LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

キュー・ガーデンズは百花繚乱

2013.05.26
DSCN6733.jpg

イギリス人みたいな言い方だが、バンク・ホリディの週末にこんなに素晴らしい天気になる訳がない、1分後には雹まじりの土砂降りになる違いないと言う不安を抱えたまま出かけたキュー・ガーデンズ。輝いていた。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157633720260770/

 明日も好天らしいので、観光でロンドンを訪れている方、お勧め。ただし、未だかつて見たことのない、チケット購入の長い行列ができていたので、午前中に行った方が良いかもしれない。

http://www.kew.org/index.htm

 僕のお勧めは、ヴィクトリア・ゲイトから入園したらずっと右方向に進んだ先にある壁に囲まれたシンプルな庭園(6月は薔薇が見頃のはず)と、その隣にあるアルパイン・エリア。もちろん、広大な園内をのんびり歩き回るのも楽しい。

 余談。僕を含めてたくさんの人がデジカメで写真を撮っていた。あれらの膨大な枚数に及ぶであろう写真を、他の人はどうしているのだろうか?

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- sony

素晴らしい写真をありがとうございました。寒いといえ、自然は時を感じ咲いていくのでしょう。花々が美しい! ベルフラワーも見られうれしかったです。
これからはもっと花が咲き乱れ素晴らしい季節になることでしょう。最後はNewensでのお食事を楽しまれたのですね。味はいかがでしたか。
よい季節に再訪したいところです。
2013.05.27 Mon 01:16 URL [ Edit ]

- 守屋

sony さん

 今朝も晴天です。2週間ほど前にウィズリィに行った友人によると、長い冬、そして雨不足の影響でブルーベルズの色が濃くなかったそうです。キューのブルーベルズもこれまでと比べると密集具合が薄いように感じました。でも、綺麗でしたよ。薔薇が楽しみです。

 ニューナムズの現在のオーナーは東欧系の女性のようですが、味も店内の雰囲気も全く変わっていません。ランチは予約が必須です。
2013.05.27 Mon 06:52 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.