LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

イギリスの菜の花畑が、日本人観光客に人気

2012.06.07
Oilseed.jpg

5月下旬に、BBCがどうしてイギリスで菜の花畑が増えているのか?、というニュースを報道した。

Who what why: Why is there more oilseed rape being grown?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-18249840

 5月に入ると、少なくともイングランド多くの田園地帯が菜の花で鮮やかな黄色に染まる。近くで観ても、遠くからみても本当に鮮やかで、緑の畑とのコントラストが美しい。晴天では、さらに輝きが増す。

 で、そんな菜の花畑が日本からイギリスを訪れる観光客に人気になっているということを、テレグラフが取り上げた。

Japanese tourists flocking to visit the UK’s rapeseed fields
http://www.telegraph.co.uk/earth/earthnews/9306348/Japanese-tourists-flocking-to-visit-the-UKs-rapeseed-fields.html

It could be any Japanese coach trip to Britain- except that this stop is to see the brilliant yellow of fields of rapeseed.

The unlikely attraction is proving such a hit with Japanese tourists that a holiday company has started offering tours of the UK’s rapeseed fields.

The firm started the tours after noticing how passengers on some of its coach trips would cram to the windows when passing the dazzling yellow fields to take photographs.

It now offers trips to East Lodge Farm on the Gloucestershire – Worcestershire border, where visitors are allowed to walk among the crop.

The tours are already proving popular. The target number of 20 farm visits this summer will be exceeded and 70 are planned for next year.

This year has seen record levels of the crop cultivated in Britain, as a result of growing global demand.

Around 735,000 hectares are being grown this year – up six per cent on last year – and it now covers around 17 per cent of the UK’s arable farmland.

Charlie Beldam, who runs the rapeseed operation at East Lodge, growing the crops on around a quarter of the farm’s 4,000 acres, said: “We’ve always had English pastures green and there is no denying that rapeseed is very vibrant and eye-catching.

“You still get people who say it scars the landscape but maybe that is changing a bit. It can be quite picturesque.

“People here in England have probably got used to seeing the crop but for Japanese people it’s something that’s very different and they consider the flowers to be very beautiful.”

Each coach load – which usually has 49 tourists on board – is charged £49 by the farm. After a walk in the fields, the visitors are given a tour of the farm’s press and bottling site, where the crop is made into oil for the table.

They then return to the bus to continue a tour of the region’s more traditional tourist destinations, such as Stratford-upon-Avon and Oxford.

It is part of a six day coach trip oraganised by, Miki Travel,that also takes them to Windermere, in the Lake District, Haworth, in West Yorkshire – known for its association with the Bronte Sisters – Chester, Liverpool, the Potteries and London.

Ikuo Shibuya, director of Miki Travel, said: “We tell people the UK is a very colourful country. We wanted to do away with the grey, rainy image.

That is the image that people have had of Britain, although that is now changing.

“People are showing great interest in this tour. They like to come to England for the natural beauty now.”

The tours have a limited time frame, though, as the yellow flowers drop off around this time of year. However, after a gap of around three weeks, the visits will resume – when the farm’s linseed crop sprouts its blue flowers.


 記事にある通り、観られる期間は限られているけど、それでも5月上旬の2週間はイギリスのどこかで観られると思う。

 火曜日にキュー・ガーデンズに行ったら薔薇がそろそろ咲き始めていた。友人によると、リージェンツ・パークでもバラ園の満開が近いとのこと。天気がよければ言うこと無いけど、6月はイギリスが花々で輝く季節。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ひまわりも - Miklos

目の前一面に広がる菜の花畑、いいですよね。ヨーロッパならではの風景です。たいがいはドライブ中なので、あまりゆっくり見る余裕がないのが残念です。ハンガリーやクロアチアなどの東欧方面だと、菜の花もさることながら、目の前一面に広がるひまわり畑が郊外に行くとよく見かけて、花が大きくてワイルドなだけに、さらに圧巻でした。伸びに伸びたひまわりが夏を過ぎて一斉に大きな首をうなだれ黒ずんでいる光景も、侘しさを醸して忘れ難いイメージです。
2012.06.07 Thu 22:44 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

スコットランドだったら、五月上旬と言わず、今でも余裕で見られます、イングランドで見逃した方はスコットランドへ!

たまに「二毛作」なのか(?)、秋に咲いてるのも見たことがあるような。

Miklos様の書かれている、ひまわりの話、映画「ひまわり」を思い出しますね。(筋はもう覚えてないけど)
大輪で華やかだけど、なぜか侘しさ無常感を感じさせられる風景。
自分がすごく小さく見えてくるのだろうなあ、と。
2012.06.08 Fri 07:35 URL [ Edit ]

- かんとく

ちなみにこの写真はどこですか?
3週間前に菜の花畑の中を横断するWalkingを体験しました。また、アップします。
2012.06.09 Sat 23:39 URL [ Edit ]

- 守屋

Miklos さん

>たいがいはドライブ中なので
 そう、近づくのが結構難しいんですよね。車窓から見つけてあの菜の花畑に近づこと思っても、延々回り道になってあきらめるということが過去に何度かありました。
 
 クロアチアの枯れたヒマワリの画像を探してみたんですが、見つけられませんでした。観てみたいものです。
2012.06.10 Sun 06:15 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 リンクした記事によると、イギリスを含むヨーロッパでは栽培が急増しているそうです。スコットランドでも、外部からの需要が増えているのかも。菜の花の黄色の後にヘザーの紫というのはいいでしょうね。

 「アタゴオル」で広く知られる、ますむらひろし さんの作品に「アンダルシア姫」というのがあります。舞台はスペインですが、描かれるひまわりにはどこか淋しげな雰囲気があります。
2012.06.10 Sun 06:20 URL [ Edit ]

- 守屋

かんとく さん

 ネットで見つけたのですが、Wiltshireのどこかだったはずです。体験記と写真、楽しみにしています。
2012.06.10 Sun 06:22 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.