LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

7/7 で大怪我を負った男性に国外退去の危機:国籍に優劣?!

2012.09.04
オリンピックス、パラリンピックスは好天に恵まれたものの、春先の大雨による洪水、そしてその洪水による二次災害の影響はけっこう甚大らしいイングランド。

 先日のポストで少し触れたニュースは、2005年7月7日の同時爆発テロに巻き込まれ大けがを負い、その写真が世界中を駆け巡った「インド生まれの白人イギリス男性」が、イギリス国境局の方針で国外退去になる危機に直面しているというものです。

July 7 survivor faces deportation from Britain
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/immigration/9514323/July-7-survivor-faces-deportation-from-Britain.html

Prof John Tulloch, 7/7 London bomb survivor, fights to stay in UK
http://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-19455691

 おそらく、多くのイギリス人ですら理解できないであろうことを、たかだか10余年しかイギリスで暮らしていない僕が理解できることではありません。全く理解できない点を、テレグラフから。

What makes Prof Tulloch’s plight so hurtful to him is that it is a direct consequence of his family’s very service to this country.

He was born to a British Army officer in pre-independence India. Unknown to him, this conferred a lesser form of British nationality known as a “British subject without citizenship”.

He was, he says, never told about this status and was issued with a British passport in the normal way.

“Neither I nor my parents ever received information from the Government that this was somehow an inferior passport,” he said. “In particular, the passport itself explicitly said that you could take out dual nationality without risking your British nationality.”


 第二次世界大戦中に、インドに赴任していた両親の元、インドで生まれた彼のステイタスは、British subject without citizenshipであると。市民権のないイギリス人、って差別ではないんですかね。

 真っ先に取り上げたテレグラフやデイリィ・メイルの読者によるコメント欄では、イギリスの大学を卒業後、オーストラリアで職に就き、そこで市民権を獲得したのだから当然だ、という意見もあります。また、国境局による、

“It is the responsibility of an individual to check that they will not lose a previously acquired nationality or citizenship on acquiring an additional one.”

これが正論なんでしょう、移民法からすれば。でも、イギリスって、こんな国なのかとの思いが湧き上るのは止められません。テレグラフの記事の後半では、テロリストとして収監されてなお、母国に強制送還すると命が脅かされる危険があるとしてイギリス国内にいることを許されている外国人犯罪者との対比が書かれています。

The Tulloch family’s service to the country might seem to qualify them for special treatment. In fact, it causes them to be treated worse than anyone else.

Indeed, as British immigration law stands, Prof Tulloch would almost certainly have more chance of staying here if he had been a perpetrator, rather than a victim, of terrorism.

Last year, Ismail Abdurahman, a Somali convicted of providing a safe house for the would-be 21/7 bomber, Hussain Osman, was excused deportation after serving his prison sentence on the grounds that his human rights would be at risk if he was returned to Somalia.

Abdurahman is one of at least 11 convicted foreign-born terrorists allowed to remain in the UK under such provisions.


 彼がテロリストだったら、もっとましな扱いを受けたことだろう、と。

 ロンドン・メトロポリタン大学から学生ヴィザ発行のスポンサー資格剥奪のニュースと前後して、2011年度のイギリスの移民統計が発表されました。イギリス国外へ移民するイギリス人の数が2010年度を上回ったそうです。イギリス国外への移住を決めたイギリス人のグループがどのようなグループなのかは判りません。いろいろな要因を知らないまま僕の偏見を交えて書くと、仮にこの移住グループの大半が「生粋」のイギリス人だとしたら、イギリスという国は、自国を誰のための、どのような国にしたいのか、という疑問が渦巻きます。

 イギリスはアフタヌーン・ティーとキャスだけの国ではない、ということです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.