LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

日本のペンは(政)権に屈するのか

2013.05.06
このブログを読んでくださっている人たちのうちで、どれくらいの人が実物を読んだこと有るのかは全く判らないが、今回、日本共産党の機関新聞「赤旗」、3月31日の日曜版に掲載された記事を転載する。ちなみに、無許可。


大手5紙・在京TVトップ 首相と会食
元官邸記者「首相批判の記事 載せにくいよね」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-31/2013033101_02_0.html

安倍晋三首相が就任以来続けてきた大手5紙トップとの会食懇談が28日夜の朝比奈豊・毎日新聞社長との会合で一巡しました。3カ月で新聞トップを総なめにした首相の思惑は、どこにあるのか。

 安倍首相と大手紙トップとの「宴会」は、1月7日に、渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長と東京・丸の内のパレスホテルの高級割烹で3時間近く会ったのが最初でした。

 翌8日にANAインターコンチネンタルホテル内の日本料理店で産経新聞の清原武彦会長、熊坂隆光社長。

 2月7日は帝国ホテル内の中国料理店で朝日新聞の木村伊量社長。

 同15日は東京・白金台の高級割烹「壺中庵」で共同通信社の石川聡社長。

 3月8日は帝国ホテル内フランス料理店で日本経済新聞社の喜多恒雄社長。

 同15日は芝公園のフランス料理店でフジテレビの日枝久会長(フジサンケイ・メディアグループ最高経営責任者)。

 同22日はテレビ朝日の早河洋社長。

 そして同28日は椿山荘内の日本料理店「錦水」で「毎日」の朝比奈社長というわけです。

 毎回、ほぼ2時間を超える長談議に及んでいます。日時は異なりますが、政治権力者との会食懇親の席に「権力の監視役」であるべき大新聞の社長が、これほど轡(くつわ)を並べる図は、いかにも異様です。

 大手紙首相官邸クラブ・キャップ経験者は語ります。「社トップが首相と会食懇談した日程は翌日付の紙面に『首相の動静』として載る。同じ紙面に首相批判の記事は載せにくいよね」

 首相と新聞社トップの懇談は取材現場の記者に無言の影響を及ぼしていると指摘します。

 欧米メディアには、現職メディア経営者は現職大統領、首相在任中は接触は控えるのを不文律とする例があります。政治の最高権力者が接触を求めるのは政治的な意図がないはずはなく、無防備に会うのは権力との癒着につながったり、不明朗な関係がメディアの信頼性を損ない、ひいては民主主義社会を支える「国民の知る権利」がゆがめられる恐れがあると考えるからです。

 日本新聞協会が定める新聞倫理綱領は、国民の知る権利は「あらゆる権力から独立したメディアの存在」によって保障されると明記しています。自分たちで決めた「倫理綱領」に照らして疑問の声がでなかったのでしょうか。

 日本新聞協会は1月15日、消費税増税にあたって新聞に軽減税率を適用するように求める声明を出しています。昨夏の消費税国会で消費税増税を推進する立場から報道キャンペーンを展開し、増税のレールが敷かれたら、新聞だけは例外として消費税を軽くして、という言い分は世論の批判を浴びたものでした。

 一連の首相と大手紙トップとの会食懇談の結果として、新聞に対する消費税の軽減税率適用がほぼ固まったとも新聞界の一部で伝えられます。恩恵を受ければ、受けた相手にたいする筆も鈍るというものです。

 新聞の権力監視機能は著しく低下しているとは最近のジャーナリズム論のもはや「定説」です。首相との懇談を受けて、各紙の憲法報道に影響が表れてくるだろうとの指摘が新聞界にはあります。

 社トップが安倍首相と数時間も懇談した各紙は、報道姿勢との関係を購読者に説明する責任を負っているのではないのか。


 招待されない「赤旗」のひがみじゃないのか、と考えのない人は思うだろう。そのような声は何ももたらさない。

 21世紀にもなって何に驚くかというと、多くの人が未だに「日本共産党=怖い共産主義者」という何の根拠もない妄想に自分を縛り続けていること。いい加減に、その自ら外そうとしない目隠しを外してはどうだろう。

 僕は日本共産党に属してはいない。また、彼らの政策方針には矛盾を感じる。例えば、いつまでたっても消費税反対では、政権政党になる気がないのではと思う。それでもなお、彼らの努力は考慮するに値する。

 安倍政権が既成事実として加速させている憲法96条の変更、そしてそのあとに続くであろうとされることをメディアが何も伝えないという記事を大手メディアに属さないところで頻繁に目にする。多くの人は、「まさかそこまでしないだろう」と思っているかもしれないが、「まさか」は起こることの方が多い。

 僕は憲法学者ではない。また政治家でもない。だから、僕が得た情報から考えることは間違っているのかもしれない。でも、何も知らないまま、「共産主義者の考えは反日だ」とか、「売国奴」と罵ることで妄想にすぎない優越感に溺れ、反対意見を握りつぶそうとするのは民主主義ではない。

 「アベノミクスが成功しているから」と何も考えないでいることだけは止めて欲しい。以下の様な意見が有るということにも、目を開いてみて欲しい。

http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm#top

http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012_2.htm#top

http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012keyword.htm

http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130503-00024690/

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake

 イギリスでも、メディアと政治の権力綱引きが続いている。しかし、日本と違って見えるのは、メディア側がその圧力にされるがままにはならないようにしていること。

http://www.guardian.co.uk/media/leveson-inquiry


関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.