LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Seeking Silence in a Noisy World: 静寂を求めて

2012.09.21
seeking-silence-in-a-noisy-world-1-seeking-silence-976x976.jpg

友人から、時間が空いたときに読むと良いかもと薦められた本。騒がしい現在の社会を生きていく中で、静寂の中に自分をおくことについて書かれている。How to本は読まないようにしているのだが、これは押しつけがなくて、のんびり読んでいる。イントロダクションを紹介。

The pleasure of silence has to be one of the most democratic of experiences - available to everyone in a noisy world; young or old, rich or poor, religious or secular. Silence is alwasy tehre, hovering quietly in the wings of our lives waiting to be enjoyed. It can be a solace in times of stress, helping to regenerate our spirits; it can also be a source of great creative energy, as artists and writers have found down through the ages.

 第1章の始め、20年ほど前は「静寂」が必要なんて言うと奇異の目で見られたけど、現代では多くの人が(金を払ってまでも、時間を犠牲にしてまでも:これは僕の言葉)静寂を求めるのが普通になった、云々で始まる。友人の一人は、毎年、北ウェイルズにある僧院に一週間滞在して、静寂の中で過ごすことを楽しみにしている。

 読んでいる途中だけど、本の後半で著者は、森や野原のウォーキングを通して自然の中での静寂の効用を語っている。

 静寂の中に身を置くことは楽しいし、雑音が暴力的に耳に流れ込んでこない環境は、都市での生活で持つことは難しいだろう。それを否定する気はない。でも同じくらい、雑踏の中を一人で歩いたりベンチに座って行き交う人々を眺めているのも僕には静寂の時間。静寂って、自分への優しい時間ということかと思う。

関連記事
スポンサーサイト
Books    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.