LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

鬼畜:政治家がこれを言ったら、政治家ではない

2012.10.23
鬼畜集団」発言を陳謝 事実誤認と橋下代表
http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012102301002243.html

日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は23日、自らの出自記事を掲載した週刊朝日を含む朝日新聞グループを「鬼畜集団」と非難したことについて「完全な事実誤認だ。訂正とおわびをしなければならない」と陳謝した。

 事実関係については、親族が買ってきた出自記事掲載の週刊朝日を、編集部が取材のために母親の元に送り付けてきたと誤解したと釈明した。市役所で記者団の質問に答えた。

 これに先立ち橋下氏は自身のツイッターに「実母の話を早とちりし、勘違いした」とする訂正とおわびの文書を投稿。

 ただ、週刊朝日側への対応については「ツイッターのおわびで十分だ」と記者団に述べ、直接謝罪する必要はないとの認識を示した。


2012/10/23 21:26 【共同通信】

 今夜、素晴らしいレクチャーに参加して高揚していた気分が吹っ飛んだ。

 しょっぱなは、朝日新聞側に大きな非があったのだろう。それを罵るために、大阪市長という「公職」にある政治家が「鬼畜」という言葉を公に発し、それを謝罪して済むとこの人は思っているのか。

 僕の理解では、「鬼畜」という言葉を日本の政治家が使って日本という国を、そして多くの国民を犬死に追いやったのはたった67年前の第二次世界大戦。この橋下氏も、僕も実際にこの戦争を経験した訳ではない。でも、日本が「鬼畜米英」と国民を盲信させた歴史を彼が知らないはずがない。

 陳謝して済むことではない。この言葉を怒りに駆られても使わない自己統制ができない人間が政治家と名乗るのは、決して受け入れられないこと。この男性、本当に弁護士だったのか?信じられない。

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.