LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

鮨徹:Sushi Tetsu @ クラーケンウェル、ロンドン

2012.08.01
DSCN2755.jpg

オリンピックは横において、食べ物屋の情報です。

 7月29日のオブザァヴァー紙の雑誌のレストラン・レヴューセクションで、ロンドンの新しい鮨屋が紹介されていました。

http://www.sushitetsu.co.uk/

 常日頃は、このレストラン・クリティクはとても厳しくて手放しで誉めることは余りないのですが、出だしからとても好意的でした。

Restaurant review: Sushi Tetsu, London EC1
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2012/jul/29/jay-rayner-restaurant-review-sushi-tetsu

Classic, unpretentious and dizzyingly good… London's tiny Sushi Tetsu is a shrine to the best of Japanese food

 昨年も、イギリス人フード・クリティクが高く評価していた寿司屋がよかったので(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1367.html)、オブザァヴァーを読んでいるイギリス人が殺到する前に試そうと思い電話したところ、既に8月下旬までは週末の夜は予約でいっぱい。昼も既に埋まりつつあるということでスケジュールを調整してお昼に行ってきました。

 レヴューに書かれているように、中は小さいですが、カナダから取り寄せたらしいテイブルが美しく、かつ清潔で「寿司屋に来たな」という気分が盛り上がりました。
 ご主人に伺ったところ、5週間前から営業を始めたそうです。場所は、日本人も多く訪れるモダン・パントリィの脇の小さな通りを入ったところ。こんなところに、日本人寿司職人によるきちんとした寿司を出すレストランがあるなんて、多くの人は思わないであろう場所です。
 予約したときは訊かなくて、でもそうだろうと予想していた通り、客の多くはイギリス人。僕が行ったときは、日本人は僕だけでした。ご主人と奥さんが作り出す空間が気持ちのよいのもありますが、集まるお客さんの多くが目の前で握られる寿司を「珍しい食材」という視線でなく、「この寿司を早く味わいたい」という期待を持って待ち受けているのがとても心地よかったです。

 今のところ、客の多くは既に日本食材を何度も経験していて、かつ日本に行って通り一遍以上の食を経験している人が多いようでした。隣り合わせたイギリス人の男性は、今年の3月から4月にかけてひと月日本に滞在し、東京、金沢、高山、高野山、京都、大阪、広島、長崎を回ってきたそうです。
 初めて日本に行ったという割に、例えば世田谷区奥沢にあるマグロで有名な「入船寿司」に行ったとか日本初体験とは思えない食事処まで行っているので、どうやって情報を集めたのか尋ねたところ、こともなげに「食べログだよ」、と。
 食べログに英語ヴァージョンなんてあったかといぶかしく思っていたら、続けて「グーグルの翻訳で大体の情報は判ったからね」、とのことでした。

 お寿司は、大変おいしかったです。日本ではないですから、満腹になるまでなんて食べたらお財布が憤死するかもしれないですが、たまに、目の前で握られる寿司を食べたいときには、うってつけの寿司屋だと思います。
 一つ気をつけるとすれば、時間。握り始める前にご主人から「ちょっと時間がかかるかもしれないですが」との通り、すべてを一人でこなすために、思っているより長めの食事時間になるかもしれないです。夜はともかく、急いでささっとランチにお寿司をつまみたい、というのは難しいかもしれないです。

 ついでに、最近、ロンドンのブログ仲間の方から教えてもらったレストランを。レスター・スクウェアにあるイタリアンと、パディントン駅から至近にあるマレーシア料理のレストラン。

Sartori
http://www.toptable.co.uk/sartori?refid=ppc_ggl&ref=4220&sp=ttgoogleppc&gclid=CPnIqaPfxrECFSgntAodM3gA8Q

Satay House
http://www.satay-house.co.uk/

 どちらも多勢で行くといろいろなメニューを試せると思います。また、イタリアンの方は、遅くまでランチ・メニューを提供しているのもお得です。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- メリベル

ロンドンでお寿司!昔パリで天丼を食べたような感覚でしょうか☆
いつか入ってみたいです☆
2012.08.03 Fri 22:14 URL [ Edit ]

- 守屋

メリベル さん

 昨晩、あるパーティで立食の日本食だったのですが、そのクォリティに感心しました。10年前、20年前とは隔世の感があるのではと思います。
2012.08.04 Sat 06:48 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.