LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

女性が居るから世界は輝く2:ウェンディ・デイヴィス

2013.07.02
たまにじらすように太陽が気まぐれに顔を出す天気を当てなく待つくらいなら、今すぐに冬が来ても良いかな、と捨て鉢な気分。

 先週、ウィブルドンでの素晴らしいプレイで世界の注目を集めたであろう伊達選手。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1977.html

 ほぼ同じタイミングで、フェミニズム、そして不平の是正が実現することを信じる論客の牙城、ガーディアンが大きく取り上げた女性がもう一人居ます。その人は、テキサスの民主党議員、ウェンディ・デイヴィス(Wendy Davis)さん。

Wendy-Davis-Texas-010.jpg

 誰、それ?と多くの人が思うことでしょう。現地時間、先週の火曜日にデイヴィスさんが成し遂げようとしたことを本当に実現させなければ、僕も彼女のことを知ることはなかったと思います。彼女がしたことは、テキサス州で可決寸前だった、中絶に関する法令決議を、約11時間にわたる彼女一人だけの演説で遅延させたというものです。現地時間、午前11時18分にデイヴィスさんは演説を始め、共和党の議員に止められた午後10時3分まで誰の補助もなく、椅子に座ることは認められず、トイレ中座もなしで10時間超、演説をしたそうです。

Wendy Davis's remarkable filibuster to deny passage of abortion bill
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jun/26/texas-senator-wendy-davis-abortion-bill-speech

At 11.18am on Tuesday, a little-known Texas senator named Wendy Davis stood up and began a passionate speech against a bill that would severely restrict access to abortions in America's second-largest state.

Ten hours and 45 minutes later the 50-year-old was still talking, still on her feet, and the embattled pro-choice movement had a new national icon.

Wearing a smart jacket and pink running shoes, Davis embarked on an epic filibuster attempt to deny the bill passage through the Texas legislature by talking non-stop for 13 hours to prevent a vote.


 彼女が履いていたスニーカーは、瞬く間にインターネット上で大人気。

wendy-davis-shoes.jpg

Wendy Davis's pink shoes spark sales boom and abortion debate on Amazon
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jun/28/wendy-davis-shoes-sales-abortion-debate-amazon

 With less than two hours to go before the midnight deadline, she was finally silenced when Republicans challenged her on a "three strikes and you're out" rule, claiming she had violated regulations by twice straying off-topic and by allowing a colleague to help her with a back brace.

As a fitness enthusiast she had the stamina required for the gruelling feat of endurance. The rules are strict: no digressions, no food or water, no leaning on a desk, no bathroom breaks. And no sitting - Davis's chair was removed when she started speaking, hence the need for comfortable footwear.

She read from a binder filled with stories of women affected by the issue, at times becoming emotional. Hundreds of orange-clad protesters crammed the halls and public gallery in the senate chamber of the Texas capitol in Austin. Some shouted interruptions and were removed by police.

It seemed Davis would be doomed to heroic failure after nearly 11 hours when Republicans stopped her for a third time. But other Democrats attempted to stall proceedings by raising points of order.

At about 11.45pm, Senator Leticia Van De Putte, who had arrived from her father's funeral, felt she was being ignored by the presiding officer, the Republican Lt Gov David Dewhurst. She asked him: "At what point must a female senator raise her hand or her voice to be recognised over her male colleagues?"


 水曜日の午前零時まで演説を続けられれば、法令議決の投票が無効(それとも延期かな?)になり、それを目指したであろうデイヴィスさん。しかしながら、午後10時を過ぎた時点で3回目のペナルティで演説を止められてしまいました。彼女の行動を無駄にしなかったのは、超保守のテキサスではマイノリティであろう民主党の議員達。そして、中絶法が可決されることに反対する一般の皆さん。


 アメリカの政治のことは全く知らないですし、民主党がどれほどリベラル・レフトなのか僕には全く判断できません。また、女性議員が中絶法案に立ち向かったから感銘を受けた訳でもありません。男だから判らないというのは卑怯な言い訳と承知しつつ、妊娠20週目に入っての中絶はどのように認識されるべきなのか、僕には判りません。

 鍛えているとはいえ、11時間もの間椅子に座ることも、机にもたれかかることも、トイレ中座も認められない反論演説(膨大な資料はもちろん手元に)をすることを決め、それを実行に移した意志と精神的エネルギー。

 翻って、例えば、高市早苗議員。「村山談話は、しっくりこない」って、何を言いたいのか、何をどのように彼女は政治家として訴えたいのか全く何も判らない。大橋巨泉氏の面白いコラム。

http://www.kyosen.com/column/?paged=5

 ウェンディ・デイヴィスさんの政治家としての手腕がどの程度なのかが判らないまま手放しで「素晴らしい」というのは単純すぎるでしょう。しかしながら、レトリックを多用して目くらましを続けるだけの日本の政治家からは、デイヴィス女史の行動から感じる「政治は政治家のためではなく、一般市民のために」という意志を見いだすことは難しいです。

Wendy Davis channels anger of millions as new Texas makes itself heard
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jun/28/wendy-davis-texas-abortion-bill

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.