LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

世界は移民がマジョリティ2:世界をまわすのは移民と金の流れ

2013.02.03
これも、生活、経済、教育等の不均衡の一形態だろうと考えつつとても興味をかき立てられたニュースが今週あった。それは、世界中に散らばる移民によって祖国に送金される資金の総額が2012年は、$530bn(って円で幾らだ?)に達したそう。

Migrants' billions put aid in the shade
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/migrants-billions-overshadow-aid

For decades it was a largely unnoticed feature of the global economy, a blip of a statistic that hinted at the tendency of expatriates to send a little pocket money back to families in their home countries.

But now, the flow of migrant money around the world has shot up to record levels as more people than ever cross borders to live and work abroad. It's known as remittance money, and in 2012 it topped $530bn (£335bn), according to the latest World Bank figures.

The amount has tripled in a decade and is now more than three times larger than total global aid budgets, sparking serious debate as to whether migration and the money it generates is a realistic alternative to just doling out aid. If remittances at the level recorded by the World Bank were a single economy, it would be the 22nd largest in the world, bigger than Iran or Argentina.


 過去10年の間に、移民がそれぞれの祖国に送金する総額は3倍になった。その総額は、国際支援活動に資金額を上回る。

 しばらく前に、フィリピンの歴代大統領は、12月になると一時帰国する移民を空港で出迎えるという報道を読んだことがある。なぜなら、世界中に散らばるフィリピン人移民が祖国に送金する資金は、政府にとって貴重な財源であるからという趣旨だったように記憶している。

 忘れてならないのは、多くの移民が祖国に送金するために必死に働き、生き抜き、そして搾取されるということ。

How migrants' money makes the world go round
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/uk-migrants-money-makes-world-go

Why do Africans pay the most to send money home?
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/africans-pay-most-send-money

 例えばロンドンで働いて祖国に送金するためには、もちろん仕事を見つけなければならない。そして住宅費を払い、光熱費を払い、最低限の食費を払って必死に貯めたお金を送る。
 でも、例えば、先進国のインターネット・バンキングの様なシステムがない途上国だと、必死でためた資金をそのまま送ることはできない。なぜなら、仲介業者に法外な手数料を払わなければならないから。

Fees for remitting money vary wildly between providers and countries. African migrants, who sent almost $60bn (£38bn) in remittances last year, pay the most (pdf), according to the World Bank. On average migrants sending money home to Africa lose 12% to fees. Moving money between African countries can cost much more – sending money to Tanzania from neighbouring Kenya or Rwanda, for example, costs an average of 22% (or a $44 cut on $200 transferred).

"It's horrifying," said Michael Clemens, of the Centre for Global Development, a thinktank based in Washington. "Really in a competitive environment there's no reason these things should be more than 2, 3 or 4% … There's a justice component to it, there's no doubt about it."


 最近、BBCのラジオのニュースで、イギリス国内には銀行口座を開けない人がたくさんいると聞いた。全部は聞けなかったのだけど、口座を開けない人の中には移民労働者も含まれるだろう。口座を開けなければ、おそらく小切手で支給される給与を手数料を払って現金化しなければならない。そしてその現金を送金するのに、銀行口座からできないので街中のマネー・ショップで多額の手数料を払って送る。持てるものは更に富み、持てないものは更に貧するという、今では世界中で起きている不均衡がここでも。趣旨からそれるが、日本の銀行には、インターネット・バンキングに真剣に取り組んで欲しい。これに関しては「ではの守」とそしられようとも、ほかに問題はたくさん有れども、イギリスの銀行のインターネット・バンキングを使っている今では、日本の銀行界の閉塞性をどうにかして欲しい。

 もう一つ面白かった点は、この移民による資金の流れの中で、ガーディアンは「敗者」としているが、僕は「勝者」だと思うのが、アメリカ。

Remittances: America is the big loser as France cashes in
http://www.guardian.co.uk/global-development/2013/jan/30/remittances-america-big-loser-uk-cash

Remittances: how much money do migrants send home? – interactive
http://www.guardian.co.uk/global-development/interactive/2013/jan/31/remittances-money-migrants-home-interactive

スクリーンショット 2013-02-03 13.10.25
(ガーディアンから拝借)

 アメリカ国内でも貧困に苦しむ人は急増している状況では、国外に流れてしまうお金を国内にとどめておきたいと考える人はいるだろう。そのような状況で世界が動いていくことにこれだけ貢献できるというのは、アメリカの存在価値を高めているように思う。イギリス、日本、ロシア、中国各国は、アメリカのこのような力強さから自国の立ち位置を見直すこともできるのではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.