LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

アニッシュ・カプールの新作展示@リッソン・ギャラリィ

2012.10.16
アニッシュ・カプールって誰?と思われる人も、ロンドン五輪パークのあの塔を設計した人、と言えばまだ記憶にあるのではないかと思う。2009年には、ロンドン中心のロイヤル・アカデミィで大規模な展示があった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1099.html

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157622481456811/

 そのカプールの新作、および過去数年の作品を集めた展示が、ロンドンのリッソン・ギャラリィで10月10日から11月10日まで開催されている。行って来たのだが、笑うしかなかった。呆れたというネガティヴな意味では決してなく、人類が芸術作品と称されるものをつくるときの、プリミティヴな衝動ってどれほどのものだろうということを考えた。

http://www.lissongallery.com/#/exhibitions/2012-10-10_anish-kapoor/

 写真を観てもらうのが一番判りやすいけど、作品の完成度には感心しつつも、「誰が買うんだ?誰が欲しいんだ?どこにおくんだ?どうやって保存するんだ?」が頭の中でこだましながら、ついつい笑いがこぼれてしまう、そんな邂逅。

DSCN3526.jpg

 鮮やかな色で塗られた円状の物体や、隕石の様な物体を観ていると、左右・上下を気にすることのない自由さを感じた。地球外空間に最適のアートの様な気がする。

DSCN3535.jpg

 写真とり放題なので、アート関連の写真道を極めたい皆さんには良い経験になるかもしれない。受付の女性に尋ねたら、既に半数の作品は売約済みとのこと。

展示の写真
http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157631783375153/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157631783654166/

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.