LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

社会は選別する2-1:ロンドンで暮らすことは権利か、特権か

2012.02.28
その1(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1575.html)では、本人が望まない選別にかけられて社会から振り落とされていく、と最近感じていることをやや大きな話題で書いてみました。消化不良も甚だしいですが、このようなことが起きていることを自分のために記録しておきたかったこともあります。
 
 で、現在、自分が住んでいるロンドンの片隅で集めたロンドン、そしてイギリスと言う「社会」でどのようなことが起きているかを。

 土曜日、友人と熱い議論を戦わせた「ロンドンに住むことは特権、それとも権利なのか?」、ということを考え始めたのは、住宅補助大幅削減により、住居の変更を余儀なくされる家族の記事を読んだからです。

Housing benefit cap forces families to leave central London or be homeless
http://www.guardian.co.uk/society/2012/feb/16/housing-benefit-cap-families-central-london

As primary schools struggle to cope with the disruption caused to children, a council officer declares: 'To live in Westminster is a privilege, not a right'

 とても長い記事なので、全文は転載しません。また、イギリス人の友人をして、「住宅費補助政策を役人だって理解しているとは思えない」というほど複雑怪奇なシステムなので、補助政策の歴史については全く判りません。一ついえるのは、住宅費補助額に上限が設けられたことで、家賃の支払いをその補助に頼っていた家族が、ロンドン中心部から離れなければならない状況にあるということ。記事が重荷焦点を絞っているのは、まさにロンドンの中心地、ウェストミンスター区です。僕もその一角に住んでいます。

In Westminster, the borough most affected by the housing benefit cap, some schools could see up to 43% of pupils affected by the reduction in housing benefit, according to the council's preliminary forecasts, and across the borough 17% of primary pupils could be forced to move, internal data suggests.

ウェストミンスター区の試算では、補助費の上限が下げられたことで、同区内の小学生の17%学外への転出を余儀なくされる。
 一つ補足です。記事の最初に出てくる「Gateway primary school」がある地域を、僕はマリルボーンとは言いません。実際にマリルボーンに住んでいる住民からすれば冗談じゃないと思うでしょう。この小学校があるのは、Lisson Groveという通りで、周囲は東京風に言うと、団地が密集している地域。住民の多くはイギリス人労働者階級、そして移民として生活している人が多いと考えます。ウェストミンスター区にもそんな場所があるんです。

Some families have already been forced into B&Bs or homeless hostels because the housing benefit they receive is no longer enough to cover their rent. Charities and local MPs say that over the next year, other families will be forced to leave the area, will crowd into smaller flats, or will try to meet the shortfall in rent by saving on food and heating expenditure.

"It's very disruptive. We put a lot of energy into making sure our children succeed. When families leave, that knowledge of their families, their learning needs is lost," she said. "The whole process is very brutal. The sense of the unknown is very traumatising for everyone."

 親や教師の不安もさることながら、先行きが判らない不安を小学生が抱えなければならない、という現実。

The cap was introduced by the government as a cost-cutting measure, in the context of growing unease about a steep rise in the size of the housing benefit bill. The measure only affects tenants renting flats in the private sector, and not those living in council properties, but with waiting lists for council flats stretching into many years, large numbers of families who are on low incomes currently rely on housing benefit payments to subsidise or cover private rents.
The government has capped all housing benefit payments at £250 a week for a one-bedroom property and a maximum of £400 for a place with four or more bedrooms. Within Westminster, there are almost no three- or four-bedroom flats available within that price range.

 この部分に、実際の補助額についての情報があります。

The philosophy behind the new cap seems to be "if you can't afford to live here, don't expect to live here". "To live in Westminster is a privilege, not a right, because so many people want to live here," a Westminster council press officer explains.
 もし、ここ(ウェストミンスター区)に経済的に住むことができないのなら、住むことを期待するな。ウェストミンスター区に住むことは特権であって、権利ではない。なぜなら、多くの人がここの住みたがっているのだから。

But further pressure on claimants will be felt once the government's planned overall benefit cap at £500 a week is introduced in 2013, making some of Westminster's council homes unaffordable for people with large families, and increasing the proportion of London unaffordable to people on low incomes. The Chartered Institute of Housing warned this year thatthe measures could cause the migration of poor tenants to "benefit ghettoes" in cheaper areas of the country.
 2013年に再び上限が見直されると、ロンドンはますます低所得層の人々が住めなくなる。そのような人々は、イギリス国内の住宅費の安い地域に移住しなければならなくなるだろう。

Westminster has accepted that there will be a 20% reduction of the school population across the borough as a result of these changes.
 これは、僕が最も驚いた発言です。上限額の変更により、区内の生徒の数が2割減ることを受け入れる、と。言い換えれば、子供が減ってもいい。公立学校が減ってもいい、と言っているように感じてなりません。

Westminster's official position is that the measure will save £39m a year, and the area's overall profile will not be radically changed by the policy's implementation because out of the 110,000 homes within the borough, 25,000 are council or housing association-run, and not affected by the change; they deny that the policy will create a Paris-style "doughnut", with poorer people pushed to the city's outskirts. 
 この変更は、もちろん、ウェストミンスター区だけではないです。しかしながら、ウェストミンスターはもともとの家賃が高いから、補助に頼っていた層の人たちがほかの区と比べてかなりはじき出される、と。

Ben Denton, Westminster's strategic director of housing, regeneration and worklessness, said: "Is it fair for the state to provide subsidy for people to live in places that are the most expensive? Is it correct for the state to support anyone to live wherever they want to live? That's the philosophical question. If the answer is, anyone can live anywhere, then the state and the taxpayer has to subsidise that."
 開き直りとも取れる発言。この箇所があったので、友人たちとイギリスにおけるcapitalismとdemocracyについて話したのですが、友人地はこの二つは分けて考えるべきであると。

The family was offered alternative accommodation, seven miles away in Enfield, on the north-eastern edge of London, but refused it, because it would have meant moving both younger children into new schools, at a particularly critical time in her teenager's education.

I'd rather stay here for 10 years than move to Enfield.

 身もふたもない言い方ですが、僕にとってもエンフィールドはまるでthe end of the worldです。でも、ロンドン。
 スコットランド出身の友人、Mはロンドンの生活に疲れてしまい、現在、ロンドンから脱出することを考えています。この、ロンドンに住むことは権利なのか特権なのかをMと議論したときに尋ねたのは、「じゃ、多くの人がロンドンというとき、そのロンドンはどのロンドンなのか?」ということ。エンフィールドに住む友人に言わせると、「私にとってロンドン中心地は、生活の場ではないわ」と。

Azhar's seventh-floor flat is far from luxurious and is clearly overpriced – small, furnished with broken chairs and beds, complete with damp, rotting wood by the bathroom doors, and a faulty oven – it's also very likely that the landlord will be able to fill up the flat with four students or young professionals keen to be in central London, and get more than the capped amount.
 二つ目の記事の内容に関連します。

Helen Jenner, director of children's services for Barking and Dagenham council, said there had been a big influx of families to the borough, which might in part be down to the early effects of the housing benefit cap. The borough is separately experiencing a rise in the birth rate, but also expects to see many more families move in over the next year.
 昨年だったか、ある映画の舞台になったダゲナム。個人的には、行けといわれても絶対に行きたくないところですが、ロンドン五輪会場からは目と鼻の先、のはず。

Romin Sutherland from Z2K has been advising families that they need to think about the next stage of benefit cuts when they think about leaving their homes, so that they do not find themselves moving a couple of miles out of Westminster this year, only to be forced by the overall benefit cap to move out further in 18 months. He and colleagues were telling families to think open-mindedly about "life beyond London" in other cities, such as Manchester.
"We don't want people to move to Wembley and then find that they can't afford to stay there either. This is the first wave of a tsunami, and the second wave will come with the overall benefit cap," he said.

 補助金削減は今回が最後ではない。今後も続く。補助金が減るたびにロンドンを点々とするよりも、「ロンドン以外で暮らすこと」を考えて欲しい。

 この記事の趣旨は、連立政権が進める補助額削減を批判しているわけではなく、こんなことが起きているよ、とのトーンを貫いていると思います。
 考えることが二つ。まず、なんて自分は幸運なんだろうと。そして、ロンドンという都市、いつの間にこんな風になってしまったのだろう。行政が変えたのか、それとも人々の欲望か。

 ロンドンの住環境に翻弄されるのは、社会福祉に頼っている人だけではありません。

Forty and flatsharing in London
http://www.thisislondon.co.uk/lifestyle/article-23992475-forty-and-flatsharing-in-london.do

 2011年の記事です。大学を出て、また修士をとっても、自分ひとりの収入では、ロンドンで家やフラット購入なんて夢のまた夢、しかも自分ひとりの収入ではロンドン中心地の狭いフラットすら借りられない40代半ばの人が増えている、というもの。

 どうして人はロンドンに住みたがるのか?どうしてロンドンは人を選ぶのか?

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

最初に、英文記事をキチンと読みこむ余裕が無い中でコメントしていることをお許し下さい。

とても考えさせられる内容、興味深かったです。

悲しいかな、ロンドンに住むことは特権になりつつあるのかもしれません。
東京でも、家屋の相続税が払えない、固定資産税が払えない、などで代々住み続けた家を手放す人は多いと聞きますが

ロンドンの場合、代々住み続けた持家ではなく
政府から受ける援助でフラットを借りている人が
今回こういう憂き目に会っているということで

本音の本音で言ってしまうと「それはしょうがないのでは」と。

東京で、「私だって白金高輪に住みたい」「誰だって住む白金高輪に権利がある」と、政府から例えばアパートやマンションの家賃補助が出るとしたら
日本人も相当の違和感を感じると思いますし。

ただ、ロンドンの場合は今までそういうことを許して来て、今になって追い出すような状況になってるという点で
巻き込まれる人が多過ぎる、特に子供達は…というところで、問題が大きいとは思いますが。

それと、今回追い出されそうな立場の、低所得でロンドンに住んできた人たち、の事情は、
「他の地域では職が見つからないから」というのが大きいと思うので
私はそっちの問題を政府として何とかしていくことを考えないと、どうにもならないと思います…
2012.03.05 Mon 10:17 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

すみません、訂正
>「誰だって住む白金高輪に権利がある」

「誰だって白金高輪に住む権利がある」

それと、先のコメントは、英文記事をキチンと読み込む余裕はなかったものの
「社会は選別する」シリーズ全編を読んでから、このページに特に興味があったのでかき込みました。
2012.03.05 Mon 12:00 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 全部読んでいただいて、ありがとうございます。時間をかけてきちんと書けば良いものを、せっかちなので一気に書いたら、終わりが尻すぼみになってしまいました。

 仰るように、子供の教育の、特に持続性と就職の機会の有無が、現在、多くの人がロンドンにとどまりたいと思わせているように僕も思います。2-2で引用した記事にありますが、転居した地域で思うような仕事に就けないから、長時間の通勤と引き換えに仕事を続ける、という現状がその一例ではないでしょうか。

 暮らしていて嫌なこともあれど、僕はロンドンのこのごった煮のような雰囲気が好きです。でも、集中しすぎかなと思います。それこそ、中央政府機能をスコットランドに明日にでも移管してしまえば、UK分裂の危機は少し緩和するかもしれないし、人口も分散するでしょう。ロンドンは経済の中心として機能していくでしょうし。
 キャメロンがいなくなっても、ロンドンは十分にサヴァイヴすると思います。
2012.03.06 Tue 07:01 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

2-2の、超長距離通勤のお話に出てくる「層」の方々は、多分、まだ資格とか分野がハッキリしていて
「キャリア上ロンドンが良い」という事情があるのだと想像するのですが

ロンドンの低所得層の人たちが就いている職種というのが
地方ではなかなか難しいのではないか…と思ったりします。
すでに地方のコミュニティ内でパイが埋まっている、というか。

前者は、特に専門職であれば地方では人材が足りなかったりして、案外仕事が無いわけではないが
後者は本当にガクっと仕事に就ける確率が下がるのでは、と。

首都機能をある程度移管してしまうというのも、考える時期なのかもしれないですね。
スコットランドに移すなんて、超画期的なアイデアですが、確かに、それをやればUK分裂の危機も回避出来たりして!
2012.03.07 Wed 10:09 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 転載できないタイムズのインタヴューの中で、「この長距離通勤はCVのため」と言っていた男性がいました。

 仰るとおり、定職層の人たちがつけるであろう、例えばマニュアル職種はすでにいっぱい、もしくは不況で真っ先に切られるであろう職種でしょうから、ロンドン以外の土地でどれだけの確率で職につけるか判らない状況では、不安が先行するでしょうね。

 中央政府機構の異説は、四の五の言わないで「明日から」すぐにやれば良いのではと思います。ほかのことは後から考えても問題ないでしょう。
2012.03.09 Fri 07:35 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.