LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

女王を胸に

2013.08.18
落ち着かない夏。そのような時に、友達というのは気を使ってくれることもある。ある友人が、「これは君のために作られたに違いないと思った」と言いながら包装紙に包まれたものをくれた。

 包装紙を開けてできてたのは。

DSCN8914.jpg

 OMG!

DSCN8912.jpg

 いくらなんでもこれは着られないが、大笑いしてしてしまった。

DSCN8913.jpg

 友人の心遣いに感謝しつつ、どこで見つけたのかを尋ねてもはぐらかされた。

 で、自分でも感心するけど、この写真がいつ、どこで撮られたかが判る自分もなんだと思う。たしか、昨年のエリザベス女王のダイアモンド・ジュビリィのガラ・ディナーの時のはず。ブログに張り付けておいたかと思ったけど、なかった。かわりに、懐かしい写真を見つけた。以下のポストの最後の写真。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1009.html

 10年も経てば、メンバーが変わるのは仕方ない。これからの時代、各国の王室の存在がどのように変化して行くのか。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.08.19 Mon 07:19 [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.