LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

セルゲイ・ポルーニン、ロイヤル・バレエを突然退団

2012.01.25
昨晩観てきたThe Beeへの失望を書き連ねようと思っていたら、ロイヤル・バレエの若きプリンシパル、セルゲイ・ポルーニンが、まさに突然、退団したとのニュース。

Royal Ballet star Sergei Polunin quits
http://www.guardian.co.uk/stage/2012/jan/25/royal-ballet-sergei-polunin-quits

Royal Ballet 'shocked' by Sergei Polunin resignation
http://www.guardian.co.uk/stage/2012/jan/25/royal-ballet-shocked-sergei-polunin

Sergei Polunin in shock resignation from Royal Ballet
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/9036796/Sergei-Polunin-in-shock-resignation-from-Royal-Ballet.html

Sergei Polunin 'felt constricted' at Royal Ballet
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/9037829/Sergei-Polunin-felt-constricted-at-Royal-Ballet.html

Royal Ballet 'in shock' as dancer Sergei Polunin quits
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-16714921

 あと出しみたいな書き方なのは承知の上で、ポルーニンがロイヤル・バレエを退団したことには驚かなかった。舞台の彼を観るたびに、「本当に楽しいのかな」といつも感じていた。それに、今週末にサドラーズであるプログラムで、イヴァン・プトロフと共演するという発表の時点で何か嵐がありそうな気もしていたし。

 フィジカルの面が秀でている男性ダンサーに恵まれないロイヤル・バレエにとっては、痛手だと思う。でも、これでエドワード・ワトソンのジークフリートが見られたりしたりなんて。本人が踊る気があるかどうかは知らない。
 さらに、「何もわかっていない若者が勘違いしたくらいで何を慌てふためいているのよ!私が盛り上げてあげるわ!」、なんてこの方 http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-category-2.htmlがコヴェント・ガーデンの戻ってきてくれたら良いな、と。

確かサドラーズのチケットは買ってあったはず。観たいのは、プトロフが踊る予定のアシュトンの観たことのない演目だけど、ポルーニンが予定通り出演するのであれば、それはそれで盛り上がるだろう。


[追記:1月26日]
 サンディ・テレグラフでバレエを担当している女性による記事。

Sergei Polunin: the ballet cheek of it
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/9038573/Sergei-Polunin-the-ballet-cheek-of-it.html

 どうやら、ミハイロフスキィに引き抜かれたわけではないようだけど、もっと深刻な感じ。彼がタトゥーをしていたなんて全く知らなかった。

Was it all simply a case of too much too young? He’s clearly a complicated and contradictory character. He wanted every role he could get, then complained of feeling “constricted”, demanding to be released for lucrative guest appearances (“that is where you make good money”). Polunin is hardly the first dancer to want to make the most of their golden years. If this was the problem, it’s a pity he and Monica Mason weren’t able to thrash out a compromise before it came to this.

 若い天才の燃え尽きはあるだろうけど、若くして頂点に登りつめてそのままトップを維持しているのはギエムしかり、ル・リッシュしかり。でも、なんだか自分をコントロールできなくてドロップ・アップしてしまいつつあるポルーニンにシンパシィはもてない。将来を嘱望されて、本人もトップになるつもりで研鑽していたにもかかわらず、予期せぬ怪我によってバレエを断念した人は沢山いるだろう。なぜだか忘れられない名前は、かつてパリ・オペラ座のホープ(だったらしい)、ギレーヌ・ファルー。

At the time of writing the young star was holed up in darkest Holloway, in the bedroom above the tattoo parlour he co-owns. Google “Sergei Polunin” and the word “tattoo” comes third in the list of suggestions. There is a school of thought which insists that the tattoo count is in inverse proportion to IQ. Sergei Polunin has lots of tattoos (all masked at vast expense by the make-up department).

Dermal decoration is pretty rare in the ballet world, so much so that one company insider mistook the bear claw “scar” that runs across his chest for a horrific instance of “self-harming” – which I suppose it is, in a way. The giant crucifix tattoo on that beautifully muscled forearm is hardly the smartest choice for a man whose body is on constant display (there’s a lot more topless ballet than you’d think). Most ballet dancers don’t even dare sunbathe in case it’s wrong for a role. My spies tell me the latest acquisition, done by a rather confused Russian tattooist, reads: “I am hwo I am” (let’s hope he got a discount).


 今日、ロイヤル・オペラから会員誌が届いていた。予定キャストにはポルーニンの名前がここにもあそこにも。5月の「リーズの結婚」で、崔さんの相手は誰になるのかな。ありえるとは思えないけど、数年位前に同じプロダクションをレパートリィに入れたパリ・オペの生きの良い旬な男性ダンサーがゲストで来ないかな。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.