LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

東京半日散歩

2013.04.13
今回の一時帰国は、もうすぐ終わり。東京にいる間はのんびりしようと思っていたが、10年以上会えなかった友人に会えたり、帰国時にいつも会ってくれる友人に何度も時間を割いてもらったりと、いつものようにあっという間だった。

 爆弾低気圧が大暴れした先週末と違い、今日は朝から好天。今回の一時帰国で大活躍してくれたJRパスの有効期限が今日までだったので、JRが使える範囲で東京を歩いてみようと思い立ち、まずは腹ごしらえといことで、神楽坂にあるケイキ屋、ル・コワンヴェールへ。

DSCN5928.jpg

 底なしだと思っていた胃袋だってやはり自分の加齢に併せて機能は落ちている。昔の僕を知る人は驚くだろうけど、3つは多すぎた、でも、とっても美味。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633230127769/

 大昔、佃に住んでいたにもかかわらず、そういえば一時帰国の時に東京湾に近いところに行ったことがないと考えていたので、漫然と、歩けたら勝鬨橋まで歩こうかと。

 市ヶ谷で左折し、東郷通りへ。千代田区のこの辺りに詳しい訳ではない。坂が多いのは知っていたけど、本当にアップ・アンド・ダウンの連続でいい運動。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8645111266/in/photostream

 歩きながら、オークラに行こうかどうかを逡巡。でも、理性を動員して思いとどまる。国会周辺は、道路は広いが一つ角を間違えると堂々巡りになるので、ちょっと速度を落とす。山王神社方面の坂を下って、左に折れてしばらく歩くと、左手に「黒澤」というそば屋を見つけた。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8644013891/in/photostream/

 僕はそば食いではないのでそばの出来の善し悪しは判らない。が、昼定食の価格のリーズナブルなこと。温かいそば、もしくは冷たいそば一枚、黒豚肉をさっと湯にくぐらせた物をのせた小さなどんぶり、玉子豆腐、香の物、そしてデザートで1,050−なり。

 一息ついたので、勝鬨橋まで歩くことにする。あのビルがない、このビルはいつできたのだろうと歩きつつ、昔頻繁にクッキーを購入したカヤヌマが有るかどうか。営業していた。

http://www.z-kayanuma.com/

 既に26年、あの小さな通りで営業しているそうだ。ヴァニラ・クッキーを購入したかったが、思いとどまる。日比谷公園を抜け、多勢の人が歩く晴海通りをずんずん歩き、新しくなった歌舞伎座を越えて勝鬨橋のたもとへ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8645099062/in/photostream

 もと来た道を戻ると、交差点で外国人観光客とおぼしき男性が二人が、地図を広げているものの、明らかに道に迷っているようだった。今回でたった2度目だが、東日本大震災後、決めたことが有る。日本で困っている外国人観光客が居て、且つ英語でコミュニケイションできれば、助けが必要か尋ねてみる。折角日本に来てくれたのだから、誤解しないで欲しい、何度も日本を訪れて欲しい。

 二人は、どうやら歌舞伎座界隈を歩き回っているうちに方角を見失ったそうだ。東京駅への「quickest, easiest and cheapest way」を教えて欲しいと。地図上で教えると本当に嬉しそうだった。また、日本に来てね。

 日本は地震から逃れることはできないだろう。でも、人災さえなければ、世界が注目する文化や自然がまだたくさん有る。オリンピックなんて要らないが、外国人観光客が通り一遍の観光で終わらない日本見聞ができるようになればなと。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.