LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

クリストフ・プレガルディーン@ウェストミンスター・スクール

2013.09.05
7月のウィグモア・ホールでのリサイタル(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2016.html)の前に、クリストフ・ブレガルディーンの予定を観たところ、晩夏から初秋にかけてイングランド内でマスター・クラスや、リーダー・フェスティヴァルに参加してソロ・リサイタルをやる予定になっていた。ただ、その予定はすべてロンドン以外。好きな歌手とはいえ、ロンドン郊外まで足を伸ばすのは二の足を踏むと思っていた時に気づいたのが、9月4日、パーラメントに近い場所にあるハイソ男子校、ウェストミンスター・スクールで彼のリサイタルが予定されていた。チケット購入は面倒だったし、ホールの音響はあまり良いものではなかったけど、けっこう面白い夜だった。

 ウェストミンスター・スクールのウェブにあったリサイタルの紹介。

Westminster School Lieder Recitals

Wednesday 4 September 2013, 7.30 pm
Up School

All OWW are welcome to attend a recital to be given by the great German tenor Christoph Prégardien and the pianist Julius Drake. They will perform Schubert’s Winterreise on Wednesday 4 September 2013 at 7.30pm. Former staff member and concert organiser Richard Stokes comments "If you have not yet experienced a Lieder recital Up School, you are in for a treat: the silences are palpable, and at no other venue is the audience’s concentration so intense. We crowd some 400 people in a semi-circle round the Steinway, so that each member of the audience is close to the performers on stage. I have heard Christoph Prégardien and Julius Drake give this immortal cycle several times in the past five years, and their interpretation ranks with the finest I have ever experienced."

This will be the final concert in the 'Song Series' organised by Richard Stokes who, after 25 years, has decided to call it a day. He would like to thank a succession of generous Head Masters who have made School available – this intimate concert hall which has been graced by some of the world’s greatest Lieder singers and accompanists. Florian Boesch, Ian Bostridge, Imogen Cooper, Julius Drake, Gerald Finley, Matthias Goerne, Wolfgang Holzmair, Robert Holl, Simon Keenlyside, Katarina Karnéus, Angelika Kirchschlager, Felicity Lott, Ian Partridge, Joan Rodgers, Roger Vignoles and many others have given lasting pleasure to students and the wider Westminster community.


 こん企画の最後に呼ばれたプレガルディーンが選んだのはシューベルトの「冬の旅」。リートを聞くのは好きと言いながら、「冬の旅」を全曲聞いた記憶がなかった。が、途中で思い出したのは、こんな経験。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-210.html

 大好きなプレガルディーンの耳に心地よい声とドイツ語の響き、彼が信頼を寄せるドレイクが素晴らしいピアノ伴奏を通して判ったのは、「冬の旅」は僕が好むタイプの歌曲ではないということ。

 詩の内容は暗いし、救いがないし、僕には内省的とも思えない。分別あるであろう初老の人物が、ああだこうだと愚痴をこぼしているだけ。What an old grumpy man!

 会場が学校の講堂なので音響は期待していなかったが、全盛を過ぎた歌手の声を横から聞くのは辛かった。と言っても、プレガルディーンの声の責任では全くない。7月に感じた通り、彼の高音は徐々にきつくなっているように思う。しかしながら、完璧なディクション、時に柔らかく、時に鋭い発声は完璧なコントロール。あと数年は聞き続けたいし、聴くことができればと願う。

 会場には、イアン・ボストリッジ夫妻が居た。ウィグモア・ホールと比べると遥かにカジュアルな夜だったので、著名な歌手が聞きにきているのが意外だった。来年、トッパン・ホールにプレガルディーンとボストリッジが出演するからかなと。話しかけて、7月にリンベリィで聞いた「カンティクルズ」の感想を伝えると、彼にとっては充実なパフォーマンスだったとのこと。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/9680619960/

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.