LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

イギリスから正直者がいなくなる?!

2012.01.31
先週の水曜日、1月25日のThe Independent紙に、過去10年で、イギリス人の道徳観意識が低下しているという調査結果と、分析記事が掲載されました。

Britain facing boom in dishonesty
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/britain-facing-boom-in-dishonesty-6294132.html

http://www.scribd.com/fullscreen/79272727?access_key=key-2butm7lnefdfy0m1iye7
(これは、新聞本紙に掲載されたグラフなど。いつまでアクセスできるか判らないので、興味がある方は早めの印刷をお勧めします)

 細かい統計の数字などは本文を読んでいただくとして、いくつかの段落を抜粋しておきます。

The British people are becoming less honest and their trust in government and business leaders has fallen to a new low amid fears that the nation is heading for an "integrity crisis".

Lying, having an affair, driving while drunk, having underage sex and buying stolen goods are all more acceptable than they were a decade ago. But people are less tolerant of benefits fraud.

The portrait of a nation increasingly relaxed about "low-level dishonesty" emerges in a major study seen by The Independent. Carried out by the University of Essex, which will today launch Britain's first Centre for the Study of Integrity, it suggests that the "integrity problem" is likely to get worse because young people are more tolerant of dishonest behaviour than the older generation. The new centre will look at issues arising from recent scandals such as phone hacking, MPs' expenses and the banking crisis.

The report's author, Professor Paul Whiteley, who will direct the new centre, believes there might be a "life cycle" effect in which people become more honest as they age. However, he points out that other research suggests people learn honesty or dishonesty in their formative years and this will not change very much as they get older.

"There are reasons to be pessimistic about this, since people tend to acquire their basic political beliefs in adolescence and these do not change very much as they grow older," the report says. "If integrity is anything like political values, then it is likely to decline in future as the norms which sanction such behaviour weaken further. This will be more likely if new cohorts of young people learn to be even more dishonest than at present."

"If social capital is low, and people are suspicious and don't work together, those communities have worse health, worse educational performance, they are less happy and they are less economically developed and entrepreneurial," Professor Whiteley said. "It really does have a profound effect."

The same trend could also deter people from voting, as a sense of civic duty is an important factor in explaining why people take part in elections.

"Individuals with a strong sense of integrity also feel they would be neglecting their duty if they did not vote," says the Essex study.


 この調査で統計が取られているのは、社会を揺るがすような凶悪犯罪等への考え方ではなく、日常生活で起きること、例えば駐車している車に傷をつけたときに届け出るか、履歴書に事実ではないことを書くことは許容されるか、結婚外の関係は許されるか等等。
 調査結果によると、10年前と比べると、イギリス人の"low-level dishonesty" の割合が大きくなり、社会のintegrity(共同性、とでも訳せるかな)の脅威になるであろう、というもの。
 この記事への関心は大きかったようで、ガーディアン、テレグラフ、そしてタイムズまでが後追いの分析記事やコメント記事を掲載していました。
 この記事が掲載されたあとに大きく報道されたのは、国有化され、国民がその負債を税金で負担しているロイヤル・バンク・オブ・スコットランドのCEOへの出来高報酬として100万ポンドのボーナスが払われることにイギリス社会が大きな反発を示したこと。現在のCEOがRBSの破綻を招いたのではなく、請われてCEOになって会社の建て直しをしているのだから彼の報酬を攻撃するのは的外れとする見方もあるでしょう。でなければ、そんな破綻した銀行のトップに無報酬で就任する銀行家なんてこの世界にいるとは思えません。
 このボーナスへの反発は、現在、イギリスだけでなく世界の多くの国が抱える課題、収入格差・生活基準格差の急速、且つ理不尽な拡大が根底にあると思います。でも、こんな100万ポンドのボーナスなんて、ロンドン地下鉄の組合幹部に比べたら可愛いもの、という気がします。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/020833f0c49215ca9f1a9eb4fefe97bb

 力のあるもの、社会への脅威(ロンドン地下鉄の場合は、生活の足のコントロール)へアクセスできるもの、すでに潤沢な資金を持っているものだけが生活を謳歌している社会で、これまで不道徳と思われていたことを気にするのは無意味・無駄と感じる人が増えている状況にイギリス社会ははまりつつあるのかもしれません。それに、こんなことは、イギリスだけではないでしょう。確かスペイン発のニュースだったと思いますが、公共交通機関の運賃を踏み倒す若い世代が増えているという記事を読みました。

 個人的には、「これは次のコラムのいいトピックになるかな」、とまるで他人事のように読んでいました。

 翌26日の午後遅く、ロンドンで、というよりもこれまでの人生で初めて詐欺に引っかかりました。詳しくは書きませんが、詐欺と気づいたときの自分への憤り、どうして気づかなかったんだというself-humiliation。
 これまで何度となく、胡散臭い商品を売りつけられそうになっても、根拠も何もない似非宗教の勧誘を悉く蹴散らしてきたにもかかわらずどうしてこんなことに、という自己分析は仕事柄すぐにしましたとも。
 この日は、プロとしていつになく充実した一日を過ごし、この充実の気分のままもうすぐ仕事を終えて帰宅する。そんな、プロとしてのガードを下ろした一瞬の出来事。詐欺師と面していた時間は1分にも満たなかった。それほど、迅速、且つ乱れのない行為。

 先輩カウンセラーや同僚、そして友人たちから、「怪我しなかっただけでも良かったじゃないか。君が詐欺に引っかかったなんて、本当に驚いたよ。でもね、彼らはプロなんだ。その時に気づかなくて良かったよ。気づいていたら、もっと悪い状況になっていたかもしれないのだから」、と。
 恥ずかしくても、このようなことを自分の中に溜め込まず、さらにそれを無条件で聞いてくれる友人がいることは、なんと幸せなことか。

 こちらの友人たちに書き送った中で、詐欺にあった後、僕自身への最大の課題は、

I have learned quite a lot and will never forget this. The biggest issue in my mind caused by this is: How can I continue to trust people?" I cannot stop trusting the people.

 僕は、社会は「浜の真砂は尽きるとも、世に悪人の数は尽きまじ」だとは思いません。今、この不安定で、先が全く見えない社会で暮らす多くの人々が、調査を実施した研究者の不安とは逆に、マイナスに振れている社会をプラスに戻す流れを作り出すと信じます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.