LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

東西の島国は借金大国

2012.01.20
昨日、ガーディアンを読んでいたとき経済面に掲載されていたニュースに目が釘付けになった。

UK credit binge pushes debt above 500% of GDP
http://www.guardian.co.uk/business/2012/jan/19/uk-highest-debt-to-gdp-ratio

 経済記事を解説できる語彙を持ち合わせていないので無理に翻訳しようとは思わないけど、本題は「今ないお金」を頼って浪費しすぎたイギリスの借金について。そのような記事で、思わず目が留まったのは以下の部分。

An international study found Britain had the highest level of debt after Japan, that the debt had risen over the past three years to more than 500% of national output, and that on current trends it would take until 2020 for UK households to return debt levels to the pre-bubble trend.

 そして記事の横に掲載されたチャートの数字を見てさらに驚いたのは、日本のGDPにおける世界でも突出した借金は何も今に始まったことではなく、90年代半ばにはすでに400%を超えて止まるどころかイギリス同様500%を超えて下がる兆しが見られないという事実。

 ウェブにはチャートが掲載されていなかったので、ガーディアン本紙に記載されていた数字の出所(Haver Analytics/ National Central Banks)を頼って同じチャートを探した毛で見つからなかった。したのは、期間は短いけど傾向はつかめると思う。

mckinsey-deleverage.jpg

 次の二つのグラフは、デイタがどの時代のものかが明記されていない。が、その点を差し引いても、日本の、対GDPにおける借金は突出しているように感じる。
national-debt.gif

 作成されたのは、現在のユーロ危機の前だとは思うが、日本の経済環境が、ギリシアやイタリアよりよいとは到底思えない。
DebtCrisis.jpg

 イギリスの借金の増え方も凄まじいものがある。本紙に掲載されていたチャートによると、90年代初めは200%だった借金が、2011年代2四半期には500%を超えるという急増ぶり。

 この東西の二つの島国が、同じ時期に債務不履行(デフォルト)になったら、世界はどうなるのだろう?何も変わらない、ということもありえるのかな。

 「Deleveraging」の意味をご存知の方、ご教示いただけると助かります。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- レイネ

ユーロ危機が深刻なヨーロッパでは、ずいぶん前からよ日本の巨大な負債額の話題がよくでます。ただ、日本の場合、ギリシャやアイルランドとは異なり、債権者の大部分が日本国内にある機関(年金や国債など)で日本人自身なので、自国を破産させようと思う人はいないので危機の可能性は少ないということです。それをよいことに消費社会で飽食・浪費の限りをつくしてるわけで、国として健全なあり方とは思えませんが。

deleveraging は動詞deleverageの派生語では?負債減少化という意味だと理解してますが、経済には強くないので。。。
2012.01.21 Sat 10:38 URL [ Edit ]

- 守屋

レイネ さん

 日ごろ、思うことがあります。ユーロ危機の中で、イギリスではほとんど報道されないのですが、ほかのユーロ流通国家、例えばオランダ、フィンランド、エストニア等ではこの危機はどのように報道されているのか、どのような心理的・物理的な影響を一般市民の生活に与えているのか。

 Deleverageは、経済に関する専門用語だと思います。手持ちのオックスフォードのアドヴァンス・ラーナーズの辞書にも出ていないので。
2012.01.21 Sat 21:31 URL [ Edit ]

- Tokyocowboy

"de-leverage" usually means to reduce debt. For a country, that might even mean reduce the rate of borrowing. To "leverage" really just means borrowing money, usually to buy something like a stock or a house. If a company is highly leveraged, it means they are heavily in debt. This is not a bad thing if they are using the money for investments, like a new factory. Countries are typically heavily in debt to pay this month's bills, like pensions and interest on loans/bonds. This is not good.
2012.01.23 Mon 01:36 URL [ Edit ]

- 守屋

Dear tokyocwboy,

Thank you for your lecture. Although I am still wondering what "de-leveraging" would mean to our everyday life, even "leveraging" does not seem to me healthy. For, countries and companies take a risk to do something uncertain without actual money. The recent financial climate does not enable anyone to tell what will happen.
2012.01.23 Mon 07:09 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.