LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

みさおとふくまる

2013.04.22
一時帰国の回数を重ねるたびに難しくなるのが、ロンドンの友人たちに紹介したい日本のもの。毎度サランラップや、季節限定の「たけのこの里」では芸がない。

 で、主に猫好き、猫を飼っている友人たち向けに購入したのがこれ。

misaofukumaru.jpg

 僕なんぞが今更紹介しなくても既によく知られている写真集、「みさおとふくまる」。ミクシィで紹介された時、海外でも喜ぶ人がいると書かれていた。実物を読んでみて、「これは喜ばれるだろう」と確信し、実際、日本からの土産としては大ヒット。

 今回、もう一つ紹介する本を含めて、久しぶりに日本で書籍を購入したのだが、価格の高さに驚いた。日本って、こんなに書籍の価格が高い国だったっけ、と。

 今回、かなり長い時間を紀伊国屋書店の新宿本店で過ごした。ネットで書籍を買うのは楽だけど、現実の本屋で過ごす時間は、楽しい。

関連記事
スポンサーサイト
Books    Comment(2)   ↑Top

Comment

- ハマちゃん

国境を超えて、これは猫好きにはたまらないでしょうね。
ミクシーで紹介されたとき、私も「うわ〜♡」とほのぼの気分になりました。
なんという幸せな関係。
大家さんがほんわか気分に浸れますように。
そしてKKちゃんとNNちゃんの幸せも願ってます!
2013.04.23 Tue 13:12 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 写真だけですから、読む方の想像力も刺激されるし、仰るように国境を超えて喜ばれる本だと思います。

 KKとNNは、まだ少し時間がかかりそうです。
2013.04.23 Tue 20:05 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.