LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

撤回するなら言うな:麻生氏「さっさと死ねるように」イギリスでも報道される

2013.01.23
麻生氏「さっさと死ねるように」 終末医療で発言、その後撤回
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013012101001752.html

麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。

 発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「一般論ではなく、個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見したのではない」と記者団に釈明した。


この発言、先週、性差別報道で大失態を犯して挽回に励むガーディアンが掲載。

Taro Aso: the Japanese politician who wants older people to 'hurry up and die'
http://www.guardian.co.uk/world/shortcuts/2013/jan/22/taro-aso-japanese-politician-hurry-die

 麻生氏も、首相時代よりも注目を集めて満足だろう。

 政治家の質は何も変わっていない。選んだのは僕たち。


[追記]
 共同通信の記事の下の読者フォーラムを読んでかなりひいた。Hate commentばかり。尊厳死について提起する様なコメントがあると思ったのだけど、なかった。

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.