LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

ダニィ・ボイル監督、サーの授与を辞退

2013.01.03
年末に発表された、恒例の新年の叙勲リストが発表されたとき、おそらく一部で大きく語られたのは、2012年のロンドン・オリンピックスの開幕セレモニィ(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1721.html)を演出した映画監督のダニィ・ボイル氏が「サー:Sir」の授与を辞退したこと。ロンドン・オリンピックス、パラリンピックスで活躍したスポーツ選手だけでなく、またかという感じの銀行家への授与のニュースの中で、僕自身、とても興味を惹かれました。12月30日のオブザーヴァ紙に以下のコメント記事が掲載されました。ちょっと長くなりますが、記事の後半部分を。

Honours list: happy for Sir Wiggo, but Danny Boyle has a point
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/dec/30/danny-boyle-honours-system

It's only when you learn that Danny Boyle has apparently turned down a knighthood for his contribution that those niggling doubts start prodding at your conscience.

It is, undeniably, a system founded on privilege and inequality. Boyle has not used his refusal as a platform for political statement, only commenting on Radio 4's Front Row that: "I'm very proud to be an equal citizen, and I think that's what the opening ceremony was actually about." There seems to me to be a great deal of courage in that remark and a reminder of what integrity means. For those of us who experienced the unfamiliar glow of patriotism and perhaps even a new-found fondness for the Queen over the summer, it can leave us feeling a little uncomfortable.

Seeing the names of so many of our medal winners on the honours list makes it harder this year to argue against it. Bradley Wiggins has said he won't be expecting people to call him Sir but he hasn't refused the title, and it would be churlish to suggest he should – most would agree that he has earned it. I'm less enthusiastic about the same honour going to Michael Heller, a businessmen who also happens to be a significant Tory donor, or Hector Sants, former head of the Financial Services Authority, accused of being "asleep at the wheel" during the crash, but then I don't get to decide who is deserving and who is not.

And isn't that, for most of us, the biggest problem with the honours system? We'll object if it's too obviously politicised, but we don't mind it as long as it's doing nice things that we agree with, like rewarding teachers, charity workers and Paralympians. It's only when someone like Boyle quietly points out that the whole business is actually the antithesis of democracy that we might be obliged to stop and question whether there's a better way of recognising excellence than with outdated titles, particularly those that reinforce social division.

I'd rather have seen Danny Boyle knighted for his Olympic contribution than some of the suits behind the scenes, but I admire him as much for taking a stand on this as for his work this summer. He made us reflect then on what it means to be British, citizen or otherwise. And he's done it again now.


 イギリスの金融危機の発端を見逃したとされる銀行家がナイトのタイトルを贈られる一方で、「僕は、一人の対等な市民でいることを誇りに思う」から、ナイトフッドを辞退するボイル監督。

 この記事を書いた女性とはかなり違う立場だけど、僕も、キャピタリズムを煽る銀行家が賞賛されることは納得いかない。ま、僕が決めることではないし。

 ボイル氏のことは、映画をほとんど見ないので、彼のバックグラウンドについては何も知らない。全く政治的ではない彼のコメントではあるけれど、あの様な発言をできるのは今のイギリスでは稀有な存在だと思う。

 記事の最後、「He made us reflect then on what it means to be British, citizen or otherwise」。これは何もイギリス人にだけ当てはまるものではないと考える。今の不透明な時代、自分はどのように生きていくのかという、問いかけ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

そんなことがあったのですね。(全然ニュースをチェックしてないこの頃)

私は何作か、ダニー・ボイルの映画を観ているので
氏のコメントはすんなりと腹に落ちてくる感じ、でした。
あのオリンピックのオープニング・セレモニーが伝えるもの、を思い返しても、とってもダニー・ボイルらしい言葉だな、という気がしました。

こうやって考えてみると、日本の褒賞(紫綬褒章とか)って公平なのかもしれないですね。
ポリティカルな感じが、あまりしないですよね。
実は良く知らないですし、受賞者を気にしたこともなかったのだけど、あまり批判が出てるのを聞いたことがないから…。
2013.01.03 Thu 18:05 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 彼の映画と今回の発言に差異はないということは、ボイル氏が彼自身の立場にぶれがないということなんでしょうね。
 オープニング・セレモニィで取り上げた人々や社会の流れには、時代やおかれた状況の違いはあれども、かかわっている人間に違いはない、という視点があったように感じます。

 日本の褒賞システムについては、政治家への授与は止めるべきとだけ。あとは、コメントを自主的に差し控えます。
2013.01.03 Thu 19:18 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.