LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

サドラーズの秋シーズンのチケットは、13日に発売

2013.05.12
スクリーンショット 2013-05-12 12.51.55

5月8日に、メンバー向けの9月からの演目の説明会があったので、初めて参加した。最近感じていたのだが、スポルディングさんはメンバー向けのイヴェントだとリラックスしすぎるようで、けっこうぐだぐだなプレゼンだった。

http://www.sadlerswells.com/

 今年の秋の演目は前半は、僕個人には強く興味を惹かれるものがない。その中で面白そうだったのは、次期パリ・オペラ座バレエの芸術監督になる予定のベンジャミン・ミリピエの新作が披露されるらしい、「LA Dance Project」。スポルディングさんが彼の名前を言っても、会場が全く無反応なことには、さして驚かなかった。10月2日から4日まで。ナタリィ・ポートマンは観に来るのだろうか?
 関係ないが、ミリピエの名前がでたので、帰宅後、パリ・オペのエトワールには誰が残っているのか調べたら、エレオノーラ・アバニャートが今年の3月に任命されていた。なんで今更という気もするけど、おめでとう。

 10月後半になると、注目演目が続く。

Hofesh Shechter: Sun 10月30日から11月3日

Cherkaoui: milonga 11月6日から10日

Stuttgart Ballet: じゃじゃ馬ならし、Made in Germany 11月18日から23日

Ballet Boys: The talent 11月24日、25日

Mark Morris Dance Group: Two mixed bills 11月27日から12月1日

Matthew Bourne's Swan Lake: 12月4日から1月26日


 シェヒターの作品は、未だ一つも観たことがない。何となく「負」の力の方が強そうで敬遠していた。今回の作品は解説によると、「Bright white dancing」なので挑戦しようかと。
 日本でもよく知られているチェルかウィの新作はアルゼンチン・タンゴ。ちょっと迷う。シュトゥットガルトももちろん観たいけど、ハンブルク・バレエを是非ともロンドンにつれて来て欲しい。
 マーク・モリスはどうしても観たい。前回のロンドン公演では、他とぶつかって全く観ることができなかったのだが、レヴューが満点の連打だった。

 で、ボーンの「スワン・レイク」。今回、音楽は録音ではなく生演奏になるとのこと。会場から「アダム(・クーパー)は踊るのか?」の問いに、スポルディングさんの答えは、「彼は雨に歌えばで忙しいようだから」、と。クーパーは、サドラーズにももはや戻って来ないのかな。

 発売は、5月13日、ロンドン時間午前10時から。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

de Singel @ Antwerp - レイネ

アントワープの複合芸術施設de Singelから来シーズンのブロシャーが昨日届きました。
ダンスでは、10月17,18,19,20日にピナ・バウシュ振付ヴッパタールによる『カフェ・ミュラー』と『春の祭典』のダブル・ビルに注目!日曜マチネもあるので行ける!
あとはベルギーお膝元のチェルカウイの『4D』 が11月6,7,8,9日、同じく『Yabin』が1月10,11,12、14,15,16,17,18、19日(マチネもあり)、同じく『D’Avant』が3月26,27,28,29日に。そして、やはりベルギー人ベテランのアンヌ・テレサ・ドゥケースマイケル(このカタカナ表記には馴染めません)率いるRosasの『Vortex Temporum』が12月5,6,7日、同じく『Partita 2』が2月13,14,15日にあります。
ダブルビル以外の演目は安いものです。一度アントワープに遠征なさいませんか、ブリュッセルと組み合わせて。
2013.05.12 Sun 17:57 URL [ Edit ]

- 守屋

レイネ さん

 情報、ありがとうございます。もし未見でしたら、「春の祭典」は強くお勧めします。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-722.html

 チェルカウィの人気は、ベルギーでは特に高いようですね。サドラーズでも4月に新作が上演されました。評価はまっぷたつのようでしたが、彼の人気はロンドンでも高まっているようです。

 アントワープは行ってみたいのですが、サドラーズのチケット料金割引のシステムは、それはそれでとてもお得なんです。
2013.05.12 Sun 19:33 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.