LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ビゼー・ダブル・ビル@ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック

2011.11.28
5897.jpg

今晩が初日の、ビゼー作曲のオペレッタのダブル・ビルを観てきた。場所は、ロイヤル・アルバート・ホールの向かいにある、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック。


Britten Theatre

Michael Rosewell conductor

For our pre-Christmas offering, we present an unmissable double bill of contrasting Bizet operettas, written at either end of the composer’s career.

The wonderfully witty Le docteur Miracle – possibly the only opera to feature an omelette in a starring role! – was written by the 18-year-old Bizet for a competition run by Offenbach to find the next great French opera composer. Needless to say, the precociously talented Bizet waltzed off with the prize for this enormously entertaining romp.

Djamileh is Bizet's penultimate opera, completed just before his final masterpiece Carmen. This tale of an Egyptian slave girl’s attempts to woo her master contains some of Bizet’s most wonderful music, and has been hailed as one of the great expressions of exoticism in music.

With recent RCM productions of operettas by Offenbach and G&S receiving huge acclaim on both sides of the English channel, this is the perfect opportunity to discover a pair of hidden gems.


Tickets: £10, £20, £30, £40


 はじめに上演された「Djamileh」は、滅多に上演されない理由は明らかなほど、音楽が弱い。1時間を超える短いものだけど、最後は飽きた。

 逆に、ビゼーが若干18歳で作曲した「ドクター・ミラクル」は、話はオペレッタにふさわしい軽いもので、音楽はとにかく明るく会場から笑いが途切れなかった。筋書きは「愛の妙薬」にている。英語に翻訳したついでに、おそらく、オリジナルにはなかったであろう笑いの場面を盛り込んでいるようだけど、一緒に上演できる短いオペラ・オペレッタがあれば、世界のオペラ劇場にかけられても不思議ではない。ただ、オペラに人生を懸けているようなファンには見向きもされないかもしれないかな。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.