LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

女性はエコノミィ・クラス、男性はビジネス:五輪の性差別

2012.07.22
木曜日、ガーディアン本紙3面に大きく掲載されたのは、日本とオーストラリアはロンドン・オリンピックに派遣する選手を性別でその待遇に差を付けているというのものだった。

London 2012: Japan, Australia and organisers face sexism claims
http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/19/london-2012-japan-australia-sexism

When boarding an aeroplane en route to compete at the Olympics, turn left if you're a man, turn right if you're a woman.

Those, at least, would seem to be the tacit instructions issued by two international Olympic delegations this week, after it emerged that the bosses of Japan's football squad and Australia's basketball teams had booked their male competitors into business class seats to fly to the Games, while their female athletes travelled in economy.

"I guess it should have been the other way around," Homare Sawa, the star of Japan's women's football team and Fifa's 2011 world player of the year, told journalists, adding: "Even just in terms of age, we are senior." The women's team, the current world champions, were feted after their victory in Germany last year for bringing hope to a nation still reeling from the tsunami in which 20,000 people died.

The team, known as Nadeshiko, secured lucrative commercial deals, made numerous TV appearances and became the first sports team to receive the people's honour award from the government.

But despite being talked about as gold medal prospects in London, while the less successful men's team are not expected to ascend the podium, the female athletes found themselves in cramped economy seats while their male counterparts relaxed in business class.


 上に引用したのは日本のサッカー選手への待遇の差だけど、オーストラリアはバスケット・ボールの選手たちに同様の待遇差を適用したとのこと。日本の男子サッカーのメンバー、自分たちから「これはおかしい。僕たちがエコノミィが行くべきです」と申し出て実行したら、株が上がったかも。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- メリベル

本当ですね。そのようにサッカーの男子選手が申し出たら本当カッコよかったのに。

性差別は普段何気なく感じるときがありますが、仕方のないことかな、と最近割り切っています。だって昔より全然いいのかも。女性にとってはだいぶ住みやすくなったと思います‥。
2012.07.22 Sun 08:34 URL [ Edit ]

- 守屋

メリベル さん

 このことを、日本在住の友人(外国人です)と話したとき、友人曰く、男性チームと女性チームそれぞれにつけられて予算が違うかららしいと聞きました。どうして予算が違うのか、というところから始めるべきですね。

 昔より良いのでしょうか?僕は女性に押し付けられているプレッシャーは、最近の方が昔よりずっと厳しいと感じることがあります。これは、日本だけに限らないと思いますが。
2012.07.22 Sun 18:08 URL [ Edit ]

- Miklos

この問題「男女差別」という切り口で報道されていて、それは真実の一面を反映しているとは私も思うのですが、サッカー日本代表の男女で待遇が違うのは、単純に「男子のほうが圧倒的に稼ぐ(商品価値が高い)」からではないんでしょうか。女子のW杯優勝に対して男子はW杯では決勝トーナメントで未だ勝ち星なし、という現実を前にしても、それはそうでしょうし、サッカーの男女待遇差は多分イギリスでも全く同じかと。

男女含めて最年長の澤選手の発言、私が日本のニュースソースで読んだ限りでは、「女子のほうが年いってんだから譲ってくれてもいいんじゃない?」という、協会への皮肉も交えた自虐的ジョークだったと受け止めたんですが、英語になるとずいぶんシリアスに響きますね。彼女らも今回はエコノミーとは言ってもプレミアムエコノミーだったから、私の出張と比べたらいくぶんは快適だっただろうと思います。もうイギリスにきちゃいましたけど、若い男子がW杯チャンピオンに席を譲ったらかっこよかったのに、というのは私も同感。
2012.07.22 Sun 23:31 URL [ Edit ]

- 守屋

Miklos さん

 僕はこの記事を読んだとき、澤選手の発言は外国メディアのみにしたものだからこそ、ここまでフランクなのだと思いました。仰るように、英語だと「自虐」の雰囲気はみじんも無いですね。

 男子のほうが稼ぐというのは、スポンサーがつくということなのだと推察します。だとすると、そこにはスポンサーがスポーツ選手の性別でスポンサー料を振り分ける「待遇差」を感じてしまいます。でも、日本だけではないですよね。
2012.07.23 Mon 20:25 URL [ Edit ]

管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.07.25 Wed 04:51 [ Edit ]

- 守屋

コメントをくださった方へ

 コメント、ありがとうございます。

 一つだけ。国外のメディアにとって、重箱をつつくことの方が読者の興味を惹くこともあるんです。僕が取り上げて書いていることだって、さしてかわらないですから。
2012.07.26 Thu 20:04 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.