LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

鵞鳥の卵2

2012.05.05


 ファーマーズ・マーケットのジャガイモ屋から購入した鵞鳥の卵と、オーガニック食品店で購入した普通の卵。黄身の大きさが違うのは当然として、色の濃さの違いは歴然。少なくとも、新鮮な緑の草を食べているからだろう。聞いたところでは、魚粉などが与えられていると、色が断然薄いらしい。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1639.html

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- Miklos

こんばんは。ハンガリーでは鶏の餌に地元名産のパプリカ粉を混ぜ込んで育てるので、まさに右の鵞鳥の卵みたいに黄身の濃い鶏卵が普通でした。一方で、イギリスの鶏卵は逆に極端に色が薄いですよね。 日本の鶏卵よりずっと薄いです。昔、初めてイギリスに来たとき、朝食のスクランブルエッグの色があまりに白いので、白身だけで作るとは何てケチくさい、と思ってしまいました。
2012.05.09 Wed 21:59 URL [ Edit ]

- 守屋

Miklos さん

 こんばんは。僕は卵はできるだけマーケットで買うようにしています。でも、きらしたりしてスーパーの「オーガニック」をたまに買うと、黄身の色の薄さに驚きます。イギリスでも田舎に行くとおいしい卵に出会えますよ。
2012.05.10 Thu 19:27 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.