LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

タマラ・ロホ、イングリッシュ・ナショナル・バレエの芸術監督に就任

2012.04.15
先週、ロンドンのバレエ・ファンの方々のブログで取り上げられていた、タマラ・ロホがイングリッシュ・ナショナル・バレエの芸術監督になるとのニュースが、木曜日に正式に発表になった。

Tamara Rojo to be artistic director of English National Ballet
http://www.guardian.co.uk/stage/2012/apr/13/tamara-rojo-joins-english-national-ballet
Successor to Wayne Eagling, prima ballerina at Royal Ballet says she is 'excited and scared' and promises to keep dancing

Tamara Rojo: born under a dancing star
http://www.guardian.co.uk/theobserver/2012/apr/15/observer-profile-tamara-rojo-english-national-ballet
The extraordinarily talented, fiercely driven and sometimes controversial ballerina has just been appointed artistic director of English National Ballet. Can she successfully combine her two roles?

 双方の記事からでは、ロホも芸術監督に就任後も踊りは続けたいような印象がある。サポートと理解があればできるかもしれない。でも、ツアーが多いバレエ・カンパニーの芸術監督という立場はそれほど甘いものでもないだろう。二つ目の記事を読むと、ロイヤル・バレエの監督になることはあきらめていないようだ。

 予定をなんとしても調整して、5月の「リーズの結婚」と未見の「パゴダの王子」だけは観に行かなければ。チケット、まだあるのかな?

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.