LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

A view from St Martins

2012.06.27
DSCN1949.jpg

16年前は、シリィ諸島に到達できることが目的でした。ホテルのあるSt Martins島に着くまで情報は全くありませんでした。そのような状況で、丘の上から見た大西洋の青さ。大西洋を初めて見たときの感慨を再び感じたいとずっと思っていました。

 今回、天気は最悪ではないもののずっと曇り。でも、島の魅力は全く色褪せることなく。

 僕自身、島巡りをたくさん経験している訳ではないですが、離島未経験の方には勧めないです。いろいろな意味でリスクが大きすぎるから。でも、島巡りの魅力とそのリスクを理解している人には楽しいかもしれないです。

DSCN1952.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- かんとく

守屋さん
行きたくてもなかなか行けないところですよね。どんなリスクがあったか、また教えてください。天気がもう少し良ければいいですね。
2012.06.28 Thu 06:13 URL [ Edit ]

- 守屋

かんとく さん

 おはようございます。昨日、戻りました。

 ロンドンからだと行くこと自体は難しくないと思いますが、交通手段の調整や宿泊先を見つけるのがほかと比べると厄介かもしれません。僕が思う「リスク」については、後でまとめるつもりです。
2012.07.01 Sun 05:55 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.