LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

夕べの薔薇@リージェンツ・パーク

2013.06.30
スクリーンショット 2013-06-30 20.25.47

土曜日、午後3時を過ぎる頃から素晴らしい天気に。数日前に朝の薔薇を愛でたから、今度は夕方の薔薇を観に行く。好天のため、激混みの園内だったが、人ごみをかいくぐり、咲き誇る薔薇を存分に楽しんだ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157634370408256/

 リンクはどうぞご自由に。それでもリンク先を連絡いただけると助かります。

 個人的に薔薇からすぐに連想する歌は、「シマロンの薔薇」。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- sony

朝に続き夕方ののバラもいいですね。しかし光の当たり具合はどう違うのでしょうか。強い光に当たると花の色は飛んで白っぽくなってしまうため、影を作りとることがありますが、これまでの写真を見るとそれがないのですが、何か特別な撮り方をしていますか。前の日の青空に浮かぶ蕾もよかったです。青空のもと花の色が際立ちました。
2013.06.30 Sun 21:59 URL [ Edit ]

- 守屋

sony さん

 楽しんで頂けてよかったです。仰るように、日光が当たっていると難しいです。それと、鮮烈な赤の薔薇は、全く再現できないのが残念です。使っているのが最低限の機能のカメラなので、凝ったことはしていません。アングルで勝負です。
2013.07.02 Tue 05:59 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.