LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ドーナツ泥棒、現れる

2013.09.02
大家の2頭の猫の違い。

KK(15歳、メス)、 NN(11歳、オス)。

K:ラップトップのキーボードを避けるが、周りを歩き回って邪魔する。
N:僕がタイプしていても、ずかずかとキーボードの上を歩き回る。

K:毎日食事の種類を変える。食べたくないものは、空腹でも絶対に食べない。
N:基本、Nは腎臓に問題があるので食事は限定されている。が、人間が食べるものは、自分も食べられると信じているようで、すべてを試そうとする。

K:大家がKのために買ったおもちゃをすべて無視。
N:Kのおもちゃはすべて今はNのおもちゃ。

K:水で濡れた手から水滴を飛ばすと、世界の終わりのように逃げて行く。
N:同じことをしても、全く動じない。

K:抱き上げてもいやがらないが、そのあとに体全体をくまなくなめる。
N:抱き上げられるのが大嫌い。で、なんとか抱き上げると噛み付く、引っ掻く。


 今朝、小さなドーナツを食べながらメイルの返信をしていた時、目の端に飛び込んできた黒い物体。ドーナツを一つ咥えてあっという間に机から飛び降り走り去って行くのは、まぎれもなくN。

スクリーンショット 2013-09-02 9.14.46
(このふてぶてしい顔)

 猫がドーナツを食べるなんて考えたこともなかったし、何より、Nの食い意地の凄さ。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157635337387385/

 がつがつ半分食べてしまったところで取り上げた。気をつけなければ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.