LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

リージェンツ・パークの薔薇、半分は満開

2013.06.18
スクリーンショット 2013-06-18 12.44.28
(花弁がキクラゲのように見えてしまう)

曇天が続くロンドン。それでも気温が上昇しているので、ま、夏はまだ終わっては居ないよう。気温が上がっていることでそろそろ満開かと思ってリージェンツ・パークへ。

http://www.royalparks.org.uk/parks/the-regents-park

 これまでの経験から、パーク内の薔薇が一斉に同じ時期に満開になることはないことは判っている。今日は、半分以上の薔薇が満開、中には既に散り始めている種類まであった。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634194638790/

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634194658944/

 ジョージア・オキーフの絵と自分の写真を比べるなんておこがましいけど、薔薇って見る角度によっては艶っぽいと感じる。

 気温が急激に下がって雹が降って花や蕾が傷まなければ、これから7月上旬までは見頃だろう。

 今年は広島と京都で桜を観ることができたし、ロンドンでは薔薇や他の花を観ることができている。世界の戦争が終わり、多くの人が花に囲まれて午睡を楽しめる日が来ることを。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- sony

ジョージア・オキーフとはちょっと違う角度ですが。素晴らしい薔薇でした。
日光に当たると本当に花の色がクラゲのようになるんですよね。おいしそうな薔薇!
リージェントパークのようなところで過ごせる時間は贅沢です。先日のキュー・ガーデンと同様楽しませていただきました。こちらは梅雨の鬱々して天候の中気分が晴れました。
行きたいな~。 次も期待しています。
2013.06.18 Tue 23:52 URL [ Edit ]

- 守屋

sony さん

 食べたいものが他にたくさん有るので、薔薇を本気で食べようとは思いませんが、実物を前に、「これが生クリームだったらな」とは思いました。

 日本にあるバラ園も既に満開のところは多いでしょうね。今月末に再びキュー、もしくはリージェンツ・パークへと考えています。
2013.06.19 Wed 21:06 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.