently subject to UK-wide consensus.

The government has decided to back the bid for a three-year trial that would see the UK join the central European time zone ― but only if devolved administrations agree.

It would mean lighter evenings but darker mornings, especially in Scotland, where many people are strongly opposed. Campaigners believe, however, that moving to lighter evenings would reduce energy use and hence carbon emissions, cut road deaths and boost tourism.

British summertime ends this weekend when clocks go back on Sunday. If the trial went ahead, it would see Britain's clocks go unchanged. Clocks in winter would be set to GMT plus one hour (British summertime) and GMT plus two in the summer.

The stipulation for agreement across the UK is one of the amendments ministers want to make to the daylight savings private members bill, which is set to move to committee stage in early November.

The bill, first put forward by Conservative MP Rebecca Harris in 2010, calls on the government to conduct a cross-departmental analysis into the potential costs and benefits of moving the clocks forward to create lighter evenings.

If this review showed that the move would be beneficial, the government would then initiate a three-year trial to evaluate the impact of the change. David Cameron signalled that he was willing to consider the switch, but has said that the argument would only be won when people across the country feel comfortable with the change.

Time zones are the responsibility of individual EU member states and vary across the continent. The devolution arrangements for time zones also vary – responsibility is devolved in Northern Ireland, but reserved in Scotland and Wales.

Some have suggested that England could make the change alone, but Cameron has said that he wants a united time zone for a UK.

Edward Davey, the business secretary, said: "This is an issue which affects everyone across the country, so we cannot rush headfirst into this. As the prime minister has made clear, we would need consensus from the devolved administrations if any change were to take place. We have therefore tabled amendments to the current bill to make sure that it addresses these concerns.

"It is only right that we at least look at what the potential economic and social benefits of any change might be. Lower road deaths, reduced carbon dioxide emissions and improved health have all been argued over the years as possible benefits."

Harris said she was delighted with the decision to support the bill.

"There are so many conflicting arguments on both sides of the daylight saving lobby. I believe we need a comprehensive and objective assessment of them.

"Of course any eventual change to the clocks would affect everyone in the country so I do not believe it should be considered unless there is good evidence in favour of it and a broad public consensus, which would naturally include the devolved assemblies."


 「やったー、イギリスもロシアと同じことをするのか」と喜んだのは早合点で、現在のイギリスのタイム・ゾーンを欧州大陸のタイム・ゾーン(フランスやドイツ、イタリア)と同じにするトライアルをするかどうかを検討する、というもの。

 日本と同じに、時間の変更がなくなって欲しい僕には興味を惹かれる記事ではないけど、一つだけ。にわかに独立の確率・気運が高まっているスコットランドはこの変更には反対の姿勢。仮にキャメロン、もしくはほかの首相がスコットランドと協調できないままこのトライアルを導入することになれば、スコットランドの完全独立なんてことがエリザベス女王の時代に起こってしまうこともありえるのではないかと。日本でもサマー・タイム導入に積極的らしい北海道の独立、なんてこともありかも。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

スコットランドは夏は夜11時まで明るいので、ホント、わざわざ「夏時間」を設定する意味が分かりません。
冬時間のままだったとしても、夜10時まで明るいわけなので。

夫曰く、冬時間のままだと、午前2時には明るくなってしまうのは不便なんだと…
(遮光カーテン閉めて寝ればいい話だと思うが)

スコットランド独立に関しては、スコッツって凄く現実的でやることなすこと手堅いので、
独立独立言ってても、いざ住民投票に踏み切ったら
「否」なんじゃないかと思ってます。

アレックス・サモンドが人気なのは、彼がスコットランドにとっての鈴木宗男だからであって、
(イングランドで大学の授業料値上げで大変な騒ぎになっても、スコットランドは平然として中央政府から大学費用を回させてスコッツには「自己負担ゼロ」で大学教育を授けている、ようなところが)

彼を支持している人たちが独立支持者というワケではないと思うんですよね。
でも、やっぱり…どうなるんだろ…?!
2011.11.02 Wed 10:12 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん
 
 イギリスに来てから、遮光カーテンの重要性を理解しましたよ。確かに、夜2時に明るくなるのは明かりを気にする人には苦痛も知れないですよね。

>アレックス・サモンドが人気なのは、彼がスコットランドにとっての鈴木宗男だから
 座布団、1枚!確かに、あの灰汁の強い顔はその通りですね。スコットランド人の友達も、北海油田だけに頼るようでは、経済的に独立は無理だといっていました。

 仮にスコットランドが独立して、イングランドと違う時間帯を導入するのは、うざったいでしょう。
2011.11.03 Thu 20:13 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.