LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

コンドームを買うのは恥ずかしいですか?

2012.11.04
これでまた、ブログへの訪問者が減るだろうと思いつつも、こんな些細なことに社会がいつまでも使わなくていいエネルギーを浪費することはばからしいと思うので。

 子供への性的虐待問題で大揺れのBBCですが、こんな話題を取り上げることには敬意を表します。

Condoms: Why are we still embarrassed about using them?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-20043530

 数年ほど前ほどの人気ではないにしても、ロンドン中心部から至近の安売りアウトレットがあることで日本から観光でイギリスに来る人の間でもよく知られるビスタ(Bicester)に、客にコンドームを配るレストランが営業を始めたことを枕に、どうしてイギリス人はコンドームを買うだけでなく、その名称を口にすることすら恥ずかしいと思うのか、という分析記事です。

But in the UK many people are still too embarrassed to buy condoms in public and can't even talk about sex "in a normal way", say sex education charities.

イギリスでは、未だに多くの人がコンドームを購入することに困惑するだけでなく、「普通」にセックスのことを話すことができない。

Britain is a sexualised society where adult shops like Ann Summers can be found on many High Streets and condoms and lubricants of any number of flavours, textures and smells can be bought at your local chemist.

A survey by Fusion Condoms found 56% of people surveyed, were embarrassed to buy them. When it came to men, 54% got red faced while 57% of woman did.


町の中心にはセクシャライズされたショップがあり、地元の薬局で普通に様々な種類のコンドーム等を買えるにもかかわらず、ある調査では56%の人がそれらを買うことに困惑する。

"We're still so British about sex and condoms, many people find it easier to have sex rather than to talk about it," says Genevieve Edwards, executive director of health improvement at the Terrence Higgins Trust.

"It's a population-wide issue, something that doesn't really change whatever sex or age. Buying condoms is a public declaration that you want sex and many people still aren't comfortable with that."


我々は、セックスに関しては今でもイギリス人だから(個人的にこの部分は笑いのつぼにはまりました)。多くの人は、セックスについて話すより、する方が簡単だと感じている。コンドームを買うことは、これからセックスするということを社会に宣言している様なもので、多くの人がそのことを簡単には受け入れられない。

"Even online, people are still very concerned about avoiding embarrassment. We get a lot of enquiries about our packaging, some customers even ask for photos of what their order will be sent in.

"We use plain packaging because people make it very clear they don't want something advertising what's inside.

"We also get queries about what company name will appear on bank and credit card bills."


(インターネットでのコンドーム購入が増えているが)人々はそれでも困惑を避けたがる。購入者は、どのような封筒で届くのか、銀行やクレディット・カードの明細に記載される会社名はどうなるのかを質問してくる。

"Buying condoms means you are having to be absolutely explicit about something many people want to be implicit about. You are having to admit you are planning to have sex or want to have it."

(サイコセラピスト曰く)コンドームを買うことは、公にしたくないことを、公に宣言している様なもの。セックスをする、したいことを認めなければならない状況になる。

 コンドームをセックス以外に使う方が難しいだろうから、避けようも何も無いと考えます。確かに、セックスは個人の生活に属することですけど、例えば性感染症等のことを考慮すればコンドームは必要な物。それに、性衝動は至って普通のこと。それをどのようにコントロールするかは、別の議題。

 イギリスの公共放送局がこのような話題を掲載することは単に素晴らしいと思います。寝た子がいつまでも寝ていられては困るのだから、性教育はしっかりと、そして世代、性別に関係なく提供されるべきだと考えます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- Yoshi

こんにちは。イギリス人は他の欧米人に比べれば、こういう話題に関しては触れたがらないというのは分かります。性だけに限ったことではなく、プライベートなことはなるべくそっとしておく、という態度ではないかと思います。私は個人的にはイギリス人のそういうとことがとても気に入っているのですが。

但、もちろん、性教育とかコンドームの利用は、そういう気質とは別の問題として、望まない妊娠とか性行為による感染病を避けるためにも、しっかり教育していかないといけませんね。ちなみに、日本人はこういうことをちゃんと教育しているんでしょうか。疑問です。
2012.11.05 Mon 00:28 URL [ Edit ]

- 守屋

Yoshi さん

 おはようございます。仰るように、プライヴェイトな話題ですが、はけ口が間違った方向に行っているのではないかと時折感じます。参加しているHIV感染者支援のチャリティ団体の調査でも、「性」に関する知識の偏りが顕著ですし。

 以前、日本にいる友人と話したとき、友人の子供が通っている学校ではきちんと「性教育」がされているとのことでした。なので推測ですが、学校や地域によって以前より進んでいるように思っています。
2012.11.06 Tue 07:15 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

こういうテーマを取り上げたから読者が減る、とは
私は思いませんが…
(むしろ増えたりして?)

イギリス人だから、なんでしょうかね?
他の国、をよく知らないのだけど…

少なくとも、交流のあるアメリカ人に関しては、あまりそういう話題が表に出ることはなかったですし
何人だからとか、そんなに関係ない気がします。

北欧とかはもしかしたら違うのかもしれないけど。
前に、スウェーデン人の出張者に街を案内したり食事に付き合ったりしたときに
ホントにホントに、スウェーデンでは肉体関係を持つことがカジュアルで日常なんだっていうことを会話の端々から思い知らされて、結構カルチャーショックでした。
(私が誘われたワケではないですよ!)

でも、ドイツ人、アメリカ人、イギリス人、シンガポール人、などなどの出張者のお世話しましたけど、こういう話題は全く出なかったですね…

ま、それは置いといても、コンドームの使用はとっても大事な啓蒙だと思います、はい。
2012.11.12 Mon 15:05 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

補足:
「肉体関係を持つこと」→バーとかでその日知り合った人とかと、です。
それでバーには壁にコンドーム販売機がフツーに置かれてる、と。
「誰も傷付かない関係ならば、その場限りの肉体関係は全く問題ない」って言ってました、その人は。
2012.11.12 Mon 15:10 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 どうでしょうね。「コンドーム」という単語に想像を働かせてたどり着く人がいるかもしれないですね。

 日曜日に一緒にウォーキングを楽しんだ友人夫妻とは、このような話題をざっくばらんにはなせる仲で、土曜日の夕食後たくさんのことを話し合った中で、イギリス人の性への態度についてもいろいろと話しました。面白かったですが、反面、イギリスの学校(の一部だと思いたいです)で行われている性教育のあまりの杜撰さには驚きました。自分で調べて、きちんと書いてみたいトピックです。

 Sexは人間の生活に深くかかわっているにもかかわらず、文化や社会構造、宗教などの要因で状況は様々なんだと考えます。どうすれば正しいのかというよりも、少なくとも身を滅ぼすことの無いsexへの知識を共有できれば良いのではと考えます。
2012.11.12 Mon 21:46 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

イギリスの性教育は、杜撰なのかもしれません。

…あるヒトが、女性には穴は二つしかないのだと思い込んでました。(立派な大人、ですよ。)

あと性教育とはちょっとズレるかもですが
鶏卵は全て受精卵で、スーパーで売られてる卵も温めてあげれば雛になるんだと思ってたり。
無精卵というものを、知らない。

私なんかには縁のないような、素晴らしい教育を受けたヒト、であっても
妙なところで知識が異様に偏ってることに、違和感を覚えましたデス…
2012.11.13 Tue 11:01 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 きちんとした情報を得てから書くつもりですが、友人のお嬢さんが学校(私立)で言われたことは、そんな理由で性教育するのはかえって危険ではと僕ですら思うほどの話でした。

 鶏卵についても言えることなのかもしれないですが、世代が違っても、国籍が違っても基本となる情報はだいたい同じなのではないかと推察します。その基本情報、教育が偏っているというのは、長期には悪い影響が有るのではと考えます。
2012.11.13 Tue 14:35 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.