LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

病気になりたくてなったんじゃない!:フード・バンク利用者の現実

2013.09.12
どのように書き始めれば良いのか判らないが、今日のガーディアンで再び、フード・バンクの記事を読んだ。記事が書かれたきっかけの一つは、連立政権内でダントツで嫌われ者のマイケル・ゴヴ教育相の発言だろう


Food bank Britain: 'I didn't ask to be ill'
http://www.theguardian.com/society/2013/sep/11/food-bank-britain-didnt-ask-be-ill

This week Michael Gove claimed that people who use food banks have only got themselves to blame for mismanaging their finances. Can that be true? As the number of people relying on them has tripled in the past year – and continues to rise – we visit three centres in the UK

 記事の中で紹介されているのは、イングランド中部のグランサム(故サッチャー元首相の出身地)、ロンドン北東部のハックニィ、そしてイングランド北部のRotherham。
 
 この記事は、読む人によって感じることは全く違うだろう。僕は、これがかつて「揺り籃から墓場まで」と言われたイギリスの「今」なのかと思うととても切ない。

 最初のグランサムでは、おそらくゲイのカップルの一人が病気で仕事を失い、でも、新たに導入されたベネフィットを支給するかどうかの判断テストで「就労可能」との判断がくだされてそれまで支給されていたベネフィットをすべて失い、でも実際に病気だから仕事がない、と。

Until January 2011, Burton-Fullick, 56, had been working as a care assistant in a nursing home, which he had done for 23 years. The year before, he had had a heart attack, and when he later developed heart complications his doctor told him he'd have to give up work. On top of this, he has been living with diabetes since he was a toddler and it is seriously affecting his health – his sight is deteriorating, he is suffering hearing loss (he wears hearing aids in both ears) and has nerve damage in his hands and legs. He also has arthritis, which makes walking difficult, and will soon be going into hospital for surgery on his bladder. A large plastic tub full of drugs is on the table next to him.

He was given benefits that came to nearly £400 a month – less than he had been earning, but just about enough, combined with his partner's salary as a hospital porter, to live on. Then, as part of a reassessment by Atos, he was told he was no longer eligible for the new incapacity benefit, his benefits would be stopped immediately and that, despite his numerous health problems, he was fit for work and should go and find a job. He appealed, but lost. He isn't even eligible for jobseeker's allowance.

And there are no jobs for him. When he turned down a position because it was only 16 hours a week and almost all of his salary would have gone on commuting costs, he says the staff at the Jobcentre called him "lazy". "Well, how come I worked for 23 years in the care trade and only had to stop through illness? I didn't ask to be ill. I didn't ask for this to happen," he says. "I know people who run businesses and they've told me they wouldn't touch me with a bargepole. There are well people out there looking for jobs, so people like me aren't going to get a look-in."


 HIV感染者支援をするテレンス・ヒギンス・トラストでのヴォランティア活動を通して、普通の人よりは、ホモセクシャルの人々に会う機会がある。メディアの影響もあるだろうけど、ゲイのカップルすべてが、華々しい生活を送っている訳ではない。彼らだって歳を取るし、生活の苦労は他の人たちと同じだろう。エルトン・ジョンやトム・フォードなんて例外中の例外。

 グランサムからの報告の中で吃驚したのが以下の箇所。

Back at home, he unpacks the bags. "They say there's three days' food here but I can make it last a lot longer than that. They are very generous." He has also been given a bag of toiletries, including loo roll, toothbrushes and shower gel (the food bank started providing this after a young mother said how horrible it made her feel to have to wash her children using supermarket value brand washingup liquid).

 フード・バンクが食品だけでなく、トイレタリィの物品を配布し始めたのは、ある若い母親が、子供を洗剤で洗っていることが判ったから。

 ガーディアンを中心に新聞を読んでいると、たまに、「この記述は過剰に書かれているのでは?!」、と思うことがある。しかし、過剰に書かれていたとしても、子供を洗剤で洗うほど困窮している家族がイギリスに居るということを偽るとは思えない。

 ハックニィからの報告で書かれているチェコ人のシングル・マザーの境遇に冷ややかな態度を取る人も居るだろう。彼女がなぜシングル・マザーになったのかが書かれていないのでは、彼女を責めることは簡単。でも、これほどまでにセイフティ・ネットが存在していない現実は、国連が憂慮するのも当然と思えてくる。

 この記事の読者フォーラムの中のコメントの一つは、僕を含めて多くの人が考えなければならない点だと感じる。

Attacking the poor for being poor is a sign of what is so wrong about our society. A healthy society defends and protects the weakest not attacks them.

 考えていることを上手くつなげられないのだが、多くの人は成功することが絶対に必要という衝動に突き動かされ、振り返ることなんて無駄、他者の失敗なんて絶対に受け入れないし、第一自分には関係ない、という方向に社会、政治家、そして企業が煽っているように感じる。

 書かれている主題は全く別だが、同じく今日のガーディアンで、スザンヌ・ムーア女史のコラムで見つけた一つの文章をずっと考えている。

What happened to class action?
http://www.theguardian.com/commentisfree/2013/sep/11/what-happened-to-class-action

Class hatred has been siphoned off on to chavs, scroungers, benefit fraudsters, single mothers, all the new untouchables, so that the architects of austerity can justify their cruelty. In order to do this, class has become detached from work and demarcated through leisure.

The boom years gave us cheap goods and marketed consumption as the ultimate expression of individuality. You are not what you produce but what you consume. So now supersized TVs equate with supersized people as a signifier of powerlessness. We were meant to believe that the new barns of superstores and call centres would replace the old jobs and the quaint need for unions or collective bargaining. They didn't, so what exactly are we holding on to when we identify ourselves as working class? Something authentic and valuable?


You are not what you produce but what you consume

 自分が作り出したものではなく、自分が消費するものでステイタスが決まる(前後の流れからの意訳)。

 自分がなし得たことではなくて、そのなし得たことで可能になった消費活動で自分が誰であるかを示す。今に限ったことではないが、それでも、とても大切なことが既に社会から無くなってしまっているように感じる。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

なんという世界になってしまったんでしょう。

英国は自殺率はそんなに高くないですが、こういう状況が続くと、自殺率が上がってもおかしくないですね。

最後のスザンヌ・ムーアさんの文章引用を読んで、虚しくなってきてしまいました、ズバリで。
何を所有しているか、どれだけ消費しているか、がその人のステイタスになっている世の中、ホント、ズバリですよ。
その価値観が、結局はのちのち自分の首を締めるのに。
他者をそういう価値観でジャッジして排除して、それが明日は我が身かも知れないという事、考えないのか。

とにかく、健康に投資しないとね。
食べ物、運動、ストレス発散。
守屋さんも、お身体だけは絶対に、大事になさって下さい!
2013.09.12 Thu 16:15 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 僕は、ムーア女史の文を見つけたとき、名言だと思いました。今の消費バブルをまさに言い当てていると感じます。あれを買わなければ行けない、あのリゾートで休暇を過ごさなければならない、人生の中に自分に必要のないであろう余計な「must」を作り過ぎだと思います。

 来る冬は寒いでしょうかね?!噛む生姜で乗り切るつもりです。
2013.09.13 Fri 05:47 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.