LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

不思議のイングランド:市長は選挙で選ばれない

2012.05.15
なんだか、既に半年前に起きたことのように思えますが、5月3日に行われたイギリスの地方選挙。現連立政権の大敗北や、激戦だったボリス・ジョンソン市長の再選等の話題は日本でもかなり報道されました。
 おそらく日本では、さらに例えばほかの英語圏でも報道されたのかどうか全く判りませんが、この地方選とともにもう一つ興味深い一般投票が、イングランドの10都市でありました。それは、今後その都市の市長をロンドンと同じように投票で選ぶかどうかというものでした。結果として、マンチェスターやバーミンガムなどの九つの都市で、住民は市長を選挙で選ぶことを拒否しました。

Voters reject David Cameron's elected mayors plan
http://www.telegraph.co.uk/news/politics/9246268/Voters-reject-David-Camerons-elected-mayors-plan.html

Cities vote against having elected mayors
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/may/04/cities-vote-against-elected-mayors

Cities vote against having elected mayors
http://www.guardian.co.uk/politics/2012/may/04/cities-vote-against-elected-mayors


 リンクしたすべての記事は、投票率と状況説明だけなので翻訳しません。なぜこのことを書いているかというと、個人的にとても驚いたからです。今回の一般投票の結果の記事を読むまで、疑うことも無く「世界中どこでも区長、市長、村長等々は民意による選挙で選ばれるもの」と思っていたからです。
 迂闊なことこの上ないですが、そういえばウェストミンスター区長選挙であるとか、バーミンガム市長選挙等の報道を聞いたことありませんでした。
 共同通信社のニュース解説部分にロンドン市長が選挙で選ばれることになったのですら、2000年からであると。

ロンドン市長に保守党の現職再選 返り咲き狙う労働党破り
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012050501001114.html

ロンドン市長(2008年4月29日)ロ ンドン首都圏(32行政区と金融街シティー、人口約750万人)の交通、治安、都市計画、文化政策などの行政権を掌握する。任期は4年。年間の予算規模は 約110億ポンド(約2兆2770億円)。2000年に英国初の公選市長としてポストが設置された。金融街シティーには名誉職的な色合いの濃い“市長” (ロード・メーヤー)がいるが、別の役職。(ロンドン共同)

 テレグラフとガーディアンの記事に書かれているように、この「市長が選挙で選ばれる」ことを望んだのはキャメロン。この結果は、地方議会で大量に議席を失った保守党の党首としては、ダブル・ブローだったようです。記事を読む限りでは、どうして彼が「市長選」を望んだのかは、よくわかりません。
 イングランドの地方行政、地方議会政治について全く知らなかったことを学びました。10年暮らしても知らないことはたくさんあります。同時に、日本では普通に行われる知事選であるとか市長選は、いつ、どのように、どこから始まったのかとの疑問。民主主義って、一つのスタイルではないように思い始めました。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.