LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

エリザベス女王にはマントがよく似合う

2012.06.05
Cecil_Beaton_Queen_Elizabeth_II_1968.jpg
セシル・ビートンによるもの。

annie-leibovitz.jpg
アニィ・レイボヴィッツ撮影。

article-2154539-137331D7000005DC-190_964x583.jpg
6月4日のジュビリィ・コンサートで(デイリィ・メイルから拝借)。

 エリザベス女王の物持ちの良さはこれまでも何度も目にしている。その中でも、このマントは彼女によく似合っていると思うので、昨晩のコンサートでこれを羽織っている写真を見つけたときはなんか感慨に耽ってしまった。

 フィリップさんが入院してしまってエリザベス女王はどんな想いだったかは誰にも判らないだろう。報道写真で見る限り残念そうな表情は全く見つけられない。今日が終われば、少しでも休める時間がありますように。


'Thanks for making us all so proud to be British': Prince Charles pays moving and personal tribute to 'Mummy' the Queen at spectacular Buckingham Palace Diamond Jubilee Concert
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2154539/Queens-Diamond-Jubilee-2012-concert-Cheryl-Cole-dazzles-elegant-strapless-gown-dramatic-fishtail-takes-stage-Gary-Barlow-Buckingham-Palace.html

Why were the Queen and Prince Philip left to shiver in the rain for FOUR hours?
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2154656/Diamond-Jubilee-2012-Why-Queen-Prince-Philip-left-shiver-rain-FOUR-hours.html
 3日のパジェントで、女王夫妻が4時間も風雨の中、立ったままだったかを。

The Queen entertained by pop royalty at diamond jubilee concert – in pictures
http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2012/jun/04/queen-diamond-jubilee-queen-s-diamond-jubilee-concert

 これは、ガーディアンが自分たちの存在意義を忘れていないことの証明か。パジェントの裏で、失業中の若者たちがただ働きさせられていた、という報道。ちなみに、パジェントにかかった費用は£1200万。
Unemployed bussed in to steward river pageant
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jun/04/jubilee-pageant-unemployed
 
 王室廃止を訴えるグループにとっては、女王が直接かかわっていないとはいえ、またとない報道。いつも思うことだけど、キャメロンの脇の甘さはひどすぎる。このような非人道的な企業を、若者層の失業対策のアウトソーシングとして採用する時の基準を公にすべきだろう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

ジュビリー・コンサート、私も一時間程見ましたが、その間、女王は一度も笑顔を見せませんでした。
ぎゅっとへの字に曲げた口、不機嫌にすら見える顔に、ちょっと同情を覚えた程です。

女王が登場したのは私たちが番組を見始めた9時過ぎで、それまでフィリップさんの入院騒ぎなどで大変だったのではないか、
昨日までのイベントだけでも疲労困憊なのではないか、と。

だって、どう考えたって疲れますよ、昨日のイベントだけでも。
私たちは10時過ぎには「もう寝よう」と寝室に上がってしまいましたが
ただTV見てるだけの私らが、10時には疲れて寝るってのに
女王はその場でキリっとした姿で、あまり興味も無いであろう、そしてかなり煩い、ポップ・イベントを見続けなくてはならないのは、あの年齢では酷だな…なんて思ってしまった。
本当に、すごいプロ意識です。

進行役の1人(コメディアン?)が、チャールズ皇太子のモノマネを、本人の前でやっちゃったのは笑ってしまいましたが。
チャールズ皇太子が、このコンサートの海賊版DVDを街角で売る、っていうコンセプトで
「キッチリ3ポンド、小銭用意して下さいよ。余はそのような類いの小銭は所持しないのであるから。(お釣りを出したくてもそんな小銭は余の身分では縁がないもので、というニュアンス)」
とやってました。
これを見て、チャールズ皇太子本人が前方に崩れるように笑い転げてました。
2012.06.05 Tue 09:28 URL [ Edit ]

- fumie

TVをつけたら、ちょうどセレモニー最後のバッキンガムでの航空ショーの中継をやっていて、つい、また見てしまいました。

フィリップ殿下の入院のニュースにはびっくり、やはりお疲れが出たのでしょうか・・・。
女王陛下もご心痛でしょうに、そんな様子をまったくみせずにきりっと、でも終始微笑みを浮かべていらっしゃいましたね。さすが。

女王陛下の物持ちのよさは、こちらのメディアでもしばしば報道されます。この美徳は、イタリア人にはなかなか通じないのだろうな~と思いつつ、気になって見てしまいます。
2012.06.05 Tue 14:42 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 僕にとっても、コンサートの出演者のリストには全く魅力を感じません。あの場所にずっと居ろといわれてもいやです。イギリスを代表する音楽とは思えなかったです。
 最近新譜を出したらしいモノクローム・セットとか、The Cureとかエコ・バニ、著名なところでピーター・ゲイブリエルあたりが出演していたら女王も少しは楽しめたかな、と。

 チャールズ皇太子のあのウィットのセンスは結構いいと思います。彼もイギリスのためにはとてもよく働いていると思います。
2012.06.06 Wed 18:27 URL [ Edit ]

- 守屋

fumie さん

 今秋の日曜日に91歳になる方には、たとえ本人の意思だったそうですが、あの寒い日にテムズを走る船の上で立ったまま4時間というのは厳しかったと思います。大事にならなかったようで、女王も安心していることでしょう。

 エリザベス女王のあの物持ちの良さは、もっと評価されるべきだと思います。多くの人の関心を集めるあの立場にあって、染め直したり、刺繍をかえたりしてずっと着続けるというのは周りが思う以上に努力が必要だとも思います。
2012.06.06 Wed 18:32 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.