LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

社会は選別する1:女性を区別し続ける、人間が作ったシステム

2012.02.24
昨年の夏以来、イギリスのメディアで断続的に取り上げられているニュースに、エルサレムでの暴力を伴った女性区別問題があります。区別しようとしているのは、「Ultra Orthodox」とされるユダヤ教信望者の男たち。宗教全般に対して、ややネガティヴなことを書くであろうことを先にお知らせしておきます。

Gender segregation on rise in Israel
http://www.guardian.co.uk/world/feedarticle/9935664

 これが先に気づいた記事ではありませんが、状況を簡潔に書いてあるので。いくつか引用します。

Still, secular Jews there and elsewhere in Israel worry that their lifestyles could be targeted, too, because the ultra-Orthodox population, while still relatively small, is growing significantly. Their high birthrate of about seven children per family is forecast to send their proportion of the population, now estimated at 9 percent, to 15 percent by 2025.

Though categorizing is difficult, it is estimated that about one-quarter of Israel's 6 million Jews are modern Orthodox, another quarter are traditional and the rest secular.
Numbers aside, the ultra-Orthodox wield disproportionate power in Israel's fragmented political system.

Their norms, she said, are "segregation of women and discrimination against them."

Ultra-Orthodox Jews around the world have long frowned upon the mixing of the sexes in their communities, but the attempt to apply this prohibition in public spaces is relatively new in Israel.

Israel's ultra-Orthodox, known for their black garb and flowing sidelocks, began testing gender segregation years ago when ultra-Orthodox men started ordering women on certain bus lines to sit at the back of buses traveling through their neighborhoods.

Some supermarkets in ultra-Orthodox communities, once content to urge women patrons to dress modestly with long-sleeved blouses and long skirts, have now assigned separate hours for men and women ― another practice seen in ultra-Orthodox communities in the U.S. Some health clinics have separate entrances and waiting rooms for men and women.


 僕の理解という限定の中で、さらにかいつまんで書くと、近年、エルサレムで人口を急増させているUltra Orthodoxの男たちが、日常生活の中で女性を締め出すことを進めている。ターゲットになるのは、大人だけでなく子供まで。

The battle of Bet Shemesh
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/oct/31/bet-shemesh-haredi-jews-school

Since the state-funded religious-nationalist school of Orot Girls opened in new premises in September, groups of extreme Haredi men regularly gather at the gates, screaming "whore" and "slut" at the girls and their mothers. The demonstrators say they are dressed "immodestly"; that even girls as young as six should cover their flesh. When staff and pupils returned after recent holidays, they found a stink bomb had been hurled through a glass window, its stench of excrement and rotting fish putting a classroom out of use.

What they do is described as "terrorism". "They instil fear, they use terror tactics," Michal Glatt, the mother of a 10-year-old pupil, says. "Screaming at little girls? What other word is there but terrorism?"

The Haredim are not interested in explaining their grievances or justifying their tactics to the media. But when community activist Rabbi Dov Lipman asked one protester why they were focusing on the way small girls dress, he was told "even an eight-year-old draws my eyes".


8歳の女の子の足に変な気分を起こすのは、女の子の側の問題ではなくて、変な気分を起こすほうの問題だろう!!!

Some of the girls have been traumatised by the demonstrations; there has been a spike in bedwetting and nightmares. Debbie Rosen-Solow, the mother of two daughters at the school, says the Haredi protests had "definitely put a lot of stress on the children". Her six-year-old embarked on her school career believing it was normal to have police cars outside the gates. "You saw the terror on their faces," she says.

Many in the religious-nationalist and secular communities of Bet Shemesh believe the issue of "modesty" masks the crux of the campaign: to drive non-Haredim out of the area. Lipman says the drive to turn Bet Shemesh into a Haredi city could succeed: "After all, who wants their child to be assaulted verbally on a daily basis?"

Lipman sees the events at Orot Girls as "a microcosm of what could happen in this country. At some point they will become a majority; it's a demographic fact. We can embrace the moderates or let the extremists run wild. We have to come down on [the extremists] hard, not let them have control.


Israeli women stand up to gender segregation with musical protest
http://www.guardian.co.uk/world/2011/dec/09/israelis-gender-segregation-musical-protest

 一つ目と二つ目の記事を読んだ直後の素の感想は、「彼らにとって、女性は子供を産むためだけ?」。

 ありていに言えば、僕は「宗教」と名のつくものを理解するための学術的な知識も、生活レヴェルでの積み重ねの双方を全く持っていません。でも、宗教に縛られないという点では、これらの記事を読んだとき、日本で生まれ育って本当に良かったと思いました。
 僕は自分の宗教観を問われたときには、アグノスティクと答えます。I do not know whether God exist or not.無神論者ではないと思っています。なぜなら、神が存在するのかどうかを僕は証明できないから。
 この姿勢は、ユネスコの初代事務局長、ジュリアン・ハックスレィの言葉から影響を受けています。日本語訳の上に孫引きなので、ハックスレィの本意、立花隆さんの意図にはもしかしたら合致しないかもしれないですが、「脳を鍛える(立花隆、新潮社、2000)」にハックスレィの宗教に関する考えが記載されています。

「あの世のこと、死後の生について、私は単にアグノスティクだというまでだ。正直、私にはわからない。生理学や心理学の立場から肉体の存在を離れた霊魂の存在を理解することは、ずいぶん難しい。だが、そうした困難は直ちに反証とはなりえないためである」

「科学の光に照らしてみた宗教とは、決して超越的な神からの啓示といったものではくて、あくまでも人間性の一つの機能なのである。その機能として、なるほど極めて特異かつすこぶる複雑で、時に高尚で、時に嫌らしく、ひじょうに貴重でありながら、往々にして個人や社会の進歩を阻害する。人間性の働きの一つとして、所詮それは、戦ったり恋をしたりする行為、あるいは法律なり文学なり以上でもなければ、それ以下でもない」(P.335)


 素人として僕自身が感じるのは、「宗教」はシステムではないか、ということ。人間が作ったシステムに、どうして人間が縛られなければならないのか。宗教が生み出されたからこそ、今、僕たちの生活を豊かにしてくれる文化、教養、歴史遺産があることは素晴らしいことだと思います。でも、宗教が、そして社会に存在するとても多くのシステムが、特に女性を低く見ていることは納得行かないです。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-490.html

 ということをカソリック信者の友人と議論したとき、システムを悪用、もしくは自分たちの都合のいいように解釈したいと思う人はいつの時代にもそして世界中、どこの国にも居る、ということを友人から。

 日本で知られているかどうかは全くわかりませんが、昨年、イギリス出身の論客でアメリカに帰化したクリストファー・ヒッチンス(Christopher Hitchens)という人が亡くなりました。無神論者として広く知られていたようです。彼の友人の一人は、日本でも人気の高いイギリス人作家、イアン・マキューアン
 ヒッチンスの死の直前、リチャード・ドーキンスと対談し、その全文がNewStatesmanという雑誌に掲載されました。オブザーヴァ本紙にはその抜粋が掲載されていたのですが、ウェブにはないので、替わりにヒッチンスの別の場でのコメントを。

Christopher Hitchens: one man's service in the war against delusion
http://www.guardian.co.uk/books/2011/dec/18/christopher-hitchens-atheism-dawkins-award-speech

 正直、二人の対談の内容は、僕の生活からはかけ離れていることだったので、ほとんど頭に入ってきませんでした。楽しく読めたのは、児童文学者のフィリップ・プルマンによる、「Imaginary friends」というタイトルの文章。これは、科学者としての立場からドーキンスが御伽噺を否定したことへの反論が目的でした。プルマンらしい、とてもよい文章だと思います。児童文学や、古今東西の御伽噺、そして子供たちの豊かな想像力、そして現実とファンタジィの線引きについて興味がある人には面白い内容だと思います。インターネットでは公開されていないようなので、大きな図書館で探してみてください。

 蛇足になるかもしれないですが。そのドーキンス、つい先日、アングリカン・チャーチカンタベリィ大司教と論を戦わせたそうです。

Science vs God: Richard Dawkins takes on Archbishop of Canterbury
http://www.independent.co.uk/news/science/science-vs-god-richard-dawkins-takes-on-archbishop-of-canterbury-7440051.html

Richard Dawkins v Archbishop of Canterbury: how do they compare?
http://www.telegraph.co.uk/news/religion/9102758/Richard-Dawkins-v-Archbishop-of-Canterbury-how-do-they-compare.html

Rowan Williams and Richard Dawkins in Oxford argument
http://www.bbc.co.uk/news/education-17140107


 その2がすぐ続くかどうかは判りません。
関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.